« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

8月31日の清里

 8月も末になると思い出すこと。8月中観光客でごった返した小海線からすうっと人がいなくなり、うそのような静寂が訪れる。日差しはまだまだ強いけど時折吹く風が冷たくて、秋の気配。そして赤とんぼが乱舞する甲斐大泉駅のホーム。よく見るともうすすきの穂が出ていたりして。

 学生時代、清里の隣の大泉で住み込みのアルバイトをさせてもらった。翌年そのまま就職したけど、同期の子に耐えられず毎日最悪の日々。8月末に、思い切って休みをとり日帰りでバイト先へ。前の年一緒に働いたバイト仲間がまた来ていて、パパさんママさんも相変わらずで。忙しいからお邪魔にならないよう勝手に休んで、勝手に癒されて帰ったように思う。その後も会社生活に行き詰ると大泉を訪ね、充電していた。小淵沢から小海線に乗り換えるときはドキドキした。緑のトンネルの中を走っていくあの感覚。夏もいいけど紅葉の時期の風景も素晴らしい。

 清里へは、学生時代のグループ旅行で来たのが最初だった。バンダナの部分だけ色違いにして、みんなでお揃いの麦わら帽子を買ったっけ。その麦わら帽子は、つい最近まで部屋の壁に飾ってあった。

 あの時のブームは安っぽかったけど、間違いなく自分の一時代だし、なつかしく思い出す。安っぽいとわかっていてもおみやげ屋めぐりも楽しかった。にんじんジャムとかぼちゃジャムを買って大切に食べていたなあ。とにかくあの頃を思い出すとキラキラ眩しく、希望にあふれ、楽しかったという記憶が甦る。

 その後会社もやめ、清里方面からは足が遠のいていた。海外旅行に興味が移ったのと、元のバイト先を訪ねるにしても「その後の人生が発展していないと」みたいな雰囲気があって独身フリーターの身では行きづらくなったからである。当時の仲間達と人生の進路が違い、疎遠になってしまったのも大きい。そんなわけで私にとって清里方面は近くて遠い場所になってしまった。毎日の生活に追われて忘れていたが、ここ2、3年で夏の終わりの清里のことを急に思い出し、行ってみたいと思うようになった。あの風景が見たいのだ。とんぼが乱舞する大泉駅のホームの風景を。

 あれから何も発展していない私。別にそのことを卑下するつもりはないが、実際その場に行ってみてどういう気分になるのだろうか。やはり挫折感で打ちのめされるのだろうか。そして変わってしまった風景を見て愕然とするのだろうか。

 今年はちょっとチャンスだったのだが、天気も悪そうだし、このあと旅行が控えているから節約したいし…みたいな感じでまた見送ってしまった。でも秋になって落ち着いたら思い切って訪ねてみようと思う。自分の中で何かけじめをつけるために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オリンピック終了

 オリンピックが終わった…脳みそが沸騰したような17日間だった。いろんな競技をじっくり見たいから、少しずつ長めにやってくれたらよかったのに。今はひたすら脱力感。

 オリンピックイヤーの生まれなので、オリンピックは人生の節目と共に思い出す。今まで覚えているオリンピックは…。

 記憶の始めはミュンヘンかな。バレーボールで盛り上がった。「ミュンヘンへの道」も見たなあ(笑)東ドイツの女子水泳選手の肩幅にびっくりした。テロ事件にも驚いたけどなんだかよくわからなかった。でも最近映画になったほど昔のできごとなんだよね。

 それから一気に飛んでバルセロナ。当時悩めるOL。眠れない夜テレビをつけると、飛び込みの試合をやっていた。屋外のプールで、バルセロナの丘の風景を背景に次々飛び込んでいく選手たち…。美しいがシュールな光景だった。その時の自分の空虚な心情と共に思い出す。

 次のアトランタ。会社をやめてプータローで迎えた。競技のことは覚えてないけど心はずんでいた。

 シドニー。1年あまりの仕事を終えて旅行中の、四川省の成都で迎えた。宿のテレビで開会式を見ていて、日本選手団の虹色のマントに腰を抜かした。日本の恥だよ~(笑)上海の宿で映りの悪いテレビを見ていたら、ヤワラちゃんが映っていて、あれよあれよという間に金メダルをとっていた。あの時の中国にまた帰りたい(涙)

