« お子ちゃま天国 | トップページ | わんこ記念日 »

退職記念日に「やわらかい生活」

 今日は退職記念日、10年前の今日、会社をやめたのだ!これが未だに、自分の人生の中で最大の出来事だったりする。1年くらい遊んで、自由業デビュー…のはずだったが、クリエイティブ系で極められるものがなく、自由業の会社員ということで「派遣社員」に落ち着いている。この年でも新規で仕事に就けるのだからすごいと言えばすごいのだが、だから真の自由業に踏み込めないような気もしている。楽しい10年間だったが、結局予想の範囲内でしか生きられていない。

 例年、この日は特に気にすることもなく過ごしてきたが、今年だけはちょっと意識して映画「やわらかい生活」を見に行ってきた。作者がほぼ同世代、バブル期に総合職やってた人で、総合職をやめた女性の話というので…。
結局、映画はまあまあ普通。これは原作が悪いのか映画だから悪いのかはわからない。ひとつ言えるのは、自分が結構似たような生活なので新鮮味があまりないこと。それから原作者の顔を見て、いかにも男に伍して一生懸命やってきて恋愛に縁がなさそうなのに、結構恋愛や性に関する話題が盛り込まれているのがウソ臭く感じられてしまうからだと思う。でも寺島しのぶさんの存在感はすごい。梨園のお嬢様と思えぬほど「苦労人顔」。どの会社に行っても30半ばのこういう人、いるよね~!!(でも私なんてもっと年上(爆))

 やっぱり映画だけに、劇中ではかっこいい男性が入れ替わり立ち代わり出てきて「私の人生と違うぞ~!」(爆)私は女子ばっかの短大で、学生時代の男の友人というのがいないので、こういう人間模様は羨ましい。私はもっと孤独だけど、鬱病になる前に気楽な身分に切り替えたし、両親がまだ元気でやってくれてるので、精神科のお世話にならずに済んでいるのかも。

 はたして「やわらかい生活」のまま一生を送れるだろうか。自分で生きて実験しようとしている私である。

|
|

« お子ちゃま天国 | トップページ | わんこ記念日 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

毎日が記念日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/10716964

この記事へのトラックバック一覧です: 退職記念日に「やわらかい生活」:

» 【劇場鑑賞69】やわらかい生活 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
橘優子、35歳、蒲田で一人暮らし。 可笑しくて、愛しくて、じんわり心にしみる。 暖かな幸福感に包まれる物語。 それとな〜く幸せ [続きを読む]

受信: 2006/07/04 20:32

« お子ちゃま天国 | トップページ | わんこ記念日 »