最近のトラックバック

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

8月の電気代

 今年の夏は電気代が高い、とニュースでやっていたがその通り!私にしては驚異の5,000円超え!一人暮らしで冷房1台しかないうちでこれなのだから、一般家庭ではどうなんだろう。

 うちの場合、冷房が古いから買い替えればかなり節電できるとは思うのだがいつまで住むかわからないこの家、しかも地球のごみにもなるから結局今年もこのまま稼働。窓型なのでクリーニングもできない。

 今年はこのままお世話になる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

どんな自分

 今日の某占いサイトのお言葉:

 「どんな自分として生きていきたいかが明確になる日。今日ほめられたことか、または注意されたことでも、みんなあなたの才能を示唆しています。」

 うーん、意味深…

 とりあえず今の気持ちは「人の中にいて、人の評価の中で生きていくのが面倒…」

 人と接しないで生活費得られる方法ないかなー。

 とりあえず「自分に嘘をついてはいけない」というのを教えられたような気がする今日このごろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょっと人恋しい夜

 新しい仕事に就けたのはいいが、またまた苦手なタイプの仕事に当たってしまった。入力が早ければもっと気楽に働けるのだけど。しかし、入力遅いのになぜか仕事には就けてしまう…。なんかここ数年、同じパターン繰り返してるなと落ち込み気味。

 こんな時は、週イチで通っている近所のカフェへ。常連さんとオーナーさんのよもやま話を聞きながら、オーガニックのご飯をいただく。たまに自分も話題に参加したりして。仕事の愚痴はこぼせなかったけど、人との交流ってやっぱ楽しい♪パワーをもらって帰ってきた。

 今の仕事も、仕事自体はそんなにキライじゃないしどうせ期間限定だから勤め上げたいのだけど…どうやったらテンキーがブラインドで打てるんだろうと今更悩むアラフィフ派遣(爆)なのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

真夏の方程式

 原作も読んでないし、福山主演のドラマも全然見ないのでこの作品の位置づけなどは全くわからないけど、玻璃が浦の風景がひたすら美しく、心奪われた。瀬戸内か四国が舞台なのかなと思ったけどロケは伊豆?

 お話自体も「ひと夏の思い出」みたいな感じだし、内容を論ずるのではなく映像を楽しむ作品だと思う。

 映画館のプレミアシートでゆったり鑑賞、まさに夏休み映画の王道!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自宅サウナ(笑)

 昨日、今日でだいぶ涼しくなった。今朝は一旦外に出た後羽織りものを取りに戻ったほど。職場でも冷房が効いているから汗をかくことがほとんどない。

 なのに、なのに、それなのに…家の中が暑い!…と言っても31、2℃くらいで、冷房キライな人なら冷房もつけないくらいのレベル。

 なのに、なのに、それなのに…なんか家に居るとめちゃめちゃ汗が吹き出すのはなぜ?特に襟足と首筋、背中は自分でもびっくりの汗量。

 炎天下の屋外にいる時よりも汗かいてる気がする…30℃ちょっとの温度って、実は一番汗をかきやすい温度なのかも。

 はやく寝汗かかないで寝られる季節が来てほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

孤独な天使たち

 この半月ほど、映画から遠ざかっていたのでなんでもいいからと見に行った。ベルトルッチ監督が久しぶりに撮った、フツーの作品。昔ながらの大作を期待する人には物足りないかもしれない。作品の良し悪しは、私には論じられないけどこの作品の世界観は割と好き。イマドキの若者を違和感なく描けているのにも感心。(スタッフのおかげもあるんだろうけど)

 夏バテで疲れた頭で、まどろみながらイタリア(の地下室)へしばし心の旅。

 夏はやっぱり映画がいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

少し涼しい日

 今日は、久々に少し涼しかった。重ね着しているからいいだろうと袖丈の短いTシャツで出かけたら、出先のショッピングセンターで腕が寒くなり…寒いなんて感覚久しぶりだ。

 また明日から暑くなるみたいだけど、階段を下りるように段階的に涼しくなっていくんだろうな。

 夏の終わりの始まり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

方位取りに行って来た

 昨日までの疲れがたまっていたせいか、朝二度寝しちゃったし、ボーッっと座ってたら乗り換え駅で降りそびれて違う方向へ行っちゃったり(普段はもちろん、こんなことはない)以後グダグダな展開に。

