2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« 夏といえば… | トップページ | 猛暑復活 »

術後半年検査

 今日は、術後半年検査の結果を聞きに行って来た。検査の内容は採血とエコー。

 先生は「特に問題ないですね」とひと言。まあステージⅠ・核グレードⅠだから術後すぐ再発ってこともないだろうけど…。血液検査も、チラ見したところγ-GTPの値だけ相変わらず高かった。これもがんとは関係ないそうだ。よく聞く「腫瘍マーカー」ってどれなんだろう。

 私の場合は、「検査」より「自覚症状」を大事にしてくださいとのこと。

 乳腺の方はこの病院でフォローしてもらえるけど、他の部分は自分で検診を受けていかないといけないようだ。乳がんって全身がんなのにね。あと、ホルモン治療の副作用も、こちらでは見てくれないので自分で他の医者にかかって対症療法をしていくしかないようだ(今のところ、医者のお世話にならずにすんでいるが)

 まずは半年、こんな感じで半年ずつ積み重ねていこう。

|
|

« 夏といえば… | トップページ | 猛暑復活 »

乳がん記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/57940811

この記事へのトラックバック一覧です: 術後半年検査:

« 夏といえば… | トップページ | 猛暑復活 »