最近のトラックバック

« 桜ねこ | トップページ | 4月の横浜 »

中央線の旅

 花見がてら、中央線に乗ってきた。十数年前、偶然この時期に山梨方面の電車にのったら途中から桃と菜の花の桃源郷のような世界になり…その風景をふと思い出したからである。

 20代の頃、中央線は何度となく乗った。学生時代にバイトしたペンションに行くためである。目的地のペンションも楽しみだったけど、中央線に乗るのもまた楽しみだった。車窓の風景が段々高原の風景に変わってくるのを眺めていると日頃の悩みやストレスを忘れることができた。一人だったり友人とだったり、メンバーや季節は様々だけどいつも楽しかった。高原の空気を吸ってリフレッシュするけど、帰りの電車で段々都市の景色になってくるとまた現実に引き戻され…。結局、当時の気持ちは乗り越えられないまま40代になってしまい、中央線は切ない挫折の象徴になっている。

 花の時期は4月の第3週あたりと覚えていたけど、実際行ってみたら桃の花は散りかけだった。でも中央線沿線の風景は当時とほとんど同じなのが嬉しかった。あの頃の気持ちにすぐ戻れ、ひたすら懐かしくて嬉しかった。

 目的地の甲府の町は、以前より寂れていたような気がしたけど商店街に個人経営の喫茶店が結構あるのがわかった。デパートの品揃えは少しお手頃で私には買い物しやすい雰囲気で、こんなところまで来てデパート放浪をしてしまった。私は地方の百貨店が好きなのだ。同じ商品でも東京の店で見るよりありがたい感じがするから。でもデパ地下も催事場も休日の割りに人出が少なかった。

 今回旅をしたことで長い間の鬱屈した思いから少し抜け出し、目の前が晴れた気がした。甲府までならそんなに遠くないことがわかったので、気分転換と地方活性化のためこれからちょいちょい来てみよう。

 

|
|

« 桜ねこ | トップページ | 4月の横浜 »

毎日が旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/44693101

この記事へのトラックバック一覧です: 中央線の旅:

« 桜ねこ | トップページ | 4月の横浜 »