« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

死と再生の4月

 今年の4月は久々に無職で迎えた。就活も始めたが世間は予想以上の荒波…TVでは巨人の木村コーチの訃報に釘付けで、コメンテーターと一緒に涙していた。そして同世代の知人の訃報。これからの人生を思って暗くなる一方。

 中旬になって、ただ家に居るよりはと時給激安の仕事に応募、なんとか採用されこれで少し風穴が開いた。新しい場所、新しい仕事で気持ちもリフレッシュしたし、職場の皆さんに大いに触発された。子供の使いレベルの英語しかできないのが悔しかった。いつ何時英語を使うはめになるかわからないからライティングの勉強しなきゃと思った。

 そんな4月ももう終わり。振り返れば1ヶ月の間に死と再生を経験したような…ちょっと大げさか。でも時給激安の仕事が実績となって次にまた英語に触れる仕事が決まったし、やっぱり的外れでもいいから行動しなきゃね!

 5月は新緑の風に乗って上昇!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日も休み

 祝日なので今日も仕事は休み。先週も4日間の出勤だったし、4月前半はずっと家で求職活動だったからほとんど休んでいるようなものなんだけど、なんだか疲れやすくて…。

 各種占いによると、今は過去やったことの復習の時期。今日は「イメージを固め、とにかく次へ向けて行動!」の日なんだそうだがこれで行こう!というほどのものはまだなく…。久々に外国関係、英語関係の仕事をして昔を思い出して心楽しく、やっぱり外国のことに関わっていたいという思いも出てきたし、癒し系の世界も勧められて、昔癒し系に進もうと思ってリフレの勉強をしたことなどを思い出した。この辺から何か出てくるかなあ。天からのお告げが欲しい。

 そんなこんなで4月も終わり。やっと冬物とおさらばできそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Tokyo FM 40th Anniversary

 今日で40周年だって!FM東京の頃から愛聴している。

 ピンクの東京タワー見たかったなあ。折角今東京タワーの近くで働いているのに暗くなる前に帰ってきてしまったんだよね…。

 しかし、私より若かったなんて…(爆死)

 これからもお世話になります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ついてる日?

 前回の記事、本当は「今日はちょっといい日」というタイトルにしたかったのだが少し変えた。なぜかというと同じタイトルの記事を以前書いた記憶があったからである。

 その後何気なく、バックナンバーを読み返していたらその記事があった。日付を見てみたらなんと、1年前の同じ日(爆)まさか、同じ日に同じタイトルを思いつくなんて(笑)

 今まで気にしていなかったけど私にとって4月23日って毎年幸せな日なのかもしれない。来年はどんなかな(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日は上向きな日

 今日は、アルバイトが先方都合で休み。日銭で生きている身には減収でイタイけど何だか疲れていたのでありがたく休ませていただく。

 普段、睡眠時間が長く朝起きるのが遅い私。やたら早く目が覚めるときは心身が緊張しているので、実はあまりいい状態ではない。今日は朝ゆっくり目覚めたので逆にいい日の始まりのような気がしていた。

 アルバイトももうすぐ終わるから次の就活ということで、一応お仕事情報のページはチェックするが相変わらず自分が応募できそうなものはなし。それから本日のメインイベントということで、おそるおそる派遣会社の以前の担当に電話する。前の仕事が終わるとき次の話を持ってきてくれて、これが後から考えればすごくいい話だったのだがいろいろあって断ってしまい、もう相手にされないかも…と思っていたが話はちゃんと聞いてくれた。

 やるべきことはやった気がしたので、午後からはお出かけ。雨の平日なので空いていてのんびりできた。

 そしたら携帯が鳴り…派遣会社からの電話で…次のお仕事紹介でした!

 担当さんちゃんと動いてくれたんだな…と感激!

 スタートは少し先だけど、決まっていると安心だし(^_^)休んでいる間に、また何か新しい展開があるかもしれないし(^_^)

 今回、回り道をしてしまったけどやっぱり自分にとって必要な時間だったのだと思う。経済的には損だけど体はしっかり休まったし、時給が安くても面白い仕事も体験できたし。自分の内なる心に正直に、運を天に任せてしまえば大丈夫。そんなことを再認識した日だった。今日から上向き!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年も、ジャズ&アートフェスティバル

 毎年恒例の行事になっている、吉田町(横浜市)のジャズ&アートフェスティバル!!ネットで探しても古い情報しか出てこなくてひょっとして今年は取りやめかと思ったけどもちろんそんな事はなく!昨日新聞で情報を見つけたので今年も行ってしまった。

 …と言っても行く場所・やることは決まっていて、おなじみの場所を定点観測に行くだけなんだけど。今年は武蔵小杉乗換えで横須賀線を使って行ってみた。今までの川崎回りより早いし料金も安くなったので気分的に横浜方面に出やすくなった。(東横線で行けばいいのだが料金が高くなるので使わない)

