« シンプルライフ考察事始 | トップページ | 疲労病 »

中野で前祝い

 なんとか派遣の仕事が決まり来週から就業だ。個人企業なので「八丁堀の悪夢」(以前八丁堀の小さな会社に派遣されいろいろと大変だったのだ)再現、の可能性もあるのだが、とりあえず半月は働いて今まで休んだ分を取り返さなくては。

 それで、残り少ない平日休みを優雅に過ごそうということで、岩盤浴に行くことにする。場所は…といろいろ探しているうちに中野の店を発見。今日、中野で映画を見る予定があるのでちょうど良いではないか、ということで中野に行くことにした。

 結果…サウナと汗蒸幕の中間くらいといったところだろうか。部屋に入ると結構暑くてむっとするし(私は、サウナだと息ができない)、薄暗い部屋もなんだか苦手。(砂時計の表示が見づらいし)うつぶせになると、おなかは気持ちいいのだが顔の置き場に困る。顔を下につけると顔ばかり汗をかいてしまうし。あおむけになると、おなかが冷えて物足りない感じ。私としては、あおむけでおなかに温かい石を乗せたい気分だった。

汗は、初回のせいかそんなにかかなくて、例のごとく首筋ばかり玉の汗。うう~ん、はっきり言って私は汗蒸幕の方が好きだな。美肌とかもそれほど意識しなかった。このまま服着て帰るのか…と少し不満だったが乾いてしまえばどってことなかった(単に私がズボラ)。このあと映画なのが少し心配(他人と隣り合って長時間一緒にいる)だけど。せっかく会員になったので、あと2、3回は行くかな。

 映画の前に佐世保バーガーを食べるつもりが、空腹を感じず食べる気になれない。その辺をうろうろしてから、結局中野ZERO内にあるカフェでピザトースト。良心的な価格で嬉しくなる。中央線沿線は、こういうところが充実してるね。

 映画は、その中野ZEROで好きな作家松原惇子さんのドキュメンタリー。「面白いかどうか、作っているうちにわからなくなってしまいました」とHPにあったが、上手にまとめられ、最後まで集中して見てしまった。伊丹十三の「お葬式」より面白くてためになる!(とアンケートにも書いておいた)私は松原さんの作品をずっと読んできているので、本に出てきた人たちが映像に写っているだけで面白く、長い間探していたものにやっと出会えたような、わけのわからない感激の涙を流しながら見ていた。松原さんご本人も初めて生で見たし。

 帰りは、ものすごい充実感を抱え中野から新宿まで歩いてしまった。やっぱり歩いているときが幸せ(^_^)これからもよいことがありますように。

|
|

« シンプルライフ考察事始 | トップページ | 疲労病 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/4791633

この記事へのトラックバック一覧です: 中野で前祝い:

« シンプルライフ考察事始 | トップページ | 疲労病 »