« 乳離れは難しい… | トップページ | 稲妻 »

レ・ミゼラブル

 退院3日目にして、電車に乗って見に行った映画がこれ。本当は入院前に見てパワーをもらいたかったけどレイトショーで2時間半はきついと思って腰が引けていたのだ。晴れて自由の身になったから外出の練習も兼ねて、チャレンジ!!

 普通の恰好で行くと下半身が冷えると思い、近所のお使いに行くときの恰好(ヒートテックのレギンスとユニクロの裏フリース付きシャカパン重ね履き。絶対冷えない)で行くことに。もう見た目など構っていられない。

 サービスデーの昼間に映画に行くなんて久しぶり。ジジババが多く混んでいる。感染症とかあまり気にしない方だけど、館内の人の多さにちょっとびびる。でも自分復活の第一歩だから!

 さて、映画だが、素晴らしい!!壮大なセットに映画ならではのカメラアングル、ズームを駆使して、舞台ではできない表現になっていた。顔をアップにできるから、細やかな感情がよく表現できるし。セットの色調もなかなかいい。そして見慣れた役者さん達が、みんな歌がうまくてびっくり。欧米の人は皆芸達者というか、引き出しいっぱい持ってるわ~。ミュージカルだから全編歌で進むけど、感情をかなり入れて歌唱というよりセリフ回しに近い表現で、舞台のミュージカルより良かったと思う。個人的にはアン・ハサウェイの"I dreamed a dream"に本当に泣けた。

 小学生の頃、子供向けダイジェスト版の「ああ無情」を読んだことがあるけど話が壮大すぎて把握できなかった。登場人物の名前とか、地下道を逃げるとか、ところどころ覚えていたのだが、この映画のおかげで話も理解でき、もやがかかった記憶がすっきりした気分。映画って全部説明してくれるのがいいね。

 とにかく2時間半、たっぷり堪能した。芸術ってすばらしい。生きててよかった。

|
|

« 乳離れは難しい… | トップページ | 稲妻 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/56820517

この記事へのトラックバック一覧です: レ・ミゼラブル:

« 乳離れは難しい… | トップページ | 稲妻 »