« 前世は、マッチ売りの少女? | トップページ | 今日、スーパーで »

今ひとたびのスージー・クーパー

 最近いきなり凝り出したこと。ネット・オークションである。

 対象はスージー・クーパーの食器。

 ことは先月末、仕事帰りに目黒通りをうろついていて、スージー・クーパーの食器と再会したことから始まる。

 スージーの食器は、20代の頃国立のアンティークショップで見たことがあり、花柄でありながら抽象画のようにも見える不思議なデザインが強く印象に残ったのだが、それっきりで忘れていた。スージー・クーパーという名前を知ったのもずいぶん後だった。

 それが何気なく入ったアンティークショップに、何品か置いてあったのである。

 セール品になっているものは私にも買える値段だった。しかし、私が国立で見たのと同じデザインのディナー皿は、なんと23,000円もした。

 その日からネットや本でいろいろ調べる日々。ネットで検索していくうちに、オークションのサイトに当たり、ちゃんとカテゴリも設けられて結構な数が取引されていることがわかった。しかも、私が欲しかったものが格安で出品されているではないか!

 そこで、今までオークションに全く興味がなかった私が一気に会員になってしまい、入札に参加。

 しかし…その時の入札には制限がかけられており、取引経験のない私は入札に参加できなかった。その他にも、これと思われるお得な出品には制限がかけられているものが多く、入札に参加するには他にムダなもの買って実績を作らないといけないってこと?…と落ち込む。

 その後、たまたま買おうと思っていたフラワーエッセンスが即決で出品されているのを発見、始めの一歩と思い落札。手続きもスムーズに進み、無事商品を手にすることができた。

 これに気を良くして本題のスージーの入札に挑戦。しかし…入札するものどれにも必ずライバルが出現、競り合う展開となるのである。元々「安く手に入れて気軽に使いたい」が目的の私、値段が上がってまで買いたくない。しかし格安で落とされるのも悔しい。というわけで、ちょろっと値段を上げて最後に引き下がる…という意地悪を繰り返してしまった。私のIDに注目してこの動向に気づいた人もいるかもしれない。

 このオークションには出品者・落札者の評価しかないが、参加者の評価があるとすれば「非常に悪い」に評価が集中すること間違いなしである。

 何件か入札するうち初回入札のタイミングとか勝ちやすい金額設定方法とか、最後にいきなり登場して高値でかっさらうのはヒンシュクだとか、コツとかルールがなんとなくつかめてきた。

 そうこうするうち、私が一番欲しかったティーカップ&ソーサーがスタート価格1,000円で出てきた。

 前回は早々に入札して他の人に商品の存在を気づかれてしまい、ライバル登場とあいなったので、ここはまず静観といく。でも早速入札、バトルしている人がいるけど。残り3日くらいで登場し、まずはごあいさつ。この時点で値段は3,000円台で止まったまま。

 2日前、新規の人が値段を上げて割り込んでくる。でもそのまま静観。

 1日前、アピールのため価格を上げようとしたら、上限がすごい上に設定されていて、一気に5,000円台へ。でも「想定の範囲内」(笑)。最終的にバトルすることにしてその場は引き下がる。

 半日前、上限を7,000円台に設定して、所用のため出かける。

 30分前、帰宅した私を待っていたのは…かろうじて自分が最高額入札者ながら、設定価格まで上がっていた落札額!念のため、設定価格を上げ直す。しかし、真の戦いはここからだった…!新規の人が2名もいきなりの殴り込み。7,500円くらいを自分の中での限度額と決めていたのが、そんなのお構いなし、メンツをかけた戦いとなってしまった。こっちはそのつもりで3日前から顔を出して、アピールしてきているんだよ!

 何度も限度額を入れ直すがそのたび落札額が上がっている。しかも、終了時間を過ぎたはずなのに、終了時間がどんどん延長されている。なんで?出品者の陰謀…?と怒りがわくが、直前入札すると終了時間が自動延長されるのを知らなかったのだ。価格の変動がない状態が5分続かないと終了しないのである。

 最後にライバルがあきらめてくれてオークションが終わったとき、価格は9,000円になっていた。

 勝ったには勝ったが…この価格でも買いたかったかどうかちょっと疑問の私。日本のお店で買うよりは少し安いが、コンディションに対して妥当かどうかわからないし、イギリスのサイトでB級品のトリオ(ケーキ皿もついたセット)がこの値段で出てたしな…。ほんの半日前には、6,000円台で落として、ついでにケーキ皿や色違いのカップ&ソーサーも買っちゃおう、という勢いだったのに…

 他のオークションを見てみると、えーっと思うようなものが激安・競争なしで落とされているケースが結構あり(もちろん逆もあるが)、なんで私の時だけこうなるの~と少し落ち込む。ま、超定番・人気商品だったから仕方ないのか。

 私の素直な感想「競争しないで、手に入れたかった。」
 素直な感想その2「オークションって結婚相手選びに似ているかも…」(←大いなる論理の飛躍)
 他の人と着眼点を少しずらせばいいんだろう、きっと。

 元々シンプル・ライフを目指しているので、ここまでのオークション・バトルをすることはもうないと思う。他に気に入っているデサインがいくつかあるので、オークションサイトはずっと見ていくつもりだが。

 次は、このカップ&ソーサーが似合う部屋づくりをしなければ…(^_^;


|
|

« 前世は、マッチ売りの少女? | トップページ | 今日、スーパーで »

毎日を彩るお気に入り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/3362563

この記事へのトラックバック一覧です: 今ひとたびのスージー・クーパー:

« 前世は、マッチ売りの少女? | トップページ | 今日、スーパーで »