« ALWAYS三丁目の夕日 | トップページ | D&D Department »

恋と花火と観覧車

 今朝、新聞のお悔やみ欄を見ていたら砂本量さんの名前が。なんとまだ47歳。

 私は砂本さん監督の映画「恋と花火と観覧車」にエキストラで参加したことがあるのだ。松嶋菜々子さん、5秒くらいしか見なかったけど同じ人類と思えなかった(@_@)長塚京三さんや生瀬勝久さんも背が高くてかっこよかった。当然、現場で監督もお見かけした。細おもてにめがねの優しそうな感じの方だった。台本に「砂本 量」と名前が書いてあったのが妙に印象に残っている。作品の方は残念ながらあと一歩だったけど(原作が秋元康だし、設定や展開が全てスポンサー頼みなのがちと苦しい)参加できたのはいい思い出である。ちなみに、私が映っているシーンは本編で使われている(^_^)v(画面のはじっこでぼけぼけなので顔は判別できないけど)

 その後の作品のこともよく知らず、あの時だけのほんのすれ違いだったけど、こういう記事を見ると人との出会いって興味深いなと思う。

 ご冥福をお祈りいたします。私も観客としてずっと映画に関わっていきますよ。

|
|

« ALWAYS三丁目の夕日 | トップページ | D&D Department »

思い出」カテゴリの記事

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/7798518

この記事へのトラックバック一覧です: 恋と花火と観覧車:

« ALWAYS三丁目の夕日 | トップページ | D&D Department »