« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

今日はなんだか…

 事故や事件のニュースなんて毎日やってるけど、今日の「プールの排水溝吸い込み」と「「信号待ちしている時に横転したトレーラーの下敷きになり死亡」のニュースを聞いてなんだか胸がつまる思い。

 埼玉の流れるプールかあ、私も子供の頃流れるプール(浦和のだけど)に何回か連れて行ってもらってすごく楽しかったので、なんか切ない。連れてってくれた伯母も去年亡くなったし。両方の事故で亡くなった女の子たち、こんなところで突然自分の人生が終わるなんて思いもよらなかったはず。

 事故に遭った人と遭わなかった人、その差ってなんだろう。今日に限って、いろいろ考えてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

私も誰かと同調している

 カレン・キングストンの名著「ガラクタ捨てれば自分が見える」の続編「ガラクタ捨てれば未来がひらける」を今読んでいる(訳に多いにいちゃもんをつけたいのだが、それはさておき)。本を読んでいるうち「運気が変わらないのはやはり部屋のレイアウトや寝る位置が悪いのでは?」と考えるようになってきた。狭い部屋だから家具の位置はどうしても決まってしまい、何年もそのまま。おまけに電気器具に囲まれて寝ている。それに最近、モノはよく落とすし体調はいまいちだし…俄然「お清めをしたい!」という気分になってきたのである。

 昨晩は「眠りの質を上げるには、枕元に盛り塩」というのを実行してみた。わりと安眠できた気がした。昨日は台所にずっと置いてある料理用の塩でやってしまったが、なるべく密封されているのがいいそうなので、今日フェア・トレードの店に買いに行った。

 ベトナム製の荒塩を持ってレジに行くとお店の人が
「お料理に使うんですか?」と聞いてきたので
「いえ、盛り塩しようと思って…」というと
「今日は、塩を求める人が多いのよねえ。しかも、『玄関に置くから』とかそういう人が」
「ここ数日、清めたい気分なんです。何か、共時してるんですかね」
「マヤ歴の新年だから、そういう気分になるのかしらね」
「えっ、マヤ歴って何ですか?」
…という会話になったのだった。

 お店の人の説明によると、マヤ歴の新年は7月26日で、ひと月が28日で13回あり、余った1日は「時間の設定のない日」なんだそうな。本も出してきてくれたけど、あとでじっくり調べることにしてとりあえず店を後にした。

 しかし、同じ空の下で私と同様「清めたい!」と思ってる人は、どういう暮らしの人なんだろう。

 自分も地球の一部で、誰かと同調していることをしみじみ感じた日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

白バラの祈り -ゾフィー・ショル最期の5日間-

 この作品も見るべきなんだろうけど、と思いつつ腰が引けてた作品。理由は「残酷シーンがありそうだから」

 しかし実際には、暴力はなくて尋問と裁判のシーンが中心の心理劇だった。ナチスも、同じドイツ人に対しては割と人間的な扱いだったので驚いた。(結局5日間で処刑するのだから乱暴は乱暴だが)

 映画はもちろん堪能したけど、ゾフィーのやったことと言えば結局ちょろっとビラをまいただけ、やり方がかなり稚拙ではないか?少しガマンして、もっと大掛かりで有効なことをやればよかったのに…と思わないでもなかった。劇中のゾフィーは真面目で素朴な感じだけど、エンディングロールで映る実物の彼女はちょっとイケイケで、エリート意識や調子にのった感じもあったような気もする。もちろん、最後まで正義や気高さを失わない彼女はとても素晴らしいけど。この映画を見ている途中なぜか「裁かるゝジャンヌ」が浮かんできた。

 それから歴史的な話だけど、彼らはなぜこんな拙速に処刑されたのだろうか?学生がここまでの情報を持っていたことがナチスに衝撃を与えたからだろうが、年はまだ1943年である。ナチスが本当に崩壊するのにはまだ2年もある。実際のところはどうだったのだろうか。

 最後に、ゾフィーとハンスのご両親が気の毒…!自分がその立場で同じように振舞えるだろうか。子供を殺されても時勢に流されず正義を貫けるだろうか?ご両親には彼らの他にも子供がいたこと、戦後を迎えることができて処刑された子供たちの名誉回復もできたというのが救いだ。
 
 この人たちの強靭な意志はどこから来ているのだろうかと思いながら見ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

表参道落し物女王

 これまたメンテ期間中に起きたできごと。

 また、定期券を落としてしまった…。(;_;)駅構内でお弁当を買っていて時間がなくなり、改札をダッシュで抜けた際に落としたらしい。

 改札機から出てきた定期券を持ったまま走ったような記憶もあったので、路上で落としたとなると…戻ってくるのは難しい。

 何日間かもやもやした日を過ごしたが、「今日見つからなかったら次の定期を買おう」と思ったその日、発行駅に届いていた。

 拾ってくれた人と守護霊さま、ありがとうございましたm(_ _)m

 しかし、表参道駅で物をばら撒きまくってる私。どうして落としてしまうんだろう。友人には言えないなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

折角のTBだったのに…(;_;)

 ココログがメンテ期間に入る直前、いろいろ困ったことが…ココログが重すぎて、書き損じて保存してしまった記事の修正がまったくできない!みっともないけど、誰も読んでないからいいか…と思っていたところ、この駄ブログに初めてまともなトラックバックが!すごい、このブログをサーチしてきてくれたというのがすごい!(作者の私はサーチできない)

 大喜びでコメントを書きに行ったら、たった2行ほどの文なのに入力ミス…。おまけに顔文字を全角で入力しちゃってデカい顔に(本人に近いともいえるけど)。なんだかおばさん&素人丸出しのコメントになってしまった。不自然~(;_;)「てにをは」がおかしいけど、コメントの修正ってどうするの?大騒ぎして重複投稿になるとかえってみっともないかと思い、そのままに…ああ心残り。

 でも、これを機にたまにはここに飛んできてくれる人もいると思うので…。こつこつ投稿していきますよ(^_^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »