最近のトラックバック

« 胸騒ぎの3月 | トップページ | 夜の世田谷線 »

愛されるために、ここにいる

 小品だけどいいねぇ、この作品。「Shall we ダンス?」に「チョコレート」の要素を少し足して、静かな感じにしたような映画。疲れた初老のおっさんが若い美人に惚れられるとか、美人の婚約者が見た目からしてあまりにもだめんずなのとかがありえねーとも思えるが、つっこまず楽しむ作品だと思う。

 自分のやるべきことをこつこつとやっているといつか人生のごほうびがあるかも、と思わせてくれる作品だ。

|
|

« 胸騒ぎの3月 | トップページ | 夜の世田谷線 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/14463914

この記事へのトラックバック一覧です: 愛されるために、ここにいる:

« 胸騒ぎの3月 | トップページ | 夜の世田谷線 »