« いつか、イギリスへ | トップページ | しばしの別れ »

立川リベンジ

 連休以後、しばらく来ないだろうと思っていた立川にまた来ている。予想外の早さでの帰還である。今回も複数名での就業だったが、前回のメンバーが誰もいなかったのが残念だ。

 仕事は休みなしの単純作業なので1日終わるとぐったり、すっかり労働者と化している。しかし、そんな中で楽しいこと。お昼休みに会社前に出没するお弁当やさんでお気に入りを見つけ、お昼が楽しみ。今までの職場へは必ず弁当持参だったが今回は少し時間の贅沢をすることに。(容器のごみ等で、地球にはよくないのだが)お昼も一人ラジオを聴きながらゆったり本など読んだりして。

 会社帰りも、立川近辺は歩くとこねぇ~と思っていたけどそんなことはなく、結構面白い。西国立駅への新しいルートを見つけ、空いてるし雰囲気もいいし交通費も節約できるしですっかりごきげん。ただし20号線沿いはダメ、歩いていて自転車暴走族に遭遇、こわくなった。

 それから前回期間が短すぎて行けなかった立川伊勢丹。店の造りがゆったりしてて同じ商品が並んでいてもよそより高級に見え、夢見る気分になれる。3年前日野の仕事に行っていた頃のことが思い出され、懐かしく切なくなるのである。そのとき1階のかばん屋で見ていいなと思った商品がまだ売っていて、「これは買うしかない!?」と思ったが形と色をどうするか絞り込めず。でも明日買ってしまうかも。その他にもルミネの地下食品街とかグランデュアとか、行くだけでなんとなくリッチな気分になれて嬉しい。

 そして、前回間違えて違う店に入ってしまった陳建一麻婆豆腐店、今日リベンジしてきた。おお、この味…成都と同じ味だ!嬉しい!花椒がやや抑え目だし、MSGを結構使ってるみたいだけどね(^_^;;お店ではご飯にかけるよう言われたが私は別々に食べる方がいい。満足満足。ちなみに、前回食材売り場で麻婆豆腐の素を買ったけどまだ1回も作ってない(^_^;;

 帰りは谷保まで歩いてしまった。国立側は落ち着いた雰囲気の住宅街で、ロシアのどこか、または北海道の町のイメージが浮かんできた。夕暮れ時、ルネ・マグリットの絵の中をさまよっているようなひととき。立川近辺もまた至福の場所なのだった。
 

|
|

« いつか、イギリスへ | トップページ | しばしの別れ »

毎日が旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/4488492

この記事へのトラックバック一覧です: 立川リベンジ:

« いつか、イギリスへ | トップページ | しばしの別れ »