2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« 昨日の話の続き | トップページ | やっちゃった…(ノ∀`) »

入院覚え書

 入院してみて気づいたいろいろ:

・限度額認定申請書を出す(病院から事前に指示がある)
・手術した場合、術後丸2日は病院にいた方がいい。私が入院した病院は、術後2日目に退院が標準。私は術後3日目に退院だったけど、1日あると体がだいぶラク。一人暮らしの人はなるべく病院で世話してもらう。
・荷物のなかで、洗面器が一番かさばる。→最近出ているシリコン製の折り畳み洗面器はどうかな…。
・吸い飲みよりはストロー付きコップの方がいいかな…(売店で購入可)吸い飲みは、ベッドの上に置いておいたら先から水が漏れて布団が濡れました(苦笑)
・音楽かラジオが聞ける道具を持っていくと便利(寝たまま聞ける、テレビもつけっぱなしだと意外とお金がかかる。夜寝られない時や周囲がうるさい時、同室の人のイビキ対策)
・本を持っていくなら文庫本(雑誌は寝ながらだと読みづらい)
・室内履きはスリッパでいいが甲の部分が深いもの。土足の人と同じ床を歩くから底がしっかりしたもの。底がかなり汚れるから帰りに捨てて帰ってもいいような安物でよい。→退院後、IKEAで見つけたスリッパを次回用にキープ!
・書類をたくさんもらうので、バインダーを用意しておいてまとめる。
・院内移動用にポシェットがあると良い(財布・携帯・診察券等を入れて持ち歩く)
・置時計があるとよい(これは私だけ)


 こんな感じかな。入院道具って結構旅道具と重なるんだよねー。

 これからは用品を選ぶときに「入院先にも持っていける」という視点からも検討しようと思う。

 家も旅先も入院先もみんな自分の居場所。

|
|

« 昨日の話の続き | トップページ | やっちゃった…(ノ∀`) »

乳がん記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/56977515

この記事へのトラックバック一覧です: 入院覚え書:

« 昨日の話の続き | トップページ | やっちゃった…(ノ∀`) »