2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« 最近のお気に入り | トップページ | 帰還 »

誰かが待ってる

 ZARDの坂井泉水さんの訃報には本当にびっくり…いつも同じ姿でジャケット写真に写っていたし、40歳だとかガンだとかの人間臭い情報が本当に似合わない人だ。「揺れる思い」はその昔、カラオケでよく歌った。(ブリブリに歌うのがコツ)あの頃よく一緒に歌った友人とはつきあいがなくなってしまった。まだ景気は良かったけどなんとなく自分の居場所がなかった90年代前半を思い出させるアーティストである。

 そんなZARDの歌で一番好きなのが「誰かが待ってる」なぜか大ヒットはしなかったけど明日への希望を感じる曲だ。ある一時期はエンドレスで聞いていた。もし私が映画を撮ることがあったらエンディングはこの曲、と決めている曲でもある(苦笑)

 40過ぎて、この人生で出会うべき人にはほとんど会ってしまったのだと思うが、この曲を聞くとまだ誰か会うべき人が待っているに違いないと思えるのである。

 坂井さんのご冥福をお祈りします。
 

|
|

« 最近のお気に入り | トップページ | 帰還 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/15250261

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かが待ってる:

» 無印良品の入浴剤 使っています [IDFSTS]
無印良品 入浴剤(海の香り) [続きを読む]

受信: 2007/06/01 15:11

« 最近のお気に入り | トップページ | 帰還 »