 アテネ。約2年にわたる低迷期を脱して久しぶりにまともな時給の仕事に就いてほっとしていた。毎朝起きると誰かがメダルをとっていて嬉しかったけど、会社帰りに寄り道してラーメン屋に入って流れているラジオを聴いていたら、井上康生選手が敗者復活戦で負けるところだった。耳を疑った。目黒線沿線で働いていたあの頃は毎日旅気分で楽しかった。

 そして、今回の北京…。微妙に勝ちきれない感じもあったけどトリノよりはいいか…。北島選手の2連覇は嬉しいけどコメント等がどんどん大人しくなってくのがさみしかった。もっとハジけてほしいのに。個人的には大殺界なのに平穏でありがたい日々を過ごしていて、不思議な気分。でもいつこれが最後の平和な日々になるかもわからない。今は自分の中では全然まとめられていないけど4年後はどのシーンを思い出すのだろうか。4年後のお楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏バテ、そしてオリンピックバテ

 今朝はいつも通りに目が覚めたが、布団から立ち上がった瞬間妙なふらつきが…。この瞬間「あ、今日はやばいかも」と思う。少し休んでもう一度起き上がったけど、やっぱりイヤな感じ。頑張れば会社に行けないこともないだろうけど今日は休むことにして布団に戻る。横になっていれば平気なのだけど、起きるとふらついて気分が悪くなるのだ。身内にメニエール病持ちがいるので緊張が走る。

 眠いわけではないので寝たまま朝のテレビ番組をはしごして、昨日の余韻にひたる。ひと寝入りすれば直るかな、と思って1時間ほどうつらうつらしたけどやっぱり起き上がると調子悪い…。朝食をとらねばと思うが起き上がると気分が悪くなるので何も食べられない。でも、横になっているときと起き上がったときとの落差がいけないのだと思い直して枕を背もたれにして座る格好に。これでだいぶ調子よくなってきた。

 昼くらいからはだいぶ復活してきて、ずっと起き上がった状態でいられるようになったので、駅前に行って振込みや買い物をしてきた。涼しい日で助かった。

 こうなってしまった原因だけど、やっぱり夏の疲れと連日のオリンピックによる疲れかなあ。毎日睡眠不足気味なところへオリンピックでいろんな競技が次から次からあって興奮しっぱなし、身も心も休まってなかったと思う。「今日は早く寝るぞー」と思っていても夜中のダイジェストを延々見てしまうし。

 でも、今日一日休んで充電できたと思う。今日は夏の終わりみたいな気候だし、今年は夏が過ぎるのがすごく早く感じた。それだけ自分もトシってことね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金メダルおめでとう

 女子ソフトボール、金メダルおめでとう!やったね!!願かけも兼ねてなでしこと共にテレビ観戦はおあずけ。なでしこの方は残念だったけど、ソフトボールの方はやってくれました!2度負けてるアメリカに勝つなんて、すごいよ(涙)

 今回出場したチームもさることながら、宇津木前監督を密かに応援していた私。私は「プロジェクトX」の宇津木監督の回が大好きで、以降ずっと応援してきたのだ。予選から、試合と共に宇津木前監督のやさぐれたコメントも楽しみながら見ていたけどさすがの前監督も勝利の瞬間は解説を忘れて叫んでた。そうだよねぇ(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)

 もう今夜は思う存分騒いでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

似てる似てる!

