最近のトラックバック

« 白バラの祈り -ゾフィー・ショル最期の5日間- | トップページ | 今日はなんだか… »

私も誰かと同調している

 カレン・キングストンの名著「ガラクタ捨てれば自分が見える」の続編「ガラクタ捨てれば未来がひらける」を今読んでいる(訳に多いにいちゃもんをつけたいのだが、それはさておき)。本を読んでいるうち「運気が変わらないのはやはり部屋のレイアウトや寝る位置が悪いのでは?」と考えるようになってきた。狭い部屋だから家具の位置はどうしても決まってしまい、何年もそのまま。おまけに電気器具に囲まれて寝ている。それに最近、モノはよく落とすし体調はいまいちだし…俄然「お清めをしたい!」という気分になってきたのである。

 昨晩は「眠りの質を上げるには、枕元に盛り塩」というのを実行してみた。わりと安眠できた気がした。昨日は台所にずっと置いてある料理用の塩でやってしまったが、なるべく密封されているのがいいそうなので、今日フェア・トレードの店に買いに行った。

 ベトナム製の荒塩を持ってレジに行くとお店の人が
「お料理に使うんですか?」と聞いてきたので
「いえ、盛り塩しようと思って…」というと
「今日は、塩を求める人が多いのよねえ。しかも、『玄関に置くから』とかそういう人が」
「ここ数日、清めたい気分なんです。何か、共時してるんですかね」
「マヤ歴の新年だから、そういう気分になるのかしらね」
「えっ、マヤ歴って何ですか?」
…という会話になったのだった。

 お店の人の説明によると、マヤ歴の新年は7月26日で、ひと月が28日で13回あり、余った1日は「時間の設定のない日」なんだそうな。本も出してきてくれたけど、あとでじっくり調べることにしてとりあえず店を後にした。

 しかし、同じ空の下で私と同様「清めたい!」と思ってる人は、どういう暮らしの人なんだろう。

 自分も地球の一部で、誰かと同調していることをしみじみ感じた日だった。

|
|

« 白バラの祈り -ゾフィー・ショル最期の5日間- | トップページ | 今日はなんだか… »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/11134105

この記事へのトラックバック一覧です: 私も誰かと同調している :

« 白バラの祈り -ゾフィー・ショル最期の5日間- | トップページ | 今日はなんだか… »