« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

長いトンネルの1月

 今日で1月が終わり~。毎年、この時期は冬眠の時期というか、いつも疲れてて眠くて活動的に動けない感じなのだが、今年もそんな感じ。

 まず、昨年患った帯状疱疹がなかなか直らず皮膚科再診。結果、帯状疱疹が直った後に別の湿疹になっていたことが発覚。直って良かったけど通院のため貴重な土曜日の午前中が2度つぶれる。

 それから、ストレートパーマとカラーリングのため美容院に行きたかったのだが、とある日曜日の3時すぎに行ったら「今日は受付締め切りました」だって…(泣)行き着けの美容院の先生も体調を崩されて仕事をセーブしていて、自分の都合のいい時にやってもらえないことがある。おかげでいろんな予定が1週間ずつずれてしまった。翌週、今度こそはと早めに行って無事やってもらえたけど、結局美容院で1日つぶれる。しかも今月は2度。白髪が気になっていたのでカラリングしてもらってほっとしたけど、次回がまた難儀だ。

 それから、見にいきたい映画がたくさんあったけど体調を考えかなりセーブした。無理して見にいったら翌日熱が出て寝込んだのには自分でもびっくり。またカウチポテト生活に戻ることも考えなければ。

 お年玉つき年賀状の当選番号が発表されたので念のため調べてみたら、末尾95が3枚もあってびっくり。(94で切手シートが当たる)見事な外しっぷりに苦笑い。しかもうちに来た年賀状は10枚しかないので、いろんな意味ですごい確率というか。

 それから、3ヶ月ぶりに古新聞を回収に出したのだが(前々回は出し忘れ、前回は旅行と重なったため回収に出せず)、なんと、回収されてなくてショック!いちおう当日8時までにアパートの階段下に出すことになっているのだが、朝時間がないので前の晩から出しておくことが多い。今回は雨が降りそうだったので無理して当日朝出したので気付いてもらえなかったのか?古紙回収は配達とは別の業者がやっていると思うんだけど…。来月までこれらの古紙を保管しておかなきゃいけないのが憂鬱(u_u。)

 そんなこんなで間の悪い1月だったが、来月からまた歯車がうまく回ってくると思いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

熱発ダイエット

 おととい、体力が少し気になりながらもその日までしかやっていない映画があって見に行った。帰り道、ふくらはぎがだるく足が重いなと感じつつ帰宅。暖かくして早めに寝たつもりが…足が寒くて寝つけない。いつもは足下のあんかで充分暖かくなりすぐ眠れるんだけど、足全体が冷たくて、あんかをあちこちに動かすけどうまく暖まらなくてずっとふとんの中でもぞもぞ。あと、鼻がつまってうまく呼吸ができない。やっと寝られたと思ったら夜中に目が覚めた。ちょっとテレビをつけて、オバマ大統領の就任式を夢うつつで見る。この時点で「明日は会社休もうかな…」と思いながらまた眠る。

 朝、目覚ましで時間通りに起きるけど「もう、会社は休む」と決めてまた寝入る。会社に休暇の連絡をしてから(うつらうつら。暖かい飲み物でもと思うけど起きてお湯を沸かす気力がなく起きられない。結局昼近くまでウトウトしてしまった。やっとのことで起き出して、コーヒーを入れてパンひとかけらを食べるけど食欲ゼロ。眠っていた方がいいんだろうけど、せまいわが部屋はふとんを上げないと昼間モードにならないので、けじめのためふとんは片付ける。

 うーむ、無理すれば動けないことはないんだけど、このビミョーな調子の悪さは何だろう…胃ももたれてるし。たかが映画でこんな調子悪くなるなんて…と思いつつ、ふと思いついて久々に体温を計ってみた。

 そしたらなんと、37.8度!立派な発熱である。私は普段低体温気味なので、37度台になるだけですごいことなのである。これで調子の悪さにも納得がいき、あとは対策のみ。

 まずは食料の買出しに行ってから、厚着をしてこたつにもぐり込み、毛布をかけ、本を読んだり昼寝したり。夕食の頃にはかなり調子が戻っていた。

 夜はお風呂でしっかり温まってから、また厚着をして湯冷めしないうちにふとんへ。あんか要らずですぐ寝付けて、翌朝はすっきりお目覚め。

 …てなわけで1日で復活できてよかったけど、一番驚いたのがあんなに減らない体重が1日で1キロ減ったことだった。やっぱり体の冷えが原因だったのかな。

 低体温の人にはたまの熱発もいいかもしれない。休みやすい仕事と有給休暇に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画は体力だ!

