最近のトラックバック

« 苦手なCM その後 | トップページ | ペルセポリス »

熟成、発酵の日々

 私は普段、会社帰りに映画に行くことが多いが昨年秋から年末にかけてはなんだか気がのらなくて難くせつけて映画はやめて、かわりに夜の街をほっつき歩いていることが多かった。そして頭はぼわーっとして。心身とも「外こもり」状態だったような。

 その反動が年明けに来たのか、先々週は週4日映画に行ってしまい、さすがに疲れたわ…。だってめったにやらない作品が同時期に上映されるんだもん(苦笑)冬はあったかい映画館が落ち着く。作品は未見の古典とか見逃していた評判の作品とか今話題の作品とかいろいろだけど、いろんな思いが甦り、自分の中で何かつながっていくような気がしている。

 それから、本もよく読むようになった。毎週図書館から何かしら借りてきているが、ざざっと斜め読みして返してしまうことが多かった。ところが最近、なんか頭や心に入ってくる感じ。短いお昼休みの10分でもしっかり読んでいる充実感。

 偶然に手にした3冊の本で、立て続けに「東電OL」のキーワードが出てきて共時性にびっくりとか。そういえば一時期自分の中でブームだったなあ(苦笑)。田中美津さんの本に「PTU」の文字列を見つけ、おおー田中さんも香港映画見るのかーとか(しかもそんなに有名でない作品)、そういえば10年以上前に中野で「Looking for Fumiko」を見たっけ(それで田中さんを知った)とか、監督の本を読んでNY旅行のときにはルドロー通りへ行ってみたんだっけとかいろいろ思い出されて楽しい。今まで自分のどこかに沈殿していたものが静かに化学反応を起こしているような。自分自身が面白く、自分自身に嬉しい。

 外の空気は冷たいが、自分の内面が静かに充実しているのを感じる。そんな内省の冬の夜が好き。

|
|

« 苦手なCM その後 | トップページ | ペルセポリス »

人生ひとり旅-独身生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/17913623

この記事へのトラックバック一覧です: 熟成、発酵の日々:

« 苦手なCM その後 | トップページ | ペルセポリス »