 あとは…桜木町から野毛を抜けて吉田町まで行くのだが、「三陽」が相変わらず繁盛しているのと、ちぐさの跡地を確認していく。洋食のキムラヤに一度入りたいといつも思うのだが、次に行くときは必ず忘れていて昼食を食べてから行ってしまうんだな。忘れないようここに書いておく。

 ジャズフェスティバルも相変わらずだったけど、観客が以前より増えている。人垣が5重くらいになっていて背の低い私だと演奏者の顔が見えない。観客が変に多いと、逆に投げ銭する人がいなくなるんだよね(私も今年はしなかった)。客の年齢層は高い。ヒマな中高年が多いのかな(私もさっ)。にぎわっているのは嬉しいけど段々大道芸フェスティバル並みになってくるのかな。演奏者は、ほとんど新しいグループのようで見覚えのある人がいなくてそれもちょっと残念。

 それから伊勢崎町へ抜けて松坂屋の前を通って、メリーさん関係の建物を確認。元「東方紅」は相変わらず空き店舗のまま、GMビルも相変わらず。ここはよほどのことがない限り変わらないだろうけど…。それから駅の反対側へ。いつもはこちらでも大道芸をやているのだが今年はやっていなかった。規模縮小したのだろうか。「ウィーン」は確認したけど求職中の身なのでお茶もガマン。

 そんなこんなで、今年も無事にここに来ることができた。その間にまた亡くなった人もいたけど…。生きていることを感謝するためにここに来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

春の雨の夜

 やっと週末になった。でも春とは思えない寒さ、懐も同様に寒い(苦笑)のでさっさと帰宅。普段活動している地域方向への定期券がないので交通費もバカにならず映画館へも足が遠のいてしまう。TVは改変期特番ばかりでつまらないので見ない。改変期特番ってこんなに長々とやるものだったっけ?年中特番と化してしる気がする。

 でも…こんな時は自分を見つめるいい機会かもしれない。今までは仕事帰りによく映画に行っていたけど体力もお金もそれなりに使う(映画前の外食とか)ので自宅でレンタルDVD鑑賞にしようかな。とにかく体を休める時間を増やさないと…それで仕事の切り替えに失敗した気がするし。

 ブログも書きたいことがたくさんあったのに書きそびれたネタ多数。春になる前から、長くやった仕事の契約終了もあいまって心ここにあらず状態だった気がする。

 今年は外出を減らしてしばらく亀のような生活をしてみようかな。それで何か見えてくればいいけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

出会いと別れ:鉄道編(笑)

 少しの間アルバイトをすることになった。また新たな生活パターン。

 今までの通勤と逆方向で、行き先もなじみのない町だけどいろいろ出会いもあるわけで…。

 新しい出会いといえば、できたばかりの横須賀線武蔵小杉駅。乗換えというにはかなり無理があるけどそれでも品川方面への時間がかなり短縮された。料金も安くなったし、交通費の出ない身にはありがたい。

 反対に、いつの間にかひっそりなくなっていたもの…それは知る人ぞ知る「南武線-私鉄(小田急と東横線)-山手線」の通し割引料金!券売機のメニューに入れている駅があまりなく、券買機で買えないときはみどりの窓口で買っていたが、JRの職員も知らないことが多いので駅員さんを指導して発券してもらっていたのだ(笑)横須賀線の駅開業とほぼ同時に廃止されていた。ここ2、3年は使う用事がなかったので廃止に気付かず、今回の仕事を機に思い出した次第。

 良くも悪くもいろいろ変わっていくのね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

祖母の命日

 今日は母方の祖母の命日。過去の記事を読み返してみると花見だ仕事だであまり振り返ってなかった。今年はちゃんとこのタイトルで書いてみた。

 命日のことは毎年時期はずれても必ず思い出しているが、私が子供の頃に亡くなっているせいか、そういえば祖母の誕生日を知らないということに気がついた。(長生きした父方の祖父母の誕生日はもちろんちゃんと覚えている)実家の母に電話して教えてもらった。今さら知ってもどうしようもないのだが。

 先日亡くなった知人(今日告別式)のことも合わせいろいろもの想う。

 でも、私の人生はまだまだ続くみたいだからゴキブリのように生きていきますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

桜吹雪に包まれて

 週末は就活の動きがないので、ほっとひと息つける貴重なひと時。1週間の緊張をゆるめて自分を解放する…と言っても結局やってることはいつもの週末と同じなんだけど…。

 昨日は習い事の教室で、同世代の女性の訃報を知らされる。最後に会ったのが10年くらい前でもう顔もおぼろげなのだが、レッスン後に何人かでお茶に行っていろいろ語らったりしたことは覚えている。病気なんて縁のなさそうな人だった。残されたご家族も不憫だし、自分の現在の状況と重ね合わせて何ともいえず沈んだ気分で家路につく。