 詳しく書こうと思ったけどダサいエピソードの羅列になるので割愛。楽しかったけど、ややハズシ気味だったのは否めない。まるで私の人生のよう(爆)

 でも無事帰ってこられたのでよしとしよう。

 これから、生活が安定してくると…いいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

面接は体に悪い

 仕事の面接に行って来た。暑い中スーツ着て、ハイヒール履いて…おまけに途中で土砂降り(笑)

 完全に、自然に反してるし体に良くないよね。

 なるべく自然体で過ごしたいから派遣という職種を選んでいるはずだけど、最近は面接なしで入れる仕事は少ない。定期的に訪れる通過儀礼というか…

 年齢的にも、組織に溶け込んで働くのが厳しくなってきているから、面接なしの大量採用の仕事でいいんだけどね…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

冷温浴

 ネットで見つけた情報を基に、冷温浴もどきをするようになった。冷で始まり冷で終わるようにするのがコツとのこと。と言ってもいくらこの季節でも全身水シャワーにする勇気はなくて、手先と足先に冷水をかける程度なのだが、これだけでもだいぶ違う。弱冷房にしているせいか、いつも湯上り後汗が噴き出していたのが、かなり緩和された。もっとしっかり冷やせば寝るときも背中に汗をかかなくて済むかもしれない。

 冬は冬で体が温まるそうだけど…とりあえず夏限定ということで(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

煮え切らないと言うよりは

 面接待ちの状態なので、今日は就活はしないで方位取り(爆)この頃は、就活<神頼みになっている…

 吉方位で行くところを探していたら、新横浜のラーメン博物館にまだ行ってないのに気づき、急きょ行先決定!猛暑+夏休みでどうなるかと思っていたけどそんなに混んでなく、楽しんできた。初めての人は、ミニ麺で何か所か食べ比べするといいと思う。昭和の街並みも結構リアルで楽しかった。

 それから、ついで参りでいいのかわからないけど私が通っていた学校があった街へ。小さいながら由緒ある寺があるのだ。今までなんでこの寺を思いつかなかったんだろう。毎日この寺の前を通って学校へ行っていたけど、お参りしたのは入学前の一度だけという、不信心な学生だった。その時母と一緒だったと思うのだが、母と一緒に学校まで行ったのかどうかもう記憶がない。そして、今は母に確かめることもできない。電車を乗り間違えながら、炎天下の中辿り着き、お参りしてきた。それから門前町をちょっと歩いて。私が学生の頃からあったクレープ屋さんで休む予定にしていたが、別の店に変わっていた。2、3年前に来たときは同じおばさんがお店にいて感激したのに!仕方がないので友人とよく行った喫茶店の跡地と思われるカフェでケーキセットでひと息入れて、帰路につく。

 今日はサービスデーだから映画でも行こうと川崎に出て、映画館をひと巡りするけど時間が合わず、ショッピングセンターをウロウロ。うまく雨をしのいで帰宅。

 疲れたし、家の中は暑すぎて何もやる気になれず…

 こんなんで、開運になるのかな。煮え切らないというよりは、脳みそが煮え切っていたということに今更ながら気づいた(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

煮え切らない…

 今は無職なので就活中なんだけど、夏ということもありあまり自覚のないまま毎日ダラダラ過ごしている。家事もたまってるし…と思ったが懸案だったラグマットの洗濯は意外とあっけなく終わってしまった。あとは料理を多少まじめにやって、昼寝して。

