« 豊洲ららぽーと | トップページ | 童年往時 時の流れ »

フラガール

 念願の作品、やっと見だよぉ~。母親が福島(ふぐすま)出身のオレは感情移入500%!!でも実は「常磐ハワイアンセンター」って名前だけしか知らねぐて「行川アイランド」みでなショボ哀しいところだと思っでだ。

 冒頭のヤマのシーンはジオラマでねが、とかあれれ藤純子さんとか岸辺一徳さんがふぐすま弁さしゃべっでるー(オレの中では関西弁のイメージ)とかちょっと思っだけどすんぐ物語りの中さ引ぎ込まれでぇ。蒼井優ちゃんは可愛いすぎて東北(とーほぐ)娘には見えねんでねが、と心配していたけどちゃーんと田舎娘さなっでだわ。

 松雪泰子さんはキレーだった…。60年代ファッションがよぐ似合うわぁ。でも平山センセのキャラは、ちょっとつぐり過ぎだわな。当時のとーほぐで女が居酒屋で一人で酒飲んでたり男に歯向かったりなんてありえねべさーと昭和40年代を地方で過ごしてるオレは思っだよ。

 あと、昔のふぐすまでは女でも自分のことを「オレ」と言ってだけど(今はどうなんだろ?)、他の地方の人が聞いたら驚くべなあ。オレは親戚のおばさんとかで慣れでたから違和感ねがったけど。

 画面のレトロな色調も昔懐かしいし、ラストのダンスシーンも美しく楽しい。
…と、そんなこんなで、すっかり昭和40年代ふぐすまの人になり切って見てしまったよ。もうちょっとたっだらまた見よっかな。

|
|

« 豊洲ららぽーと | トップページ | 童年往時 時の流れ »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/12335942

この記事へのトラックバック一覧です: フラガール:

« 豊洲ららぽーと | トップページ | 童年往時 時の流れ »