トップページ | 今ひとたびのスージー・クーパー »

前世は、マッチ売りの少女?

夜の街を、ひとり歩くのが好きだ。

特に、冬の日暮れ直後の住宅街。冷たい月明かりの下、あてどもなく歩いていく。
家の窓からは、暖かそうな光。素敵な家があれば窓を見上げ、この中ではどんな団欒が…と思いを馳せてみたりもする。まるで、マッチ売りの少女である。でも歩き続ける。

街の暗がりに溶け込む私。行き先がわからない不安な気持ちと、何かに出会うかもしれない期待感、ひとりぼっちの切ない気持ち…でも、なぜか安らいでいる。無心で歩きながら、こんな気持ちにひたっているのが、私にとって至福のときである。

私にとっては空の下が心安らぐ場所。家の中の人となって団欒の主役になろうとは思わないのである。


|
|

トップページ | 今ひとたびのスージー・クーパー »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/3335622

この記事へのトラックバック一覧です: 前世は、マッチ売りの少女?:

トップページ | 今ひとたびのスージー・クーパー »