最近のトラックバック

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

10月終わり

 9月に続き、10月もあっという間に去ろうとしている。

 私にとって10月とは「かぼちゃスイーツ食べまくりの月」

 今年の10月に食べたかぼちゃのお菓子は…
 ・ル・タオのドゥーブル・フロマージュのかぼちゃ版(名前失念)(ホール)
 ・モンデールのかぼちゃワッフル
 ・モロゾフのかぼちゃタルト(ホール)
 ・イタリアン・トマトのかぼちゃプリン
 ・ディーン・アンド・デルーカのかぼちゃタルト
 ・成城石井のかぼちゃプリン(ホール)
 ・無印良品のかぼちゃバームクーヘン
 ・キットカットかぼちゃプリン味
 ・ハーゲンダッツのかぼちゃアイス

今年も、よく食べました(^_^)
モロゾフのかぼちゃタルトは、去年ほど感動しなかったなあ…。最終日の今日、モロゾフのかぼちゃプリンをピースで買ってしめようと思っていたけど結局残業で買いに行けなかった。こういう生活もなんとかしたい。

 11月は何にはまろっかな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アンダーグラウンド

 15年くらい前、会社をやめて約1年ぶらぶらしていた頃見た作品のうちの1つ。再映されているので見に行ってきた。映画とともに、自分のプータロー時代の気持ちを思い出す。会社員時代の心の傷を癒すとともに、これから何をやろうかと思いを巡らす希望に満ちた日々だった。

 映画の方は、ストーリー・映像・音楽どれもすごくてとにかく圧倒されたのは覚えているけど、何がどうすごかったのか全く覚えていない私…。おかげで、初見のように新鮮に見ることができた。おぼろげに覚えていたシーンがつながり、ストーリーも改めて把握することができた。あの当時は何もわかっていなかったということが15年たってわかった。そして、内戦はおさまったけどあの頃から事態があまり改善されてないのが悲しい。

 上映しているのは渋谷のシアター・N。ユーロスペースだった頃から何度となく来ていろんな変な作品を見た思い出深い映画館である。久々に桜丘に来てみたら、映画のパンフを売っていた店がなくなっていたし、JOYTIMEやロゴスキーもなくなっていて残念だったけど代わりに面白そうなお店が出来ていたり、こうやって街も変わっていくんだな。

 それから、最近亡くなったカダフィ大佐の顔が主人公マルコに似ていて共時性を感じた。いつの時代でも胡散臭いヤツの顔は同じ。そして、国は違っても同じ悲劇は繰り返される。

 あの頃から15年たって自分自身あまり成長がなくて愕然とするけどあの時代を思い出し、自分の人生を見直すためにも定期的に見たい作品である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

汗ばむ秋

 10月って、毎年こんなに暑かったっけ?昔は10月からウールの服を着ていたのに…。しかも雨が多くなんだか梅雨時みたい。

 昨日は久々に自分らしい休日だった。洗濯して、行きつけのカフェでお昼を食べてから図書館で本を借りて、三軒茶屋に移動。借りてきた本をカフェで本を読んでから映画。三茶の映画館は久しぶり。このレトロ感がやっぱり好き!土日の夜の回は意外と空いてることを発見。映画の後三茶の街を一人ふらふらする。隠れ家風の素敵なお店がたくさんあったけどおひとり様には入りづらく…。結局小さいおかずがいろいろ選べる中華系の店で夕食。

 夕食後、そのまま電車に乗るのは勿体ない気がしてひと駅歩くか…と歩き出したら止まらなくなり結局乗換え駅まで歩いてしまった。246沿いを歩くのは震災のとき以来。以前あった建物がなくなっていたり、空店舗になっていたり、不景気を感じる。携帯ラジオの音楽が心地よい。今はテレビの音が受信できなくなってしまったので、めったに聞かないAMを聞いてみると…抑揚のないゆっくりした話し方で、世界の高気圧の緯度・経度の情報を延々語り続ける不気味な番組に当たり、戦時中にタイムスリップしたかのような気分になる。気圧の位置を数字で言われてもピンと来ないし、この情報を欲している人がいるんだろうかというような不思議な番組だった。NHKの第二放送だと思うんだけど…

 最後の2駅だけ電車に乗って帰る。心地よい昂揚感。いつもこういう生活がしたいんだけどね。

 帰ってきたら上半身は汗でじっとり。季節のせいじゃなくて更年期…だったらイヤだな。

 今日は、秋の日差しが柔らかい晴れの日。昨日乾かせなかったシーツを干そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年 夏の備忘録

 あっという間に10月になった。9月って毎年、暑い暑い暑い暑いと言ってるうちにある日突然ふっと涼しくなって、秋になるんだよね。誕生月なのに毎年うまくエンジョイできないうちに10月になっている。

 今年の夏は、計画停電(による灼熱地獄)に怯える夏だった。でも、普段の生活から節電モードだし結局大丈夫そうということで寝るときの冷房は設定28℃で遠慮なく使わせてもらい、例年通りの夏だった。

 うちは日当たりだけは抜群にいいので何とかして日差しを遮る方法をずっと考えていた。緑のカーテンをやりたかったけど、そうすると洗濯ものや布団が干せないので、泣く泣くあきらめ。朝顔を植えるのが長年の夢なんだけどね…。園芸店に行って葭簀の安さに感動したけど後でゴミになると思い、これもあきらめた。ガラスに貼る紫外線カットフィルムも結構高いしなあ…と思っているうちにお手頃なものは売り切れてしまい、結局なしで過ごした。

 意外にヒットだったのが、東側にあり朝日が燦々と差し込むキッチンの小窓に、ないよりはましかと有り合わせのカフェカーテンをかけたこと。カーテンが短くて、小窓の真ん中30㎝しか覆わないのだが、これだけでもかなり日光を遮ってくれて、室温の上昇を抑えてくれた。キッチンからの朝日が意外とバカにできないことがわかった。(普段は、この光あふれる様子が好きなんだけど)

 夏用のボディソープは、今年もメンズビオレ。バブシャワーにしようと思ったけど、表示を見たら「化粧水」。メンズビオレは「全身洗浄料」。なのでメンズビオレに軍配。今年はフローラルの香りが売ってなかったのが残念。

 あとは…今年は震災後という大変さはあったけど、昨年夏の灼熱地獄(外も暑いが職場も暑い)に比べたら全然楽だった。そういえば、今年の夏は蚊が少なく、その代わりに小さな蛾のような虫が毎日毎日家に居た。同じ個体なのかはわからないが追い出しても追い出しても翌日部屋のどこからか出てくる…部屋から出たがらないし、知り合いの生まれ変わりかと思ってしまった(笑)。何だったんだ、あの虫は。

 そんなこんなで、これからやっと区切りをつけて秋の生活に入っていけそうな気がする。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »