« あっという間に春 | トップページ | 馬込ノッティングヒル »

日比谷 映画館の掟

 終演間近の映画を見に、久しぶりに日比谷へ行った。いつもはJR有楽町から歩いていくけど、路線を調べたら都営地下鉄乗り継ぎで結構早く行けることが判明、初チャレンジ。都営線には普段乗らないので、ちょっと旅気分。

 迷路のような地下道(結構好き♪)から地上に出てめざす映画館へ行くと、長蛇の列。少し不安になるが、ここで並ぶと夕食を食べてる時間がなくなるし…と先に夕食をとることに。折角だからチェーン店じゃないところ…とウロウロしたあげく、前はよく通っているが一度も入ったことのない喫茶店に入ってしまった。デザート付きのパスタセットを頼む。

 昔ながらの喫茶店で、ヨーロッパのどこかの街にいるような気分になれて、ちょっと嬉しい。食事が出てくるのが少し遅くてイラつくが、コーヒーはおいしいし、デザートも結構しっかりしたパフェでびっくり。おトク感に嬉しくなりながら喫茶店を出る。

 そして映画館に戻ってみると、さっきの行列がないかわり「売り切れ」の文字が…がーん、さっきの行列はやはりこの映画に並ぶ人たちだったのね。しかしこの映画ってそんなに人気あったんだー。しゃあない、帰るか…と帰りかけたところ、50分後に始まる別の映画発見。見てもいいかなと思っていた作品である。折角日比谷に来たんだし、これを見ることにして、その間時間をつぶすことにする。

 日比谷シャンテに初めてちゃんと入ってみた。そしたら飲食店は高級なのからお手ごろなのまでいろいろあるし、ドラッグストアも楽しいし、宝塚グッズの店(別に好きじゃないけどもの珍しく面白い)はあるし、いやーん楽しいじゃないっ♪とすっかりご機嫌。前の映画をそのまま見ていたらこの出会いはなかった、この展開に感謝感謝…と思いつつ映画館に戻る。

 そして次の映画を見るべくチケットを買おうとすると…いつの間にやら指定席制になっていて(以前は違ったと思う)、もう前方の席しか空いていなかった。そう、前の映画がダメとわかった時点で券を買っておくべきだったのである。そんなに人気のある作品じゃないと思うんだけど…。後方の席でないとイヤな私は「それでは結構です…」と言って映画館及び日比谷の街を後にしたのだった。

 昔ながらの映画館なので自由席制と勝手に思っていたのが敗因だった。いつものシネコンならまず先に席を確保するのだが、今回はなぜか思いつかなかった。それに映画館が小さいので席が埋まるのが早いのである。

 今回の件でわかった日比谷の映画館の掟は「まず先に券を買え」と「マイナーな映画でも意外と混んでる」かな…。次回への教訓としたい。

|
|

« あっという間に春 | トップページ | 馬込ノッティングヒル »

映画で心の旅」カテゴリの記事

毎日が旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/40572514

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷 映画館の掟:

« あっという間に春 | トップページ | 馬込ノッティングヒル »