 今週末、上映時間の長い映画を2本見た。年明けはなぜか昔の名作の再映が多くて時間のやりくりに苦労する。

 1作めは「天井桟敷の人々」以前に見ているけど内容あんまり覚えてないからもう一度ということで見に行ったのだが、もう唖然というか…「既視感」の反対の「未視感」(という言葉はないと思うけど)というか、とにかく内容に全く覚えがなく初めてちゃんと見た感じ。オープニングの風景とパントマイムの男性は記憶にあるんだけど…ひょっとして見た気になっていただけなのかもしれない。

 2作目は「アラビアのロレンス」これも年末に上映を知り、見にいかねばとは思っていたけど上映時間4時間にびびってなかなか見に行けなかった。実は先々週に一度見に行ったんだけど、朝起きられなくて出掛けるのが遅れてしまい、映画館に行ってみたらいい席はもうなくて(それでも上映1時間前)、どうせならいい席で見たいとやめて帰ってきたということがあった。

 今週はシュミレーションもばっちりなので(笑)、前回より40分くらい早めに映画館に着いたらいい席もとれて、無事見ることができた。しかし…館内が暑いのと、画面が大きすぎるのと、席が狭くて足が伸ばせないのが気になり前半はなんとなく集中できなかった。

 映画の感想は…「若い頃見ていたらもっと純粋に感動できたかな」まず、現地人同士が英語で話してるのが気になるし、こんな気のきいたセリフ言わないよなとか、アラブ人の描き方が実態と合ってるのかが気になってしまった。この時代に、英語のうまいアラブ人をよく探したなと思っていたら、エンディングクレジットで大半が欧米の役者さんとわかったし(苦笑)でも、圧倒的物量で大作・名作なのは間違いない!史実や地理のことをもっと勉強してから改めて見てみたいと思った。

 しかし最近、体力がなくなり2時間の映画を見るのですら気合が必要…。コンタクトを外してめがねにするとか、靴を脱いで足を休めるとか、見ている最中にもいろいろ工夫が必要になってきた。足を伸ばして映画を見られるところないかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

エグザイル/絆

 2009年初映画は、杜琪峰監督の「エグザイル/絆」だった。初映画が「アラビアのロレンス」や「K-20」を押しのけてこの作品になったのは、やはりご縁だと思う…。香港映画はやっぱり(・∀・)イイ!

 主要キャストは「ザ・ミッション/非情の掟」とほぼ同じなので、最初は続編なのかと思ってしまったよ、ボス役までも同じだし(笑)もうこの4人は鉄板だね、4人で並んでるだけでいい感じ(*^0^*)この4人+引っかき回し役の人(今回は張家輝)という組み合わせでストーリーが進んでいく。映像は相変わらずスタイリッシュだし、もう杜琪峰ワールドの王道という感じ。

 任賢齊がどこで出るか、出るかと思ったらそこで出るか~とか、敵役のチョイ役に名前はわからないけどPTUにもチョイ役で出てたアキバ系のあの人がっ!とか久々の再会が楽しく、杜琪峰ワールドを満喫いたしました。張耀揚は年齢を重ねるごとにいい感じでアクが抜けていってる稀有な人。悪役ばっかやってた昔より深みがあっていいわ~(はあと)というか昔がエグすぎたのか(苦笑)黄秋生や呉鎮宇も程よくシェイプアップされていい年のとり方。林雪だけ変わらず(爆)おデブな人は年齢が出なくてトクかもしれない(笑)

 このところ映画を見る体力すらなかったのだが、この作品を見て元気出たよ!今年も香港映画道を邁進するぞ!

 でも(小声で)「ザ・ミッション/非情の掟」の方がやっぱり好きかな…(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年の目標

 毎年、1年1年が過ぎるのが早いなあ~。

 昨年のブログを読み返してみたら、目標として「アサーティブをきちんと身につける」と書いてあって自分でびっくり。そんなことすっかり忘れていた~(苦笑)というか、アサーティブを必要とする場面がなかったのである。競争のない平和なポジションで働けて有難かった。

 今年の目標はというと、やはり旅行に行きたい!海外では香港と、あとどこか1都市。ニューヨークかロンドン、または別の都市でも。円高だしサーチャージも安くなる今がチャンス!とは思うのだけど、まずは3月末の更新をクリアしてからだな…。国内旅行もちょこちょこしていきたい。関西と福岡が狙い目。

 あとはひょっとして引越しあるかもとか、不景気の波が自分にも来るかもとか不安はあるのだが、しなやかに乗り越えていきたい。

 でも、一番の願いは世界平和と両親の健康だな。これは目標じゃなくて希望だけど。本当は自分のことなんてどうでもよくて、これがなければ私は何も始まらないのだ。

 しかし、40代独身で定職のない私の目標がキャリアアップとか収入アップとかじゃなくて旅行だってのも…(苦笑)でも、この目標が達成できるように働きましょうってことで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウシ年だ!

 ウシ模様のヤギだって( ^ω^ )

 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090107-00000012-tkwalk-ent

 そういえば昔ウチには、ウシ模様のイヌがいたなあ…(遠い目)そうか、あれからもう干支ひと回り以上したのか…成仏できないくらい、毎日思い出している。

 やっぱりイヌと暮らしたい(*゚ー゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

年賀状

 毎年頭を悩ます年賀状だけど、人間関係がうまーく整理されてきて、「出したのに来なーい(u_u。)」とか「出してないのに来ちゃった( ̄Д ̄;;」とかの入れ違いが少なくなり、快適快適。ただ一人、リストに入れ忘れて年賀状を出さなかった子がいて、その子からも来なかったのだが、細い糸でもつないでおきたかったからちょっと残念。でもまた何かあれば出そうと思う。

 私の場合「年賀状だけの人」と「つきあいだけの人」にきっちり別れるようだ。毎週会っている習い事の友人など、普段親しくしている人ほど年賀状を出していなかったりする。年賀状も、もうやめたい人もいるのだが私くらいの年代はまだアナログな人も多くてこれのみが連絡手段の人もいるからなあ。もっと密に付き合いたい人は、メールなりなんなり別手段で連絡しているし。

 ところで昨日、よその家宛の年賀状が誤送されてきた。出掛けるとき年賀用ポストに戻せばいいやとそのままにしていたが、夜中にふと住所を見てみると、当然ながらご近所。「そのまま持ってった方が早いわ」昼間に気付けばよかった。早速地図で場所を確認(今、こういう仕事をしているのでお手のもの)、近くはよく通っているけどいまいち足を踏み入れない場所だった。

 そして今日、いちおう葉書を持って出勤したけど結局ポストには入れず、会社帰りに地図で確認した辺りへ。でもこの辺り…と思った辺りは昔ながらの農家。別のアパートに回り込んだりしながらその辺をウロウロ。あて先にはマンション名が書いてないから部屋番号+名前で確認するしかない。そうこうするうち農家の隣に小さいけどしゃれたエントランスのマンション発見。

 なんか、エントランスに入るだけでウキウキ、ワクワクする。夕方の街歩きのあの高揚感。「このドアの向こうに、どんな生活が…」と思っただけでなんかドキドキするんだよねえ。結局集合ポストに目指す人の苗字を発見、年賀状をお届けしてきた。1日遅れてごめんね。

 近所だけど普段行かない場所なので、近所でもまだまだ知らないところたくさんあるんだー(o^-^o)と新しい風景を見つけた充実感と、ちょっとした冒険心を味わったひとときだった。人の年賀状でも結構楽しめるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年始まり

 帰省先から戻って来た。毎年年末の帰省が憂鬱なのだが、帰ったら帰ったで実家からアパートに戻るのが億劫になるのである(慣性の法則)。両親も年々弱っているので不安だし。特に母、以前は「今年は何も作らないからね」と言いつつ鬼にように料理を作っていたが、本当にあまり作っていなかったのでびっくりした。そういえば去年から既にそうだったなあ。1年たってすっかり忘れている。自分の中では未だに50代くらいの現役バリバリの母のイメージで固まっているのである。今年は紅白も見ないで寝てしまったのでそこまで体調が悪いのかと緊張が走ったが、ひと晩寝たら復活したようでよかった。今年からは年末早めに帰って野菜のおかずひと品くらいは作ろうと思った。

 昨年は派遣切りとかあって書きたいこともいろいろあるけどおいおい書いていこうと思う。派遣切りが経済災害と認識され始めて支援の輪が広がっているのは嬉しい。自分も何か役立ちたい。でも実際派遣をやっている人に会うと「あちゃー」な人が多いのも事実なわけで…。能力がそんなにない人でもそれなりに生きていける世の中にするにはどうしたらいいのか。

 自分に関しては、不景気の時は相対的にいい暮らしができる(安くて空いてる旅行ができるとか)とか、シンプルライフ実践には好都合なので、自分の仕事が切られない程度に不景気が続いてくれた方が世の中が適正になって…と思わないでもない。

 今の仕事も期間限定プロジェクトなのでいつかは終わるのだけど、その時に不景気の波が落ち着いていることを祈るのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »