最近のトラックバック

« 汗ばむ秋 | トップページ | 10月終わり »

アンダーグラウンド

 15年くらい前、会社をやめて約1年ぶらぶらしていた頃見た作品のうちの1つ。再映されているので見に行ってきた。映画とともに、自分のプータロー時代の気持ちを思い出す。会社員時代の心の傷を癒すとともに、これから何をやろうかと思いを巡らす希望に満ちた日々だった。

 映画の方は、ストーリー・映像・音楽どれもすごくてとにかく圧倒されたのは覚えているけど、何がどうすごかったのか全く覚えていない私…。おかげで、初見のように新鮮に見ることができた。おぼろげに覚えていたシーンがつながり、ストーリーも改めて把握することができた。あの当時は何もわかっていなかったということが15年たってわかった。そして、内戦はおさまったけどあの頃から事態があまり改善されてないのが悲しい。

 上映しているのは渋谷のシアター・N。ユーロスペースだった頃から何度となく来ていろんな変な作品を見た思い出深い映画館である。久々に桜丘に来てみたら、映画のパンフを売っていた店がなくなっていたし、JOYTIMEやロゴスキーもなくなっていて残念だったけど代わりに面白そうなお店が出来ていたり、こうやって街も変わっていくんだな。

 それから、最近亡くなったカダフィ大佐の顔が主人公マルコに似ていて共時性を感じた。いつの時代でも胡散臭いヤツの顔は同じ。そして、国は違っても同じ悲劇は繰り返される。

 あの頃から15年たって自分自身あまり成長がなくて愕然とするけどあの時代を思い出し、自分の人生を見直すためにも定期的に見たい作品である。

|
|

« 汗ばむ秋 | トップページ | 10月終わり »

思い出」カテゴリの記事

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/53068064

この記事へのトラックバック一覧です: アンダーグラウンド:

« 汗ばむ秋 | トップページ | 10月終わり »