香港残照2017 その4

<映画>
 前回の旅はヘボヘボだったけど、唯一良かったのが映画館で見た映画!やっぱり香港で見る映画は最高ということで、今回も一度は行こうと思っていた。しかし、いざとなると気が重くて…昔の映画館は、座席表を指さすだけで良かったので言葉ができない私でも割となんとかなったのだが、最近の映画館は見る作品名と希望する席番を自分で言わないといけなくて、ちょっとハードルが上がって面倒なのだ。

 今回、見たい作品がシネコンでしかやってなくて仕方なく初めて旺角のシネコンへ行ってみた。まず、料金が100ドルもして高い~昔、封切館は50ドルでそれでも高いと思ってたのに。タイトルと席選びはなんとかなった。そして、直前まで館内に入れない。この映画館は1フロア1スクリーンで、かなり上の階までエスカレーターで上がる。スクリーンが結構大きくて、いいぞいいぞ。

 見た作品はラウチン主演の「毒誡」田舎のチンピラ3人組がヤク中から立ち直り、更生していく話で麻薬取締局ご推薦みたいな映画なのだがそこはどっこい香港映画、安い説教映画ではなく普通にアクション映画だ(笑)70年代が舞台なので街並や出演者のファッションがレトロで九龍城も出てくるし、いいわ~出演者もラウチンに林家棟にゲスト出演で古天楽と、もう抜群の安定感(笑)途中、福岡ロケもあったりしていろんな意味で面白い。たぶん日本でも公開されると思うから逃さず見に行こうっと。

 話は映画館に戻って、昔の映画館はチケットのもぎり方が「持たせ切り」(客はチケットを持ったまま、もぎりの人が半券だけちぎっていく)でそのテキトー&乱暴さが香港らしくて好きだったのだが、今回行ったシネコンでは日本みたく係の人が一旦チケットをもらって、半券を切って返すやり方になっていた。なんかちょっとさみしいな。

 それから、中には入らなかったけど金鐘にあるシネコンはエントランスがすごい豪華だった。映画館は減ってるけどその分豪華な雰囲気を味わう方向へ行っているようだ。

 香港に映画館がある限り、私はやっぱり香港へ行くと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港残照2017 その3

<競馬>
 今回の香港でぜひやりたかったことは競馬!前回、買いそびれた馬券が万馬券になったという衝撃的出来事があって、ぜひリベンジしたかったのだ。あと、沙田の競馬場は香港で一番風水のいい場所と聞いたことがあったので、運気をもらってこようと思って。

 香港の競馬馬は名前が面白いので買う馬は名前で決めて、何種類かある馬券の用紙もよーく見て、今回は馬券も買うことができた。そしてパドック行ってみたり。馬が近くで見られて楽しい♪

 さて始まった第一レース、私が買った馬は事前予想では1番人気だったが、直前予想では2番人気。さあどうなるかな~と見ていたら、ぶっちぎりで勝った!やった!!しかし、人気の馬なので倍率は低く2.25倍。10ドル(150円)が22.5ドルになっただけ。競馬場入場料10ドルかかるし、今回は迷ったので他の馬も買ってたから儲けはほとんどないよね(笑)でも、小さな幸運をゲットできたから良しとする。

 しかしこの競馬場、風水はいいんだろうけど煙害が結構すごかった。これは前回気づかなかったな…

 でもこれからも香港に来たら競馬場に来て、小さな運試しをすると思う。

<安宿>
 昨年、香港を代表する日本人宿2軒が相次いでなくなった。私はどちらの宿にもお世話になったことがあり、特に老舗(笑)Lの方は香港初心者の頃に3週間くらい滞在して濃密な時間を過ごさせてもらった。いわば私の香港生活の原点ともいえる場所。もう1つの宿Gも安く便利に過ごせてありがたかった。その2軒がなくなったと聞き、跡地を確認したかったのだ。Gの方は行かなかったけどLの方は確認してきた。看板は出ているけど宿の入口に上がる階段の壁は変な色に塗りつぶされて、明らかに次の入居者がいる雰囲気。中に入る勇気はなくてそのまま帰ってきたけど、自分の目で確認して気持ちの切りがついた。

 実は、一番好きだった安宿は他にあって、とうの昔に廃業している。香港人がやっているホステルで、安く清潔で安心して過ごせて、もう好きだったな…夜便で真夜中に宿に着いたら荷物を置いてすぐ街へ出て(それが可能なのが香港のすごさ)、近くの映画館の上映予定を見に行って、翌日からの計画を立てるのが常だった。話の合う友人との出会いもあった。その宿は今介護施設になっているけど、香港に行くたびなんとなく建物を確認しに行ってしまう。そしてあの頃の楽しかった気持ちを思い出す。この宿から散々通った映画館ももうない。

 ここ数回の香港訪問では、現金払いが面倒なのでホテルサイトで事前予約してるけど適切な宿がなくて…今回の宿も設備の割に値段が高かった。いい宿を見つけるのが私のこれからのテーマかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港残照2017 その2

<物価>
 前回も物価が上がっていてびっくりしたけど今回は更に!まず、空港でマックのセットが28ドル、日本円だと420円くらい?高いと思ったけど他の店の朝セットはもっと高くて結局マックに行ってしまった。旅全体こんな感じで日本円に直すとあまり安くない。新聞もとうとう8ドル。そしてページ数も減った。ブランド物は、以前は定価で買っても日本の8割くらいと聞いたけど今はどうなんだろう?記念にもなるからといつも使っているボディショップの商品を買おうとしたけど、計算したら日本の方が安かったのでやめた。レスポのポーチも、日本の安売り店の方が安かったし…買い物天国はどこへ(泣)

<交通>
 4年前より地下鉄の路線・駅が増えていた。香港島の裏側にも行ける線ができていた。そのうち赤柱あたりまで地下鉄が伸びるんだろうな…そういえば、今回は行き帰りの空港バス以外バスに乗らなかった。ほとんどの場所が地下鉄で行けてしまうからだ。そして、スターフェリーは週末料金がさらに上がって観光客しか乗ってない。船体は趣があるし、本当にいいのにな。残る乗り物はトラム!香港島に居る間はトラムに乗りまくっていた。でもトラムからフェリーの乗り換えがどんどんしづらくなって、フェリー乗り場近辺の風景も変わって、哀しい…

<夜景>
 今回夜景はちゃんと見ていないのだが、滞在最終日の夕方スターフェリーの中から見た限りでは、ネオンのパターンも少し変わったようだ。建物によっては、プロジェクションマッピングみたいになっているものもあった。次回はちゃんと夜景を見よう。

 う~ん、いまいちうまく書けないけど続きはまた次に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港残照2017 その1

 月曜日、香港から帰ってきた。前回訪問が2013年だから4年ぶり。やっぱり3泊4日じゃ全然足りない、街に慣れないうちに帰国日が来た感じ。そして帰ってきてからお腹をこわすし。年と共に、段々適応力が落ちていると思う。香港に通い始めて20年あまり、色んな思いがあるので少しずつ書いていく。

<初LCC&深夜の羽田>
 今回は初めてLCC利用で渡航。深夜に羽田出発、香港に早朝着の便を選択。LCCは欠航のときに他者便への振り替えがないと聞いてびびっていたが、今回はいきなりの遅延(笑)真夜中の羽田で3時間あまり時間をつぶすはめに…私は途中までカード会社のラウンジに居たけど、横になれる椅子じゃなかったのでちと失敗。一番いいのはゲート近くの椅子横一列を占拠して横になること。羽田だから結構安心、皆爆睡してた。そして空港の椅子には充電用のコンセントがついているので、皆寝ながらもスマホの充電も抜かりなくやっていた(笑)

 他のLCCは知らないけど私が利用した会社はチェックインに待たされるし(色んな行先・時間の便をみんなまとめて受け付けるため)、その後おわびのミールクーポンの発行も待たされるし(顧客リストを見ながら一人分ずつ手書きで発行するため。深夜なので使わないから断りたかった)、やっぱ疲れるわ~

 でも、深夜の羽田の風景は面白かった。12時くらいまでは旅行者もたくさんいて結構賑やかだけど、それ以降は人が居なく静かになり、代わりにメンテの人達が出て来て違った風景になる。興味深かった。

<初カードラウンジ>
 私は派遣社員だが、なんでかゴールドカードを持っている(笑)でも恩恵にあずかったことがほとんどなく…空港のラウンジも利用する機会がないまま来てしまった。今回、遅延で待ち時間ができたのでラウンジに行ってみた。飲み物飲み放題だし(アルコールは有料)、充電もできるしなかなかいいよ。でもリクラインニングでない椅子に座って仮眠するくらいしかできないんだよね。奥の方に"RELAXATION ROOM"と表示された部屋があるのに帰り際気づいたけど、そこも人で埋まってた。

 カードラウンジは2か所あってうち1か所は24時間営業なので早朝便の前泊代わりに使えそう。実際やれる体力はもうないけど(笑)しかし、いざという時の避難場所として使えるのは安心。


 まだまだ書き始めだけど(香港のこと何も書いてない)、続きは明日(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運気の膿出し

 昨日は比較的元気だったが、今朝会社に行って予想以上に体が疲れて頭もボケているのを自覚。忙しい時期じゃないから良かったけど。そしてお腹の調子が悪いのが予想外。昨日の移動中は全然大丈夫だったのに。本当なら会社休みたかったけど、お腹以外は元気だしもう休めないとなんとか職場で一日乗り切った。

 月運の方位がいいからと無理やり設定した旅行だけど、年運ではやっぱり凶方位だし、そういう時ってどうなるのかなと心配だったけど、まあこういうことかな。

 今日は運気の膿出しの日。旅行記は、また後日ということで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事帰還

 本日、無事帰還。今回もまた、現地に慣れないうちに帰る日が来ちゃった感じ。間が悪い展開になることが多く向かい風を感じたけど、なんとか帰って来られたからいいか。

 旅のレポートは、また少しずつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事到着

 昨日記事を投稿してから出発と思っていたけどそれどけろではなく出発。またしてもディレイがあったりしたけどなんとか生きて到着!段取りがうまく進まず向かい風を感じるけど楽しんでるよ!