 今日、レイトショーに行くべく準備をしていたら絶妙のタイミングで電話…なんと、派遣会社からの仕事紹介だった。

 あまり近くないのが難点だけど、条件とかはまあまあ…もちろん、このトシでお話をいただけるだけありがたいのでお話しを進めてもらうことに。

 いろいろ話しているうちに、レイトショーには間に合わない時間になり夜のお出かけはとりやめ。

 決まった方がいいのか悪いのか…いつも仕事待ちのときの時間の使い方がヘタなんだよね…

 明日もどう過ごそうか迷う私なのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ワイヤー入りブラと制汗剤

 昨日聞いてきた話だが、ワイヤー入りブラと制汗剤を常用していると、乳がんになりやすいらしい…。

 ワイヤー入りブラはわかる気がしないでもないが、制汗剤は初耳!もっとも、私は制汗剤は使ってなかったけどね。

 幸いにも手術跡に当たらないので、時期を見てワイヤー入りブラをまた使ってもいいかなと思っていたけど、やっぱだめかあ…

 やっぱり、一度乳がんになってしまうといろんな意味で元の生活に戻れないのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おうちカフェの現実

 行きつけのお店は夏休みだし、出かけるには暑いし、実家からもらってきた野菜がたくさんあるしでこんなときはおうちカフェ♪朝食も、いつもは素トーストとコーヒー(元々はハムチーズトーストだったのだが、病後乳製品断ちをしたので)で少々さみしいのだが、材料も時間もあるからきゅうり切ってピクルス液につけていたプチトマト(父作)を添えて、ベーコン焼いて卵焼いて♪ゆったり日曜の朝ご飯。

 お昼は、残り野菜処理を兼ねてカレー♪おととい実家でも作ったばかりなのだが、なんか「カレーを作る」という作業をやりたくて♪玉ねぎを予め炒め置きしておけばかなりの時間短縮♪

 しかし…「おうちカフェ」と言えるほどおしゃれな家に住んでいるわけでもなく、一人暮らしなので、結局自分でやらないと何も始まらないという現実。暑い台所で汗まみれになりながら鍋と格闘したり洗い物するのが、情けない…

 おうちカフェの現実はキビシイ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サッカー観戦

 夏休みらしいことしようというわけで、サッカー観戦に行って来た。昼間暑すぎるから、夜の外出は暑すぎなくてありがたい。

 でも、出かけるまでに結構葛藤があるんだよね…なんでも一人OKな私だけど、サポーターらしい恰好するわけでもなく普通の恰好で一人見に来ているおばさんて…ただでさえ、自分を棚に上げおばさんサポキライなので、自分の存在自体が会場にそぐわないよな、と変なところで気を遣ってしまうのである。

 でもまあそんなこんなで見に行ってきて…久々のスタジアムだったので作法をすっかり忘れていた。次回のためにここに書いておく。
 ・飲み物は売りに来るので、フードをとにかく確保する。手前のブースから売り切れる。並ぶ時間を考え早めにスタジアムに行く。こだわらなければ持ち込みの方がコスパは良いし並ばなくてすむ。
 ・ジュースは、紙パックのものなら持ち込める。
 ・一人のときは席とりができないので、少し高くても指定席がいいかも。

 味スタの場合、ホーム自由席が見やすくて好きなんだけど、今日は人がいっぱいで座れなくて、ほとんど立ち見だった。自分が並んだブースは行列がすごくて試合開始に間に合わないうえにつまみが売り切れてたり(他のブースではまだ残っていたのを後で発見)、自分がいた反対側で華麗なゴールが決まってよく見えなかったり、いまいち間が悪かったな~

 ま、でも普通の恰好で見に来てるひと結構いたし、なんだかんだで生観戦はやっぱり楽しい♪

 これからも、こそっと行こうサッカー観戦(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

帰還

 今日、実家から半ば無理矢理帰還。理由はとある占いイベントに行きたかったから。夜8時までだから夕方帰ってきて荷物を置いて出かければ大丈夫…なはずだった。

 17時頃帰宅して、場所を確認しようとパソコン開いたら…なんと、18時で終わりだって。行くだけでも40分くらいかかりそうだし、終了5分前に駆け込んで見てもらえるとは思えないので、あきらめ。

 折角、この夏の方位取りについて教えてもらおうと思っていたのにな~昨日も帰省(弟都合でこの日に私も集合となった)のため方位取りに行けなかったし、実家に私の開運を阻まれているような気がする。

 実家との距離の取り方とか、今度どこかで指南してもらおう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

これから帰省

 これから帰省。楽しみでもあるのだが、母が倒れてからは食事当番というミッションもあるため、緊張を伴う。

 しかし、前々からわかっているのに「2、3日分の献立を考える」という作業がどうしてできないのだろうか…

 何も考えず、目の前にある材料でどんどん料理ができる人がうらやましい。

 そして今回も、見切り発車のまま帰るのであった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハワイ風インテリア(笑)

 3年前にハワイに行ったのがきっかけで、遅まきながらハワイ風のインテリアもいいなと思った。普段の趣味には合わないけど、夏だけ小物にちょっと取り入れている。

 まず、ハワイアンキルトのパターンがプリントされている座布団カバー。玄関には、モンステラ柄の布(ニトリで買ったテーブルクロス)をカーテン代わりに下げている。玄関の上り口には、夏イトヨーで買ったホヌ柄のタオルマット。キッチンの足元には、ハイビスカス柄のタオル地キッチンマット。

 1つ1つは結構気に入ってるんだけど、ハワイ風の小物って日本の家(特にうちのような昭和のボロアパート)に飾るとヤンキーな感じになってしまうんだよね…しかも、クッションではなく座布団カバーってところに自分のハワイ趣味の限界を感じる(苦笑)

 いつかハワイ風インテリアが似合う素敵な家に住みたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

たぶん、今年で一番暑い日

 昨日が、この夏で一番暑かったんじゃない?暑いせいか寝つけなかったし夜中目が覚めたのも今年初…

 今日も暑かったけど、ゲリラ雷雨のおかげで大分気温が下がった気がする。雨に打たれて帰ったら、暑い室内が心地良かった(笑)

 立秋すぎたし、これから少しずつ涼しくなっていくと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お盆前

 もうすぐお盆だから、いつもの習い事教室や行きつけのカフェもこれから夏休み。しばらく会えないからちょっと顔を出しておく。1週間かそこらだけど、休み前の小さなお別れ。

 今の職場も、お盆前で終わりなので良くしてもらった同僚やおいしい社食とお別れ。もちろん、あまり好きになれなかった仕事とも、ね(笑)

 お盆前は少し切ない。お盆休みが終わると夏がゆるゆる終わりに向かっていってまた切なくなる…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ガリガリ君

 あまりの暑さに、禁乳製品の誓いを破ってしばらくご無沙汰してたアイスクリームを買おうと思ったが、良心が咎めてしまい(笑)、乳製品を使ってなさそうなアイスキャンディーを買うことにした。知覚過敏な私にはアイスキャンディーは食べづらいし、アイスクリームの方がおいしくて好きだからアイスキャンディーはほとんど買わないできたのだ。

 そんなわけで…スーパーのアイス売り場で一本だけ売れ残っていたガリガリ君の梨味を購入。実はこのトシにして、ガリガリ君初体験!私の子供の頃にはなかったような気がする。

 肝心の成分だが、乳製品は使ってないみたいだけど「この食品は、乳・卵を使用した設備で生産しております。」との但し書きが。でもこんなところにも企業のまじめさが感じられ好感度アップ↑。

 梨味は、甘すぎなくてさっぱりしてておいしかった。今度はソーダ味を買ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

衝撃の週末!

 今日、帰ってきたら部屋の温度が37℃…苦笑

 このところ猛暑と仕事で疲れるので、夕食後少し横になると必ず眠ってしまう。そして起きるのが大変。

 今日は休前日だからちょっとは心躍る…と思いきや、派遣会社から「契約満了のお知らせ」のメールが。

 8月後半、自由の身となりました(爆)

 よっし旅に…出られるかなあ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

緊急地震速報

 今日の午後、職場でサイレンのような音が一斉に鳴った。火災報知器かな?と思ったら久々の緊急地震速報!騒然とする職場「奈良だって」。電話中だった同僚「お客さんの電話から同じ音が聞こえてきた(笑)」。震災翌日の明け方、これでたたき起こされて迷惑したのが甦った。数分後こちらにも来るか、と身構えたけど何も起こらず。結局奈良はどうだったのかも確認できないまま仕事を続けて帰宅。

 帰宅してニュース等で、誤報だったことを知る。なんだーがっくし。

 それにしても、地震速報が来ても何事もなかったように仕事を続けるってのもどうなのよって思った。なんかオオカミ少年のごとく、本当に地震が来たとき誰も信じなくて、そのまま災難に遭うような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

猛暑復活

 今日、立秋なんだけど、久々に暑かった…帰宅したときの気温と、エアコンがない部屋の温度がひときわ違うからわかる。ちなみに帰宅時の部屋の温度は35℃(苦笑)

 体の疲れもいつもの3割増しな気がする。1か月前のパニック再び襲来か…

 個人的には、早めに仕事が終わるのでラストスパート、頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

術後半年検査

 今日は、術後半年検査の結果を聞きに行って来た。検査の内容は採血とエコー。

 先生は「特に問題ないですね」とひと言。まあステージⅠ・核グレードⅠだから術後すぐ再発ってこともないだろうけど…。血液検査も、チラ見したところγ-GTPの値だけ相変わらず高かった。これもがんとは関係ないそうだ。よく聞く「腫瘍マーカー」ってどれなんだろう。

 私の場合は、「検査」より「自覚症状」を大事にしてくださいとのこと。

 乳腺の方はこの病院でフォローしてもらえるけど、他の部分は自分で検診を受けていかないといけないようだ。乳がんって全身がんなのにね。あと、ホルモン治療の副作用も、こちらでは見てくれないので自分で他の医者にかかって対症療法をしていくしかないようだ(今のところ、医者のお世話にならずにすんでいるが)

 まずは半年、こんな感じで半年ずつ積み重ねていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏といえば…

 今、ねぶた&ねぷた祭りやってるね!まだ若かりし頃(と言っても今で言うアラサー)、今はなき「八甲田」(上野~青森まで行く夜行各駅(爆))に乗って青森に行き、ねぶた祭りを見てその晩の夜行バスで帰京という弾丸一人旅やったっけなあ(呆)帰りのバスの時間が出発時間が結構早くて、肝心のねぶたが2時間くらいしか見られなかったり(苦笑)。帰ってきてからはもうヘロヘロ、回復に時間がかかってかえって時間のムダ(爆)でもちょっと遅く来た青春のいい思い出。

 その反省を元に(笑)、数年後弘前ねぷたツアーを敢行。じっくり見て回ろうと泊りにした。でも行きは夜行バス(爆)朝着いたのが早すぎてやはりヘロヘロのまま早朝の弘前城を観光したっけなあ。しかし、この旅は本当充実しした旅だった…ねぷたも哀愁漂ってて良かったし、弘前の街並みもレトロで面白かったし、2日めには思い立って青森のねぶたと弘前のねぷたのはしご(笑)不思議な出会い、偶然の出会いもたくさんあり、私にとっては不思議の国のアリスになったかのような旅だった。

 夏の青森、また行きたいなあ。自分のキラキラしてた時代と共に思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アンダルシアの虹

 今日、ネットの占いページには「懐かしいものとの再会がある」と書いてあった。そしたら…

 昼、近所のカフェにランチに行って、一旦帰宅。いつもはこの時間家にいないから久しぶりの番組でも見よっかな、とTVをつけて適当にチャンネル変えてたら…あれ?今やすっかり懐かしくなった4:3の画面に、見覚えのある風景…NHKでやってた「アンダルシアの虹」だった。

 高校生のころ、不定期に放送されるこのシリーズを夢中になって見ていた。今の街歩き番組ではないが、まるで自分が現地を旅しているような気持になれたからかもしれない。いちおうドラマなんだけど、あまり筋書もないし、主人公の女性がとても自然体で、現地の雰囲気に溶け込んでいるさまが素敵だった。スペイン語にもちょっと興味が出てきた頃で主人公が話す拙いスペイン語も一生懸命聞いていた。田舎にいて、外国どころか東京もおぼつかない状況だったから、余計海外の映像に惹かれたのだと思う。でも、それで「よし、旅に出よう」とかは思わなかったんだよね…実際に旅に出たのはそれから10年後だし。夢は大きかったが、頭で思うことと行動が全くつながっていなかった。

 それから、こういう私的な作品の企画が許されるNHKは懐深いなと思った。どうやって企画を通したのかも興味深い。これは、大人になったから思いつく視点。

 少しの時間しか見られなかったが、自分の人生にも希望に満ちた純粋な時期があったのを改めて思い出させてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

盆踊りの曲

 今日、地元の盆踊りらしく盆踊りの曲と太鼓の音が聞こえてきた。盆踊りというと思い出すのが…

 子供の頃の盆踊りで流れていた曲は地元の音頭、東京音頭、炭坑節、森昌子の「お母さん」、それになぜか「21世紀の夜明けは近い~」という歌詞の歌があって妙に印象に残っている。「あれから~31年たてばこの世は21世紀♪」って1969年の曲ってことだよね、古っ。でもたぶん80年代までかかっていたような(爆)…子供の頃の盆踊りは超楽しくて本当にいい思い出なのだが、この曲を思い出すと、なんか切なく苦い感情がわいてきてしまうのである。振付も教わったことないけどまわりの人を見ながらテキトーに踊っていたし、いろんな意味でナゾな曲である。

 長らく、水前寺清子の曲だと勝手に思い込んでいたが今ネットで調べてみたらなんと佐良直美の「21世紀音頭」という曲なんだって。さ、佐良直美?びっくり~!!いやーネットって便利だわ。

 そして、あれから31年たって21世紀になってすでに13年たっているというのも、すごいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

週末だけど…

 週末だけど、昨日休みだったかわりに明日は出勤。いまいちリラックスできないな…

 通勤時間短いし、お弁当の準備もないから今までの派遣先より時間的にはラクなはずなのだが。

 やっと慣れてきたので夏の間はこの仕事でいいんだけど、どこへ流れていくのだろう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

李小龍 マイブラザー

 7/20が命日とのことで、7/20頃TVでブルース・リー(李小龍)のことが紹介されていて、それがきっかけで見にいくこととなった。六本木の王家衛特集も捨てがたかったけど、たぶん青春の挫折感(苦笑)を味わうと思ったので未見のこちらをチョイス。

 ここ数年、李小龍の師匠の葉問関連の作品が何作か作られていたけど、次には李小龍のリバイバルブームなのかな。当然、描かれている時代も同時代だし続編みたいな感じがした。実際、師匠だから葉問も登場する。途中のボクシングのシーン…葉問の映画にも同じような格闘シーンがあったしな~。

 兄弟が覚えているエピソードを基に作られた作品とのことだけど…1950年代の香港が舞台の青春映画として普通に楽しめる。ストーリーもちゃんとできてるし、アクションもあるし、逆にどこまで実話なのか疑ってしまったほど。それほど、李小龍の人生が香港映画そのものだったということか。李小龍役の役者さん、顔や雰囲気が似ていてなかなか良かった。

 まさに「ドラマのような人生」こんなことがきっかけで、アメリカに渡るなんて…高飛びって本当にあるんだ(爆)映画はアメリカに行くところで終わるけど、その後アメリカで名を上げて帰ってきて香港でたて続けに映画を撮って、これからというとき亡くなって、死後作品が大ヒット…まさにドラマ以上の人生。特別な星のもとに生まれた人は、出だしから違うんだな。彼を見守るご家族・関係者はどんな心持ちだったのだろう。

 もう一作の、娘さん監修のドキュメンタリーも見てみたい。そして、葉問を取り上げた作品がまた公開されるらしい(映画館にポスター貼ってあった)。しばらく私の中でレトロ香港ブームが再燃しそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »