« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

今年の展望

 2年前から恒例になっている年初の占い、先日やっと行くことができた。理由は鑑定料…今の仕事の契約更新が決まるまで申し込む気になれなかったのである。1万円でも無職となれば貴重だから。

 自分のことより世界情勢の方が心配だけど、とりあえず嵐の中でもなんとかやっていけそうとのこと。元々自分ではあまり不安に思っていないのだけどね。何しろ世間と逆行して生きているので、不景気になればなるほど相対的に自分の暮らしが良くなるというか。やはり大混乱は来るみたいだけど、新しい波の方に乗っていってみようと思う。子供とか、背負ってるものがなくて本当に良かった( ^ _ ^ )

 最近身の回りに多発している小さなトラブルも、今年いっぱいはしょうがないとのこと。自分のせいではないので粛々と対処していくのみ。

 キーワードは身辺整理だって。自分の中で感じている「環境の変化が起こりそうな予感」とも合致するので、なるべく荷物は少なくしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

公元2000AD

 この作品は2000年の作品だけど日本では映画祭での上映のみで、確か一般公開されなかった(はず)。当時すごーく見たくて公開を心待ちにしていたのだけどそれっきりに…。私の中では幻の作品だった。

 ところが先日の香港映画特集で上映されているのに途中で気づき、張り切って見にいった。

 感想は…何十年も探していた昔の恋人にやっと会えたような感じかな。話の断片だけいろいろ聞いていただけに良いも悪いもなくとにかく「こういう作品だったのね~」と満足した。アーロンがまだ若いし、アクションもキレてるし、画面全体からパワーがあふれてて香港映画の王道。「イサベラ」で狂わされた調子が元に戻った感じ。やっぱり香港映画はこうでなくちゃね。

 しかし…この雰囲気ももう過去のものなんだよね。2000年以降、韓流に押されて公開作も減っているので香港映画の流れがつかめてないけど衰退してるのは確か。スターもどんどん年とってるし…たぶん、この頃が「香港映画最後のひと花」だったんだろうな。

 作品は楽しんだけど、香港映画衰退を思って哀愁も感じた。最近はDVDだけの作品も多いようだから、早いところプレーヤーを買って2000年以降のおさらいをしようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イサベラ

 昨年からの中国映画特集~フランス映画特集に続いて息つく暇もなく(?)始まった香港映画特集。1度見た(けど内容覚えてない)作品が多いなか、未見だし主催者のイチ押しっぽいから見に行ってみた。

 しかし…オープニングクレジットから王家衛作品のパクリじゃ~。全体に緑がかったレトロ調の画面とか、カット割とか、音楽とかも全く王家衛作品のマネなんですけど…。そして全くの二番煎じ(ため息)。見ていても作品に入り込んでいけない…この違和感はなんだろう。

 まず、舞台が99年のマカオなのだが、私が同時期のマカオに実際に行ったことがあるため「こんなレトロな雰囲気じゃねえよっ」と思ってしまったというのがある。当時のマカオの風景は別に緑がかってなかったし(笑)ラテン音楽が流れているわけでもない。設定を60年代とかにしてくれればよかったのに。というか99年がつい最近って思うのは自分だけで、結構昔ってことなのか(苦笑)

 それからやっぱり役者だね。主人公が杜汶澤ってのが…(涙)いや、確かに彼は得がたい俳優なんだけど…他に誰か居なかったの?(苦笑)十代の娘がいるという設定にしては若すぎるし、存在が軽くて無頼というよりだらしない人にしか見えないし、変にモテているのも納得いかないし…。ラウチンとか、40代でもう少しイケメン系で重みがある人がやれば良かったのにーと思った。予算なかったのかな。女の子は栗山千明みたいなきれいな子だったけど、彼の娘には見えないし(笑)

 同じように作っていても、完全に夢の世界を創り上げるという点で王家衛はやっぱりすごいのだった。シロウトは下手にマネしちゃだめだね。でも、あと、同じ作品でもレスリーやアンディがやればもっと雰囲気が出せたと思う。やっぱりスターって意味があるんだなと思った。

 変な夢を見た後のような疲れを感じながら映画館を後にした。わざわざこの作品を選んできた主催者のセンスにも違和感…。香港映画よどこへ行く。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

恵方巻き

 ここ数年、関東の方でも売るようになった「恵方巻き」。子供の頃の経験から断じて言うが、あれは関西のすし屋の陰謀ですから!40代以上で、関東以北の人はたぶん全くやった経験がないと思う。

 そんなわけで今年の方角も知らないし買おうとも思わないが、近所のあまり大きくないスーパーで、惣菜コーナーのかなりの部分をつぶして恵方巻きを山のように売っていて、びっくりした。きっと仕入れ担当者が関西出身で「恵方巻きはとても大事だ」と思ってたくさん仕入れたのかなと思う。値段がいくらかなのも見なかったけど、あれって一人一本買うの?関東だったら、せいぜい家族で一本がいいとこじゃないかと思う。

 お店の人は張り切って並べていたけど、全部売れるとはとても思えない。アーメン…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝デニ!

 念願だったデニーズのモーニングセット、やっと食べることができた。たかがそんなこと…なんだろうけど、朝が弱くて疲れやすい私にとって、休みの日の午前中に出掛けるのは至難の技なのだ!年末から続く、美容院や病院通いがやっとなくなり、体調も整い、晴れて行くことができたというわけ。

 うるさい家族連れやガラの悪い若者が多そうということでファミレスはご法度だったのだが、このところ来店者が減っているという。そして各店ともモーニングに力を入れてるんだって。朝メニュー好きな私は、そうとなれば行くしかない!

 HPによると11時半までやってるらしいんだけど、どの店がモーニングをやってるかも書いてないし、行ってみないとわからない。電車で行ける店で、最寄と思われる某店に行ってみる。

 表のメニューは通常メニューだったので一瞬ひるむが、ここまで来たのだからと店内に入り、店員さんに「あのーモーニングやってますか?」と聞いたら…OKでした( ^ _ ^ )店内は休日の朝をゆったり楽しむ中高年が多く、香港の飲茶屋にも似た雰囲気でなかなかいいんじゃない?コーヒーが私好みでないのがちょっと残念。アメリカンでも深入りでもない、濃い目あっさりのコーヒーが飲みたいよぉ。

 しかし、ジョナ某店もそうだったけど店外に朝メニューの表示をしてないんだよね。お店としてはあまり宣伝したくないのかしら…朝メニューやってないのかと思って客足が遠のきますよ(私だけ?)

 フレンチトースト食べにもう1回くらいは来るかな。あと、よその店のモーニングも制覇しようっと。やっぱり、休みの日(余裕があれば普段の日でも)は喫茶店でスポーツ新聞読みながらモーニングだよね!大阪の喫茶店文化も東京に根付いてほしい!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »