2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« 2013冬の備忘録 | トップページ | そういえば、昨日の夢 »

お返しは大変

 放射線治療が終わったので、治療もひと通り終わったしということでお見舞い返しの選定ミッション浮上。お見舞いをもらったのはずいぶん前だけど、びっくりすると同時にお返しのことを考えて気が重く…それに、いつの間にかお見舞い金の相場って上がっているのね。自分だけ家庭も持たず20代のノリで生きていて、この年代の常識から取り残されていることを思い知らされる。

 快気祝いには消えものがいいとのことで、食べ物にしようとは思っていたが、なかなかこれというものが思いつかず…外出先でいろいろ探し回る。伯母にはお茶とお菓子の詰め合わせ、いとこたちには家族の宴会で食べられるようなものを思いつく。でもネットで見てもどれを選んでいいかわからないし、クール便で送って迷惑じゃないかとかいろいろ迷っちゃって…

 でも、今週末からの連休前にお届けしなければとさきほどがんばって注文してみました!実家へも1つ送っているので家で自分でも食べてみるつもり。

 お菓子の方は明日お店に行って発送してこよう…

 大人の付き合いって大変。一人暮らしなので自分の状況を知ってもらいたく手術のことを言いふらしていたけど、今度から病気のことは言いふらさないようにしようと思った。また。お付き合いもシンプルにしたいですね。
 

|
|

« 2013冬の備忘録 | トップページ | そういえば、昨日の夢 »

シンプルライフ」カテゴリの記事

乳がん記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/57228290

この記事へのトラックバック一覧です: お返しは大変:

« 2013冬の備忘録 | トップページ | そういえば、昨日の夢 »