最近のトラックバック

« 平穏だ… | トップページ | ゲリラ豪雨に女子力のない対応(苦笑) »

僕の死に方 エンディングダイアリー500日

 金子哲雄さんについては、訃報で初めてその存在を知ったが、闘病しながら自分の葬送の段取りをきちんと整えていたというのに感心し、参考にしたいと思っていた。そしたら程なく自分のがん発覚(爆)エンディングノート準備しなくちゃと思いながら見切り発車で入院・手術となった。そしてやっと、この本を読むことができた。

 エンディング・ノートの指南書かと思って読み始めたのだが、それよりも発病までの金子さんの人生が面白い!子供のころから好きなことが明確でぶれがない、広い視野、目標達成のため的確に行動している、そして生涯の戦友となる奥様との出会い…常にエネルギッシュで手抜きしないことと、隙間をうまく見つけて進出するのが上手。気が付くと金子さんの人生にぐいぐい引き込まれていた。

 そんな金子さんが、なぜ病気をここまで進行させてしまったのか…。その後のドラマを演出するための神の意思としか思えない。

 闘病から死に支度までも金子さんらしい。自分のがんを機に、いろいろな人の体験記やブログを読んで思うのだが「病気になっても自分は自分」闘病においても、自分らしさが出てしまうんだよね。金子さんの場合はとにかく溢れるサービス精神!

 この本を読んで、「(もっと活躍できたのに残念ではあるが)よく生きて、うらやましい」というのと「死に方は生き方だ」と強く感じた。翻って、今まで大したことはやってきてない自分はこれからどう生きようか。

|
|

« 平穏だ… | トップページ | ゲリラ豪雨に女子力のない対応(苦笑) »

本で時空の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/57839201

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の死に方 エンディングダイアリー500日:

« 平穏だ… | トップページ | ゲリラ豪雨に女子力のない対応(苦笑) »