 今日は気晴らしということで最後の花見!ふと思い立ち、何年ぶりかで国立に行ってみることに。以前行ったときは桜は綺麗だけど人も多くて…という状況だった。今日は、桜が散りかけのせいか暖かいわりに人がそんなにいなくて散策に丁度良かった。

 久しぶりに歩いてみたら以前あったはずのお店が見当たらなかったり、邪宗門が閉店していたり(おととしの12月だって…いつ行っても混んでいてとうとう入れなかった)かわいい駅舎もなくなっていた。アンティークの店も少しずつ規模縮小しているし。

 でも街を歩いたときに感じるあの雰囲気は相変わらず。帰りは桜のじゅうたんを見ながら桜吹雪に包まれて駅まで歩いた。亡くなった人たちを思い出しながら、自分が生かされている意味を考えながら。

 命があるのは素晴らしいこと。明日も人生楽しもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

幸せだけど…

 体を休め、態勢を整えつつ仕事待ちの日々。今日は石けん液のついたスポンジでいろんなところを拭きまくり。それからいつもなんとなく避けていた玄関、今日は結構本格的に掃除をした。普段は気にかけてないけどシューズラックのちょっとしたところが結構埃まみれ。これじゃいい運気来ないわ。洗濯機の裏なども、初めてスポンジ拭きした気がする。ちょっとだけ綺麗になっていい気分。こういう乙女座的な日がたまには必要なのだ。

 夕方になり本日の就活は打ち止めにして、近所に花見に出かける。ゆうべの雨でだいぶ散ってしまったけどまだまだきれい。今日は寒くないのが嬉しい。夕暮れ時の花見もいいね。幸せなひと時。

 でも、こういうことやっている間は無収入なので、あとで響いてくるんだよね…。あの仕事、引き受けていれば…と思ってしまうけどその後の展開も見えるからなあ…。

 いつかは「雇われない身」になる予定だけど、まずは日々の生活のためにどこかにもぐり込まないと。

 仕事を自分で作り出す才覚が欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

寒中、花見のはしご

 今日は寒かったけど、花見に行ってきた。平日は就活だから心おきなく花見ができるのは休日だけなのだ。

 まずは新宿御苑から。10時頃に行ったらすでに結構混んでたけど、想定の範囲内。それに奥は割と空いてるのは知ってるし。前回は桜が散りかけだったから、初めて満開の桜を満喫。人は多いけどアル禁だから酔っ払いはいないし、カラオケの人がいないからうるさくないし、和やかな風景。でも寒いから座っていられなくて歩き回って疲れてしまった。12時前に園を出るが、その時にはなんと門の前には行列が出来ていた。やっぱり花見は朝イチが鉄則♪

 それから日比谷公園に移動。久しぶりに思い出ベンチを確認しに行く。本当は命日に行きたかったけどね。

 本当はもうそこで帰ろうと思っていたけど皇居が近いから、行ってみることにした。なにしろ日本で一番いい場所だから、ここでいい気をもらおうと思って…結果は大正解!単に敷地が広いからというのもあるかもしれないが、気持ちがのびやかになり、心洗われていくのがわかった。少しでも中心に近いところに行こうと東御苑にも入ってみる。たくさん歩いたけど疲れも気にならず。

 帰りの電車で座って足を休めてから、手前の駅で降りて霊園へ。桜のゲートに包まれて歩く。やっぱり桜は最高♪

 体は疲れても心は充分にパワーアップ。これだけパワーをもらったからこれからの人生、絶対大丈夫!

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

4月1日といえば

 今日は、昨日までの仕事の余韻にひたりつつ花見に行ったり開運祈願のお参りに行ったりと、再出発の足がかりにした。花見と言えば新宿御苑にも行きたかった。桜の季節の平日に御苑に行けるなんてめったにないもんね。明日行こうと思っているけど今外は大風だし明日は雨だというし…

 話変わって4月1日といえばなんと言ってもレスリー・チャンの命日!もう7年もたつのか…。追悼上映会の類も段々となくなり、彼の足跡が風化しつつあるのは寂しい。でも人生の最後の方辛そうだったもんな…映画も若い男の役がムリっぽくなってきていて厳しいと思っていた。映画も衰退してきていたし、時代と共に去ったのかもしれない。

 なんとなくwikiのレスリーのページを見てみたら、思い出ベンチについての記述があって嬉しかった。自分が参加したものの記録がこんなところに残っているなんて。ささやかながら、自分が存在したことの証。

 自分にしかわからない小さな宝物を見つけた嬉しい気分の4月1日。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »