« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

金星逆行終了

 金星が、10日ほど前に順行に転じた(記事書くの遅すぎ)。アセン天秤の人は大きな影響を受けると言われて日々びびりながら過ごしていたけど、一応自分には何も起こらずに済んだ。やっぱり私は星の影響を受けにくいんだろうか。

 それとも何か起こった時の受け取り方がまずいのだろうか。期間中の最大の出来事は、50代の従兄の死である。とは言っても普段の行き来もないし(最後に会ったのが5年前の伯母の葬式)、なぜか葬式が終わってしばらくしてから知らされたので私の日常生活にとりあえず影響はなかった。話だけでしか聞いていないので実感がまるでわかない。

 しかし、亡くなった従兄は母の実家の跡取りであり子供もいないので、母の実家はこれで途絶えたことになる(私含め、傍流の人間はたくさんいるが)。子供がいないからいずれこうなるのはわかっていたが、その時がこんなに早く来るとは…。お墓とか、どうやって始末していくのだろうか。少子化でこれから同じような家が増えると思うし、家の閉め方というか家系の終わらせ方ってどうすればいいのだろうかといろいろと思うことは多かった(しかし考えても仕方ないのでまた日常に戻る)。

 金星逆行の話に戻って、「再会」ということでは、今の仕事は以前の派遣先で一緒だった人との再会が多い。こういう働き方をしていても同じ派遣さんと再会することはほとんどないのだが、この半年ですでに3人。よほど世間には仕事がないのか(苦笑)それから20年前の同僚(最後に会ったのが12年くらい前)を通勤途中の路線で3回も見かけてしまった。20年前は同じ目標があっていろいろ語らった仲だがその後道が違ってしまい、今はあえて会いたいような人ではない。それなのに3回も見てしまい…。また、従兄の件も訃報によって存在を思い出したというか、再会したような部分もある。

 これらが何のメッセージなのか、検証していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

勤労感謝の日

 勤労感謝の日って、誰の勤労に感謝するんだろう?子供だったら親の勤労なんだろうけど、現在充分な報酬を得ていない私、今の自分の勤労にはあまり感謝できないな。もちろん働ける健康体であることには感謝しなくてはいけないけど。「もっと稼いで来い!」と自分自身に言わなきゃ(苦笑)

 今日は金運アップのため方位とりプチ旅行に行くつもりだったけど、予想どおり朝起きられず、雨も降ってるしで気がのらず結局とりやめ。やっと余裕がでたとはいえ一万円近いお金を使うのを躊躇したのもある。

 それで、先日の休みにできなかった洋服の入れ替えやつい先日まで着ていた夏物を洗濯したり、冷蔵庫のトレーを洗ったり食器の洗いかごやまな板を漂白したり。そんなことが乙女座には結構大事だったりする。方位とりもいいけど、まずは自分の身辺をきちんとするのが大事だなと思った。

 夕方からウォーキングがてら歩いて2駅隣の町へ、細々した日用品の買出し。旅行に行かなかった分お金が浮いたと思って少しいい食材を買ったり。

 サッカーでは応援していたチームが負けたけど、いい休日だったと思う。

 明日からまた労働生活がんばるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

ループ脱出?

 労働+節約に追われる今の生活、なんとかしなきゃと思いつつ今日まで来てしまった。休みの日は体を休めるのが精いっぱい、現実逃避でゲームを延々やってしまったり。しかし先週のある日を境にぱったりゲームをやる気がなくなった。それから、今まで照会方法がわからなくてそのままになっていた航空会社のマイレージをやっと調査、アジア無料旅行分はたまっていることがわかった。そんなことくらい…と思われるかもしれないが、今の会社に合併されてからマイル加算のお知らせも来ないしHP見てもフリーダイヤルの番号もないし。結局WEBでの照会のみになっていたとは驚き。でもとにかく「この仕事終わったら旅行に行こう」という気になってきて楽しくなってきた。

 そうこうするうち派遣会社から電話が来て来年以降の契約をどうするか今決めろという話になったので、年内でけじめをつけて次へ行くと決断せざるを得なかった。そんなわけでこの仕事をいつまでするか毎日悩んでいたのが一気に解決。今までぐちゃぐちゃしていたものが一気に流れ始めた感じだ。

 運転免許のことも周りに相談できる人がいなくて気が進まなかったのだが、相談できそうな人を思いついたし。

 そして、昨日は方位取りの方法を教えてもらったし。これを知っていれば悪い方向には進まない♪

 この仕事で今年を終えるというのはちと残念だが、貧乏ループから脱出できるかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »