« 6月! | トップページ | ふわふわした不安な日々 »

漂流家族

 ここ2、3日私の中でブームになっているのが「漂流家族」。「ザ・ノンフィクション」を久しぶりに見たらドキュンな展開に目が釘付けに…。ネットでも話題騒然(?)、仕事に飽きると新着記事がないか探してしまう。そして同じような感想を飽きもせず読んでいるのであった。

 家庭を維持していかなきゃ、と思うだけで気が重くなり結婚に気が乗らず独身の私は、とっくに破綻しているのに家族にこだわるこの一家の物語を興味深く見た。計画性なさすぎの夫婦には今更言うことはないが、見ていて思ったのはたまたま経済的に破綻してないだけでこういう人は結構普通に居るよ、ということ。私は地方で育ったけど、田舎の男の人ってこういう人多い。それよりこんな男に養ってもらおうと思っている奥さんが不思議…。そんなに主婦になりたいですかね。

 この家族は、正論の王道というか「家族は大事」「結婚したら子供をや家を持つのが当たり前」「子供は多い方がいい」「妻は夫を盛り立て従う」「家族は一緒でなきゃ」というのを素直に実践しているだけなんだけど、気付くと外れに外れている(苦笑)お父さんだけ出稼ぎじゃだめなのか…だめだよね、やっぱり。給料全部使いそうだし(苦笑)

 この番組はやらせではという書き込みもあった。やらせとは思わないけど仕込みというか誘導はしてそうな気が…。北海道の移住制度をどこで知ったのかに始まり、一度家計が破綻しているのにローンの審査が通ったり、引越し先を決めず家族全員であわてて埼玉に出てきて、家財道具は買い直しとか…そして、なんでこの家族を9年も追っかけていたのか。北海道の家2000万円が高すぎとか20年ローンの支払いが月18万は高すぎという指摘もあったなあ。そしてなぜ保証人になった方にあの家族の過去を教えてあげなかったのか…。

 この夫婦は家族を持った成功体験から思考停止状態になってしまって現実が見えなくなってしまったのだと思う。そして「家族が家族がと言っていれば何とかなる」という怠惰で強い思い込み。この夫婦は極端だけど、私の周囲にもこの夫婦に似た家族が何組かいる。でも親からの援助があったり、奥さんが資格職で倹約家だったり、子供がいなかったりで破綻はしていない。でも稼ぎ以上の生活をしているのに気楽なところは似たものを感じる。

 何が言いたいのかよくわからなくなってしまったけど、日ごろ「家族は大事」「家族に感謝」と安っぽく連呼されるのに辟易していた私は「やっぱね♪」と少し溜飲を下げた。そして「家族がいればいいってもんじゃない!今は並以上の能力や経済力のない人は家族を持つべきではない。身の程を考えよう」というのと「今時、大家族は不経済!家族で住めば安上がりなんてウソ!個で暮らした方が経済的」というのを、ブログの片隅でささやかに主張したい。

|
|

« 6月! | トップページ | ふわふわした不安な日々 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/45372702

この記事へのトラックバック一覧です: 漂流家族:

« 6月! | トップページ | ふわふわした不安な日々 »