« 中央線の旅 | トップページ | 今日はちょっといい日 »

4月の横浜

 このブログを始める前の年から4月の年行事になっていること、それは横浜の大道芸フェスティバルに行くこと。とある人の追悼を兼ねて行き始めたのだが、毎年切なくなってるのもナンだしさすがに今年はもういいかな~と思いつつ、なんとなく義務感を感じて横浜に向かう。(習慣性の強い性格(苦笑))

 し・か・し~やっぱり横浜はいいね。大道芸は混みすぎて見るのが大変なのでもっぱら吉田町のジャズ&アートフェスティバルだけど、新緑の風に吹かれてジャズを聴くのはなんともいい気分( ^ _ ^ )なぜか今年は楽器のみのグループばかりだった。通り沿いの店で買い物もして地域経済にも貢献してきた(誇)

 そこから伊勢崎町に行って、松坂屋の跡地を確認。ウィンドウ前は塀で塞がれていた。それからメリーさん関係の場所巡り…だったのだが映画に出てきた中華料理屋(クリーニング屋の跡地)はなんと閉店、空店舗になっていた。GMビルは健在だった。

 次に橋を渡って馬車道へ。大道芸をチラ見してから、個人的に気に入っているB級レトロカフェ「ウィーン」へ。ここもまだ健在でよかった( ^ _ ^ )波型になっている長椅子席でのんびりしながらケーキセットをいただく。この店もいつまであるかなあ。

 今まで、このフェスティバルに来るときは楽しみつつもどこか哀愁に浸っている自分がいたけど、今年は何か違う。別に前向きというほどでもないけど亡くなった人・物のことに変にこだわっていない自分がいた。最近、体力的にも元気になってきているのを感じる。

 本当の意味で新しい第一歩かもしれない。次に来た時はさらに進歩しているといいな。

 

|
|

« 中央線の旅 | トップページ | 今日はちょっといい日 »

歳時記」カテゴリの記事

毎日が旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/44724918

この記事へのトラックバック一覧です: 4月の横浜:

« 中央線の旅 | トップページ | 今日はちょっといい日 »