最近のトラックバック

« 疲れやすい | トップページ | 気分はグレープフルーツ »

勝手にキャンドルナイト前夜祭

 おとといの夜、何の前触れもなく突如天井灯の明かりがふっと消えた。それ以降いくらリモコンを向けても一向に点灯しない。一人暮らしウン十年だけど、もちろんこんなの初めて。電球が切れたのかと思ったけど、蛍光ランプ2つに豆電球1つのどれもつかないなんておかしいし…。テーブルランプを点けてパソコン作業を続けたが、暗くてなんだか疲れてきた。(冬はムーディでいいのだが)それに、この天井灯取り付けるのに結構大変だったんだよなー。これを外さなきゃいけないんだと思うと緊張で肩が凝ってきた。

 1年近く使っているからと思い、昨日新しいランプを買いに行った。カードの5%サービスデーでお得に買えたと喜んでいたが、帰り道もっと安いのを発見してしまい、落ち込む。家に帰っておっかなびっくりランプを変えたけど、状態変わらず…weep。修理に来てもらうにしてもそれまで使えないし、日中の作業になるだろうから仕事も早退しなきゃいけないだろうし…といろんな損失を想定して気が沈む。そして昨日も自動的にキャンドルナイトとなってしまった。疲れているときに部屋が暗いのは辛かった。取り扱い説明書を読むが、ちゃんとした家電メーカーではないところなのでサポート体制も貧しく、デザインだけで選んでしまったのを後悔する。今までの天井灯は安物だったけど丈夫だったもんなあ。

 今日、昼休みにメーカーのサポートセンターに電話するが、最寄店に持っていって修理依頼してくださいとのこと。話はわかるけどこれを持って行くのぉ…そしてしばらくの間暗闇生活(;_;)…と午後の仕事中めげていた。こんな時、家電&力仕事に強い男性が家にいればなんてことないんだろうけど…でも一人暮らし、「自分がやらねば誰がやる」明るいうちにやらなきゃと会社からまっすぐ帰宅。

 ちゃんとした高さの脚立がないので新聞紙を広げて重ねて台にして、その上に椅子をのせて天井に手を伸ばす(いつかケガするぞと思いつつ)…何回か試行錯誤の後、天井灯の取り外しに成功。その時ふっと「店に持って行く前に機能検査だけしてもらおう」と思いつく。このランプを買ったとき取り付け工事をしてくれた店(ソケットの型が古くて普通に取り付けられなくて新しい型のソケットに付け替え工事をしてもらったのだ)にリモコンと天井灯を持っていった。結局、リモコンの電池切れでもなく、店の電源ではちゃんと明かりもついた。壊れているわけではなかったのだ!

 たぶん、電源の接触不良だろうとにらみ一から慎重に取り付けてみたら…ちゃんと点灯!この2日間は何だったのというくらい部屋の中が眩しく光り輝いていた。土曜日の地震のせいでソケットがずれたのが原因か…?こうなると新しい電球買ったのを後悔してしまう。それに2灯は眩しすぎ!節電も兼ねて片方だけにしとけば良かった…とぜいたくな呟きが出てきてしまう。それと「一人で問題を解決できたぞ!」という満足感。「早く、助けてくれる優しい彼を見つけなきゃ」という方向には行かないんだよな…(苦笑)

 今日、キャンドルナイトの時間だけは天井灯を消したけど、パソコンにテレビにテーブルランプにアロマランプに蚊取り器に扇風機と、電気使いまくり。いかんなあ。

 「便利すぎない生活」を心がけているけど、やっぱりまだまだ甘いと気づかされた七夕の夜だった。

|
|

« 疲れやすい | トップページ | 気分はグレープフルーツ »

エコロジー」カテゴリの記事

人生ひとり旅-独身生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/41766605

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手にキャンドルナイト前夜祭:

« 疲れやすい | トップページ | 気分はグレープフルーツ »