 今回旅してみて、前回の旅がいかに無理やりだったか改めて感じる。自分だけは平気なつもりでもやはり病み上がりで本調子ではなかったなと…

 でも今日は自重して早寝して明日に備えます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅前の緊張

 明日の今頃はもう旅に出ているわけだが(爆)なんか現実感がない…パッキングもまだだし、何より明日出発するのをうっかり忘れそうで。そのくせミョーに緊張する。ま、いつものことだけどね。旅直前は憂鬱になるのに、それでもやっぱり旅の予定を立ててしまう。

 これからパッキングを少しやって寝るとするか…明日持って行く予定の衣類の一部は、さっき洗濯したばかりなんだけどね(笑)

 楽しんで、無事帰ってきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Smoke

 少し前にリバイバル公開され、見たいと思いながら見そびれていた作品。初見は96年頃かな…最近、この頃見た作品のリバイバル上映が多くてなんか嬉しい。

 当時確か「地味な映画ながらじわじわ人気になっている」と評判を聞いて見に行ったと思うけど、当時はまたアメリカへ行ってないしアメリカ文化への反発もあり「雰囲気は出てるけどさ…ケッ」みたいな感じだったと思う。そんな私がNYへ行ったのが2002年。もうすっかりドハマリし、数か月後に再訪したほどだった。舞台になったプロスペクト・パークもその時訪ねたけど映画の記憶が曖昧だったし街を見ても「そういえばこんな感じだった…かな?」という程度。映画をちゃんと見ておくんだったと後悔したのだった。

 そして20年ぶりに再見した作品、もう何から何までほとんど忘れている…何しろ主役がウィリアム・ハートだったことすら忘れていたのだから(爆)そして彼が妻を事件で亡くしてスランプに陥っているとか、ハーヴェイ・カイテル演じるたばこ屋がキューバ葉巻の密輸でひと儲けしようとしてるとか、細かな設定を忘れているというより当時全く理解していなかったということがわかった。本当何見てたんだ私。

 そんなわけで、ほとんど初見状態で鑑賞したのだが、NYに行った身からすると街の雰囲気が少し違うよな…と思っていたらこの物語は設定が70年代だった。道理で街がレトロなわけだ。それに今の人は劇中の人みたくたばこばっかり吸ってないし、街角のたばこ屋兼よろず屋みたいな店はほとんどないし。そしてポスターに出てくる、黒人のおばあさんに頬を寄せるハーヴェイ・カイテルの意味もわかったし。とにかく、昔見て記憶もおぼろげだった夢を見なおしてきちんと理解できた、みたいな充実感があった。

 今度プロスペクト・パークへ行ったらたばこ屋の建物をちゃんと確認してこよう。NY行きのモチベーションにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイヤル式郵便ポスト

 このたび、わがアパートの郵便ポストがバージョンアップされて、ダイヤル式のものに変わった。今までのものも本当はダイヤル式だと思うのだが設定の方法もわからずただのつまみと化していた(笑)下手すると風でポストのドアが開いたままになってたり、うちの場合は誰かのタバコとライターが入っていたかと思うとなくなってたり(数回でおさまったけど)郵便物の紛失はなかったけど物騒だった。

 事前に各ポストにダイヤル番号を書いた紙が入っていたので、取り替え後初めて開錠にトライ!右に2回、左に2回とか回すのだが、どっちがどっちだっけ…自分の部屋から持って来た紙を見ながら何回か挑戦。ほどなく開いた。でもポストの説明書だけだった。はたから見たら単なる郵便物泥棒にしか見えなかったと思う(苦笑)

 今日も帰宅後、自分の部屋に行く前にポストを開けようとしたが、どっちに回すのか忘れてしまって開けられず結局部屋に戻って紙を確認して、再度トライ。開いたけど、中はポスティングされたチラシが一枚。なんか拍子抜け。安全なのはいいけど時間のムダな気がする。

 このポストには新たに宅配ボックスもついているのだが、宅配ボックスを使いこなせる日は来るのだろうか…こわいから私は当分コンビニ受け取りでいくと思う(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«復活確認(携帯ラジオ編)