« パティシエの恋 | トップページ | 魔境の10月 »

阿佐ヶ谷で昭和への旅

 阿佐ヶ谷のラピュタという映画館が前から気になっていたけど何だかアニメばっかやってそうで今まで行ったことがなかったのだが、とうとうラピュタデビューしてしまった…。ついでに遅まきながらこれが阿佐ヶ谷デビュー。隣の高円寺と、荻窪はそれぞれ仕事で行っていたことがあるけど阿佐ヶ谷だけすっぽり抜け落ちてしまっていたのだ。

 まず駅が立派でそれだけで嬉しいのと、駅を出た瞬間「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!」漂いまくる昭和の香り。駅前の路地、最高!映画やめて散策にしようかと思ってしまったほど。なんでもっと早く来なかったんだろう(感涙)70年代ノリの喫茶店もあるし、とにかく町並みが最高!よくぞここまで残ってくれた!

 映画館の方は、スクリーンが大きいわりに奥行きがなくてすごい見づらい映画館で、外観に金かけなくていいからもっとシンプルに映画を楽しめる造りにすればいいのに(商店街の町並みともなじんでないし…)と思ったけど、まあいいでしょう!

 映画の方も、すっかり「昔の日本への旅」ではまってしまった…(スクリーンが近すぎだったけど)

 帰りは駅周辺を散策。レトロな喫茶店が未だ健在だし、帰りは天六筋商店街のようなパール商店街を散策して帰ったのさ。幸せ(^_^)

 しばらく、自分の中で阿佐ヶ谷ブームが続きそう。

|
|

« パティシエの恋 | トップページ | 魔境の10月 »

毎日が旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/42955651

この記事へのトラックバック一覧です: 阿佐ヶ谷で昭和への旅:

« パティシエの恋 | トップページ | 魔境の10月 »