最近のトラックバック

« がんと保険と貯金 | トップページ | 東横線渋谷駅 »

がんとお金

 がんになると、やっぱりお金のことは心配になる。

 今回は、一旦派遣の仕事はやめて療養したが、結局1か月後に短時間勤務で復帰した。

 入院・手術代はもちろんかかるが入院時に限度額認定申請書を出したので8万ちょっとで済んだ。

 退院後は家に居るだけだったのでさしてお金はかからず、なんとかやっていけるのではと思っていた。

 思わぬ出費が、社会保険!健康保険の方は任意継続したが、会社負担分がなくなりほぼ倍額になるのでこれが結構イタい。これに国民年金が追加される(手続きしたが払込票はまだ来ていない)。

 治療費の方は医療保険でほぼカバーできたので、結局のところ私の場合「がんで失うお金は、生活費」ということがわかった。

 これから治療に入る人は、保険の診断給付金や在宅療養給付金、有給休暇、傷病手当、失業保険などで生活費の確保を。

 

|
|

« がんと保険と貯金 | トップページ | 東横線渋谷駅 »

乳がん記」カテゴリの記事

会社遊牧民-派遣生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/56956034

この記事へのトラックバック一覧です: がんとお金:

« がんと保険と貯金 | トップページ | 東横線渋谷駅 »