 少し前になるけど、オリンピックのバドミントンを見ていて思ったこと。

 末綱選手…J1大分のコバリョウ選手に似てる(笑)

 それから女子レスリングを見ていて…伊調千春選手、お兄ちゃん顔で誰かに似てるよなーとアテネ大会の時から思っていたけど似てる人発見!J1名古屋の深井選手です♪(輪郭が違うけど)ニカっと笑うとさらに似ている。

 そして金メダルの吉田選手も誰かに似ててしょうがないけど、誰なんだ誰なんだ…というモヤモヤがアテネの時から続いていたけど、やっと思い当たった!!横浜の山瀬選手(兄の方)でした。意外と身近なとこにいたのね(爆)

 なんで今まで思いつかなかったんだろう…アテネ以来、4年越しの胸のつかえがとれました。(苦笑)

 くだらない話、失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バカンスは献血から

 今日から会社はお盆休み。平日休みなのって久しぶりだ~(昨年の今頃は毎日がバカンスだったけど)。まずは私の夏行事、大洗濯。カーテンや毛布やラグを何日かかけて洗い上げるのである。カーテンはもう洗ったので今日は2枚ある毛布のうち1枚をコインランドリーへ持っていって洗濯、ベランダに干す。その後何をしようか考えた結果、結局新宿へ。新宿へは仕事や習い事で週6日通っているんだけどね(爆)でも昨年・今年の経験から、暑い時は出かけて外で涼むのが一番なのである。

 お昼ご飯は…MUJIカフェに行きたかったけどワインのサービス券忘れたし、アルコール飲むと献血できないし…とぶつぶつ迷ったあげく、駅中のBeckersへ。かねてからここのローストビーフロールのセットに惹かれていたのだけど、いかんせんこの店は席が少なくいつも混んでいて居心地最悪だし、時間帯的にもトライする機会がなかったのだけど、こんな日のランチにちょうどいいじゃんというわけで利用。やっぱり混んでたけど少し待ったら座れたし食べてみたかったものも食べられたし満足。

 それから、本日のメインイベント(?)、献血!普段の日なかなかできないもの、となるとこうなってしまうのである(苦笑)。人のためにもなり、自分の健康チェックもできるので(成分献血だと全血より細かいデータが教えてもらえる)ありがたく利用している。昨年の献血結果で肝機能の値が少しおかしいことがわかり、以降の経過観察のきっかけにもなったし。

 ところが…前回に続き今回もヘモグロビン値が足りず献血できなかった。5月6月に比べ体調は良く疲労感もないのに10.2しかなかった…(@_@)毎日レバーペーストを食べているのに(;_;)

 それで次なる予定、映画ということになったが夏休みなので混んでいてどこで何を見ようかなかなか決められず結局「白い映画館」(新宿ピカデリー)で「ドラゴン・キングダム」を見ることに。上映まで時間があったのでMUJIカフェでお茶。ディナータイムは割高だけど、お茶+ケーキなら割安でいいかも。天井の高い空間、大きい木のテーブルでのんびり。周囲はなんでか韓国人の女の子2人連れが多く韓国語が飛び交っていた。

 それから映画。えーっアメリカ映画だったんだー。中国人同士英語で話すことないのに…(涙)久々の李連杰、山本譲二と化していた(爆)アクションは良かったけど、やっぱり香港映画で見たいよぉ(;_;)(;_;)ストーリーテラー役の欧米人の子、いらん!こんな作品でももう香港では資金力がないんだろうか(涙)金像奨もなくなったし。

 本当はその後図書館に寄る予定だったけど間に合わず帰宅。夜空の中はためく毛布を取り込みつつオリンピック観戦。反町ジャパンだめだったか…。泉選手やスエマエの話が出てこないのでダメだったのかなあ、くらいの予想はつく。

 そんなこんなで明日からは田舎で涼んでこようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

超爽!!!

 奇跡が起きた…!なでしこ勝ったねhappy01soccerhappy02

 今日は怖くて試合が見られなかった…さすが、私が見ないと勝つなあsmile

 ソフトボールも勝ててよかったね。野球系は毎回肩に力が入りすぎで勝てないけどのびのびやってほしいな。

 谷本選手の一本勝ちもよかった。

 今日は幸せな一日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

保冷剤の再利用Ⅱ

 冷凍庫の肥やしになっている保冷剤、今年はアイスノンの代わりとして利用している。まずは寝る時に首の下とおでこの上に乗せて首筋とおでこを冷やすと寝つきやすい(水滴がつくのでタオルなどで包むこと)。でも、私の場合寝つきは良くても朝起きると寝違えたみたいになっていることが多く(枕をしないので)、寝る時に使うのはやめた。

 次に、起きているときヘアバンドの中に入れて頭を冷やすことを思いつく。太めのヘアバンド(ロナウジーニョみたいな)の中に小さめの保冷剤を入れる。おでこ、後頭部、頭の両脇が基本。もっと冷やしたい人は小さいのをたくさん入れればOK。これだとケーキ用の小さい保冷剤も有効利用できる。

 見た目はかなり悪いけど、こんなのが許されるのも一人暮らしならでは。一人暮らしでよかった(^_^)

 エアコンの電気代も節約できるので、見た目を気にしない方はお試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

若者は日常に耐えない

 宮崎駿監督の、ここ数日の特集番組中での言葉。

 「いつの時代も、若者は日常に耐えない」この言葉のあとに、「この日常が永遠に続くのかと思うと絶望的になる…」というような言葉が続く(ウロ覚え)

 そう、そう、そうなんだよ…私も25歳くらいは退屈な日常にゲンナリ、意味もなくイライラしていた。仕事で机の前にじっと座っているのが耐えられなかった。今よりも交友も広くイベントもたくさんあってワイワイやっていたけど心がどこか空虚だった。だから秋葉原通り魔くんの気持ちもすごいよくわかる。この生活が永遠に続いて上昇できないのかと思うと絶望的になるんだよね。

 でも、あのイライラ感は何だったんだろう。今の生活の方がずっと地味だけど心穏やか、幸せ感がある。私の場合は周囲の人に当たりまくったあげく「30歳で全て挫折、人生を一旦リセット」というのが分岐点になっている。心身は健康だけど、対外的な成長・発展(仕事でキャリアアップとか家庭を持つとか家を建てるとか)は一切できていない。

 それで、監督は「それを乗り越えた自分が今、若い人たちに教えたい」みたいなことを言っていた。

 監督は表現の世界で成功されたので「乗り越えた」と言えると思うが自分の場合はこれでいいのか…。

 ともかくも「20代の、日常に対するイライラ感は普遍的なものである」と教えていただき久々に目からウロコの言葉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日の一句

 「めでたさも 中くらいなり なでしこジャパン」


 以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一人祭りの7月

 あっという間に8月だけど、夏は7月が勝負さというわけで、一人レジャーをいろいろ。

 まず職場にあまりに近すぎて行ったことがなかった「ルミネざ・よしもと」。テレビでよく見る人たちがフツーに出てくる。売れてる人はやっぱり勢いがある。普段お笑い番組を見ない私でも結構楽しくて笑いっぱなしだった。入場料がも少し安ければね。

 それからサッカーの試合を国立と味スタで。何試合か見て、F東戦とヴェルディ戦では席割りとか入場料が微妙に違うこととかがわかった。今後の参考にしよう。久々のヴェルディ戦は、サポーターが増えていてほっとする。売店の位置とか利用法も大体つかんだので、今度はタコス食べながら見ようっと。

 それから以前から行こうと思っていた都内某所の岩盤浴へ。天井が高くのびのびできる空間だったけど、男女一緒なのが盲点だった(爆)。たっぷり汗をかきデトックス。温泉施設で食事もできるので、1日過ごすつもりで来るといいかも。帰りは三鷹からだらだら歩いて吉祥寺まで。玉川上水沿いの風景が心地よい。思いがけず心の洗濯もできた。

 それから、夏といえばここしかない、神宮球場!スケジュールを調べたら8月はプロ野球の試合があまりないので「今日行くしかないでしょう!」と出かける。やっぱり神宮の雰囲気最高。スタンドの上に広がる東京の空が美しい。この空が見たくて来るのだ。「代打、オレ」Tシャツがもう買えないことや、ヤクルトの選手に知ってる人がほとんどいなくなっていたことが少し哀しい。あと1塁側に居たのに周囲がトラファンばっかりだったのがチョイ怒りpoutだけど、風船が宙を舞う姿は幻想的だった。2年前この近所で働いていた日々のことを思い出しながら帰路についた。やっぱり神宮は夏まっさかりの時がいいよね!

 …てなわけで、8月はもう夏の終わりに向けてカウントダウンの気分なのだが今年は体調もいいし、おばさんなりに夏を楽しんでいきたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »