« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

9月も終わり

 あっという間に9月も終わり。最後の2日でいきなり気候が急転、一気に秋が来た感じ。

 夏から秋に変わっていく切なさを感じたい…というのが9月のテーマなのだが、9月始めはまだまだ暑く、暑さに打ちのめされているうちいきなり秋になっていて呆気にとられる、季節を楽しみ損ねた~、というのを毎年繰り返しているような気がする。うまくタイミングが掴めないんだよねー。

 なんか、私の人生みたい。さすが私が生まれた月だけのことはある。でも今年はやっと天井灯も買い換えたし、食べ物のおいしいアイリッシュパブにも出会えたし、よい9月でした。明日からの10月も楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

人生相談

今日、新聞を読んでいてびっくりしたのがこの人生相談。

http://www.yomiuri.co.jp/jinsei/shinshin/20070930sy41.htm

いまどきの女子高生でもこういう子いるんだね。
文体といい、内容といい、昭和40年代の男子高校生が書いた文章かと思った…。
私も同じような気持ちで学生時代を過ごし、そして40代の今日まで来てしまったが(爆)ここまで高尚でもなく、自分の内面をきちんと言語化することもできなかったなー。

相談者のご両親は私と同世代だと思う。俗世間にしっかり適応してる、私から見てイヤなタイプだろうなー(笑)

意外とこういう子は恋愛するとコロっと現実適応型になったりするんだけど、それまで大いに悩んでくれ!高校終わると世界が広がって気持ちもラクになるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋分の日

 今日、折角の秋分の日だったのに1日家にいて終わってしまった!体調も悪かったし。理由は簡単、前日の夜更かし…本を読み出したら止まらなくなって読み終わったら午前4時(苦笑)。それから、頼んでおいた天井灯が届いたので自分で取り付け…と思ったらソケットの型が古くて工事が必要なことが判明、電器屋さんに走って工事してもらったり(町の電器屋は偉大だ)、なんとなくバタバタ。気がついたら夜。折角「昼と夜の長さがぴったり同じ」日なのに、夕暮れ時に立ち会わなかった!

 最近、こういう風に「季節を感じる」ことがとても大事だと感じる。明日は外の風に当たりに行こうっと…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

初秋の香りって?

 夏の終わりと同時にマンゴーの香りのシャワージェルを使い終えたけど、次の季節を表す香りが見つからない…。ロータスの香りにしようと思ってたけどボディショップではロータスの香りのシャワージェルは出してなくて出鼻をくじかれた(;_;)そういえば秋を象徴する香りって何だろう…食べ物なら芋とか栗とかきのことか思いつくのだけどこれらの香りのバスグッズはちょっとねぇ(笑)そういえばぶどうの香りってのがあったけど、あいにくぶどうは好きじゃないのだ。無難なところでラベンダーとかになるのかな。

 秋ももう少し深くなったらりんごの香りとかもいいけど、もう少し初秋の雰囲気を味わいたいし。季節と自分の気持ちにぴったりくる香りを探していこうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

輝きすぎてる青春

 会社帰りの週末のカフェ。1週間終わってひとりほっこり乾杯モード(ほとんどの人がシンプルにお茶だけなのに、2000円近く払ってビールを飲み大食してる)私の隣に、2人連れがやって来て会話が丸聞こえ。思わず耳ダンボ。

 うち一人の女子高生の身の上は…「両親の影響でスキーが大好き。お正月は毎年スキー場で、家で年越しをしたことがない」(たぶんご両親は私と同世代)「海外へは子供の頃からしょっちゅう行ってる」「学校の研修旅行、中国と韓国と台湾から選ぶんだけどどこへ行こうかなあ~」というようなことを嫌味な感じもなく普通に話していた。その子も兄弟ももちろん私立お受験組。学校も楽しいそうだ。欲しいものややりたいことは何でも許してもらい、お金に困ったことなんかないんだろうなあ。

 ビールで酔っ払いながら、自分の子供時代を思い出してため息をつく私…。

 もし私が普通に結婚していたら彼女くらいの子供がいてもおかしくないのだが、高校生の母をやってる自分が想像つかない。自分の子にこういう生活を与えられるだろうかと言われれば、もちろんNO。まずお金がある人と結婚してないだろうということと、お金を使う生活に罪悪感があるので子供にみみっちい生活を強いてしまうと思うからだ。でもそういうのって時流と合ってないんだよね…。ものすごい不自然な子育てになってしまうだろうと思うので、自分は母にならなくて良かったんだけど。

 欲しいものはなんでも与えられながら華美でもなく爽やかな彼女。これから前途洋々な人生。

 その隣で、40代で未だ青春やり切ってなくてくすぶっている私だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

腕時計

 数年前に超お気に入りの腕時計をなくしてから、ヘタに間に合わせのものを買うよりはとずっと携帯電話で代用してきた。ついでにその頃目覚まし時計のアラームもおかしくなったので、携帯のアラームで起きるように。でもこういうのはシンプルライフとは言いたくないな(^_^;;

 今年、満を持して誕生日記念に腕時計を買った。カタログで予め決めて買いに行ったけど、長円形の文字盤って時間がいまいち見づらい。あと、自分で自分にびっくりしたのが腕時計をしていない数年のうちに「腕を見て時間を確かめる」という習慣が抜け落ちていたことだった。時間を確認…と思うと、思わず鞄の中(のケータイ)を探してしまうのである。腕時計は単なるブレスレットと化してしまった。

 そして、久々にカタログが出てきたので何気なくめくってみると、後ろのページにもっと惹かれるデザインがあるではないか…。文字盤も丸で見やすいし。何でこれに気づかなかったんだろう。そして当の時計を店頭で見つけてしまって…。うーん微妙。

 でも、やっと買った時計だからしばらくつき合っていくよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オバ汗

 夏になると、とにかく顔汗がすごい私。朝は顔回りの汗ばむ感じで目がさめ、汗でファンデーションを伸ばしながら化粧するありさま。そして満員電車に乗った瞬間、噴出す汗!猛暑だし、下地クリームのせいで毛穴がふさがれているからだと思っていたがどうもそうではないらしい…。

 先日同世代の人達と話していたら「昔は汗をかかなかったのに最近は汗がすごくてすごくて」という話になった。その人は脇汗がすごくて色の薄いカットソーが着られなくなったそうだ。私もそこまでではないけどやはり上半身の汗はすごい。最近頭と顔回りが特にすごい。でも夏だからと深く考えていなかった。

 そしてふと思ったこと。「これ、更年期の第一歩かも…」そういえばおばさんってハンカチ握り締めて汗拭きながら歩いてる人多いもんね。私もいつの間にかそうなっていた。

 「そうか、これはオバ汗だったのか…」ま、入浴剤とか石鹸で楽しくつき合っていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

夏仕舞い・今年限定

 私にとって今年の夏の象徴といえば、新宿でやっていた中国映画祭、無印良品の入浴剤「海の香り」、ボディ・ショップのシャワージェルジェル「マンゴー」の3つといえるだろうか。

 中国映画祭は、5回回数券を2度買ってしまったので都合10作品を見るはめになったが、就職活動と猛暑のため新宿に行く時間が意外にとれず、最後は回数券消化状態に。その割にジャ・ジャンクーの作品とか、「紅いコーリャン」など未見の古典が見られなかったり。「古典作品はもういいから新しい作品を」と前のブログに書いたけどやはり来年もやってもらわなきゃ(笑)

 海の香りの入浴剤は、初夏に使っていた夏みかんの香りに続いて買ってみたけどすぐ飽きてしまい、仕方なく使っていた。同時に使っていた石鹸やボディシャンプーと香りが合わなかったというのもある。でも9月になって使い終わった。自分の中で久々の入浴剤ブームだったけど、私には1ボトルは多すぎるようだ。次からは割高でも個別パックを買うようにしよう。

 ボディショップで試しに買ってみたマンゴーのシャワージェル、おいしい香りで大ヒット!マンゴーを食べた気になるのでダイエットに良さそうな気もした。トラベル用の小さいボトルだったけど意外と使いでがあり、10回分以上はあったと思う。他にも素敵な香りがいっぱいなので、このシリーズは小ボトルでいろいろ揃えてその日の気分で使っていくのが良さそうだと思った。空容器も引き取ってくれるし♪今度はロータスの香りかな(^_^)

 シャワージェルの容器が空になって、またひとつ夏の終わりだ…と季節が変わっていくのをいとおしむ毎日。暑さはぶり返したけど、空の色が秋色になっていく。次の季節も楽しみ(^_^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

夏仕舞い

 9月も少し過ぎた今頃、夏にさよならするためにいくつか行事をするのがここ数年の慣わし。

 まず横浜にある、お気に入りのビアガーデンに行くこと。今年は行ってみたら予約でいっぱいで入れなかったけど(;_;)涼風に吹かれて夏の終わりの空を見上げながら、ビールを飲んでゆっくりする。帰りは元町や中華街を散歩。元町の裏通りにも、一人でのんびりに良さそうなカフェをいくつか発見した。今度来てみようっと。

 それから自分が子供の頃住んでいた街を訪ねること。この時期に行くとお祭りをやっているので、屋台で買い食いしながらお祭りの行列をぼんやりと眺める。そして昔とあまり変わっていない空と山の色を見て、一人切なく感傷にひたる。私が生まれたときもこんな空だったんだろうかと。

 帰り際に少し大きい街(私が生まれた街)で途中下車。誕生日記念に何か買えないかとショッピングセンターをウロウロしたり、お気に入りのカフェがまだ続いているか確認する。私が生まれた産院のあった場所はショッピングセンターの駐車場になっているが、一応見に行ってみたり。自分が生まれた頃に思いを馳せる。

 反省と切なさを感じつつ、電車に揺られて家路につく。

 毎年の行事「昔の自分への旅」が終わると、自分の中で夏が終わって秋気分になっていくのである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

ストロングビル

 中華街へ遊びに行く時いつも気になっていた建物「ストロングビル」。取り壊し前に一般公開になったのでお別れをしに行った。一応写真をアップ。

070901_1538001


 何もないがらんどうの部屋。

070901_1539001

 暗い画像になってしまったけど、階段とアーチ型の窓。

070901_1549001


 廊下から階段をのぞむ。

070901_1552001


 屋上へ続く階段。

070901_1557001


 最後に、建物の前景。

 他の方のページを見たらもっと素敵な写真がいっぱい載っていた。十分記録と記憶に残ったことと思う。
 切ない夏の終わりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

いつの間にか9月…

 皆既月食パワーのおかげで(笑)無事新しい仕事に就くことができた。朝がちょっと早くなって「きょうのわんこ」を見られないのと、昼食が全部外食でお金かかりそうなのが難点だけど、あとは自分のペースでこつこつできる仕事で言うことなし。この仕事に決まるまでいろいろあったけど、ひとまず落ち着いたから良しとしよう。ほっとした瞬間、もう9月になっていた。

 仕事が決まってしまうと「折角の夏休み、もっと有意義に過ごせなかったか…」と思うけど、やはり猛暑で脳みそが機能していなかったと思う。資格の勉強とか、ていねいに料理するとか、いろいろやれることはあったんだけどね。いつもあとの祭り。

 自分のことが落ち着いて、やっと人の心配をする余裕が出てきた。友だちに残暑見舞いの返事でも出すか。

 そしてカレンダーを眺めながら「1日半の休みで4泊5日の香港旅行に行ける…」と呟いている、懲りない私なのだった(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »