最近のトラックバック

« 7月終わり | トップページ | 週末だけど… »

李小龍 マイブラザー

 7/20が命日とのことで、7/20頃TVでブルース・リー(李小龍)のことが紹介されていて、それがきっかけで見にいくこととなった。六本木の王家衛特集も捨てがたかったけど、たぶん青春の挫折感(苦笑)を味わうと思ったので未見のこちらをチョイス。

 ここ数年、李小龍の師匠の葉問関連の作品が何作か作られていたけど、次には李小龍のリバイバルブームなのかな。当然、描かれている時代も同時代だし続編みたいな感じがした。実際、師匠だから葉問も登場する。途中のボクシングのシーン…葉問の映画にも同じような格闘シーンがあったしな~。

 兄弟が覚えているエピソードを基に作られた作品とのことだけど…1950年代の香港が舞台の青春映画として普通に楽しめる。ストーリーもちゃんとできてるし、アクションもあるし、逆にどこまで実話なのか疑ってしまったほど。それほど、李小龍の人生が香港映画そのものだったということか。李小龍役の役者さん、顔や雰囲気が似ていてなかなか良かった。

 まさに「ドラマのような人生」こんなことがきっかけで、アメリカに渡るなんて…高飛びって本当にあるんだ(爆)映画はアメリカに行くところで終わるけど、その後アメリカで名を上げて帰ってきて香港でたて続けに映画を撮って、これからというとき亡くなって、死後作品が大ヒット…まさにドラマ以上の人生。特別な星のもとに生まれた人は、出だしから違うんだな。彼を見守るご家族・関係者はどんな心持ちだったのだろう。

 もう一作の、娘さん監修のドキュメンタリーも見てみたい。そして、葉問を取り上げた作品がまた公開されるらしい(映画館にポスター貼ってあった)。しばらく私の中でレトロ香港ブームが再燃しそう。

|
|

« 7月終わり | トップページ | 週末だけど… »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/57908724

この記事へのトラックバック一覧です: 李小龍 マイブラザー:

« 7月終わり | トップページ | 週末だけど… »