最近のトラックバック

« こんなことも… | トップページ | 派遣社員の事件 »

上野への旅

 先週、「薬師寺展」を見に上野に行ってきた。行こうと思ったきっかけは田舎の両親が見に行くと言い出したから。なんでもテレビで見たそうで「お寺だと前からしか見えないけど後ろ姿も見えるのよっ」だって。混んでそうだけど、最終週は夜8時までやってるというから私は会社帰りにちょっと見られればいいや、くらいの気持ちで出掛けた。

 上野駅を降りて公園内を歩き出すと向こうから来る人も多いけど博物館に向かって歩いていく人が結構多いのに気づく。やっぱり同じこと考えてる人多いのね。めちゃ混みではないけど常に人の流れは途切れない印象。そして館内に入ると…「あちゃー、結構混んでるわー」古文書や土器が多いけど最前列まで行けない。仏像が見られればいいからとさっさと移動。

 そして仏像ですが…圧巻!薬師如来も良かったけど日光・月光像が最高!通路も考えられていてちゃんと高いところからと低いところからと両方見られるようになっているし。混んでるけどお客さんのマナーも良くて少し待てばそばに行けるし写メ撮ってる人もいない。心洗われる気分。

 パネル写真で仏像の実際の配置も見る。薬師寺には修学旅行で行っているので見ているはずなんだけど全然記憶にないんだよなあ…お坊さんの話がめっちゃ面白かったことしか覚えてない。

 もったいないので場内を3周して満喫する。現金を3,000円くらいしか持たないで行ってしまい(爆)おみやげのTシャツが買えなかったのが残念だったけど、別件で行ってる両親が何か買ってくれてるかも…とちょっと期待する。

 帰り道、博物館の立派な建物に囲まれて心癒される私…昨年のイギリス旅行を思い出す。普段来ないだけで、東京にもいい建物いっぱいあるんだよね!道路標識に「東京芸大→」の表記を見つける。そうかー芸大ってこの辺だったんだー。そうだよぉー私はこういう伝統ある名門校で学生生活を送りたかったんだよぉーと未だ癒されない思いが甦る…。こういう大学で学生生活を満喫できてればな…でもめっちゃ鼻持ちならない人間になってたな、私の場合だと(苦笑)

 月明かりに照らされた公園の噴水も雰囲気よく、月を見上げながら上野駅へ向かう。ルネ・マグリットの「光の帝国」という絵みたい。石畳もきれいに掃き清められているし、こんな暗がりでも安心して歩けるのは日本のいいところ。

 それから上野駅まで来て、つい先日閉店した聚楽台へ。とうとう1度も入らなかった。隣の松竹デパート(ここだけ見ると香港の街みたい…)には頑張ってほしい!そういえば松竹デパートの映画館はなくなっていた。4階が囲碁センターなのにも気づかなかった。つい先日の大阪を思い出す。がんばれよ!

 それからどこかで食事を…と思うけど1000円くらいしかないので高い店に入れず、ラーメンの「一蘭」に入ってしまった。そして完璧なるお一人様客さばきシステムに驚嘆する。そういえば以前新聞で読んだのはこの店だったのか…。でもここまで独房みたくしなくても、と思った。ラーメンは普通においしかった。

 そして大好きな上野駅構内を散策…私の心配をよそに「古奈屋」はまだまだ盛況のようだった。

 すっかり心豊かな気分になり帰路についた。いつか奈良の薬師寺も再訪したいし、上野の他の美術館や博物館ももっと来てみようと思った。

 しかし…後日田舎の両親に感想を聞こうと電話したら、平日午前中に上野に来たらすごい行列、当日券を買うのに1時間待ちと言われあっさりあきらめ浅草観光をして帰ったとのこと。そう、そうなんだよね…東京は良い催しが多いけど来る人も多いのだ。私も以前某美術展で3時間待ちしたことがあったし。東京で文化生活を送るのはなかなか難しいのだった。

|
|

« こんなことも… | トップページ | 派遣社員の事件 »

毎日が旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/41532646

この記事へのトラックバック一覧です: 上野への旅:

« こんなことも… | トップページ | 派遣社員の事件 »