« ホルモン治療の副作用 | トップページ | 人生がときめく片付けの魔法 »

20年ぶりのライブ

 今日、学生の頃好きだったアーティストのライブに久々に行った。最後に行ったのがいつなのかは覚えてないけど20年以上前なのは確か…

 30代以降、芸術鑑賞のメインは映画だが10代から20代半ばまではとにかく音楽だったのだ。貧乏でレコード買えないから情報源はひたすらラジオ。FMラジオから一生懸命エアチェックしてたなあ。今のダウンロードと通ずるものがあるかも(笑)

 田舎にいたころは洋楽が中心だったけど、上京後、東京ではアーティストに割と簡単に会える、というのを体験してから一気に日本のアーティストに傾倒。少ない仕送りをやりくりしてコンサートへ。学園祭はチケット代が安いし近くで見られるので「ぴあ」で一生懸命調べて出掛けた。出待ちもやったしバックバンドの人がやってるユニットのライブに行ってみたり、会場でいろんな人と知り合ったり。ああ、青春そのもの(笑)

 30才近くなって、気軽に行けて安上がりな映画の方の割合が大きくなり、自然とライブに行かなくなっていた。好きなアーティストが年とって段々ライブをやらなくなってきたのも一因だった。

 昔のことをウダウダ懐かしんでいるのが好きな私だけど、音楽に関してはあまり振り返ることがないのは、当時とことんやりつくしたからだと思う。とことんやって、卒業していくものなんだよね。

 気が付くと、私が若いころよく聞いていたアーティスト達は、懐メロのくくりになっていた。あの頃流行っていた人達同士でジョイントコンサートとかやってたり。でもあまり行ってみたいと思わなかった。老醜を目の当たりにしてがっかりしそうだったから。「あの人の今」を見るくらいなら当時の映像でいいじゃないかと思っていた。

 前置きが長くなり過ぎたが、昔一番好きだったアーティストをネットで検索してみたら、まだまだライブもやっていることを知った。どこかで行こう、行こうと思っていたのが今日やっと実現した。

 20年ぶりに見たその人は…見た目はそれなりにおじいちゃんになっていたけど歌や演奏は古臭くなく、昔のラブソングとかも違和感なく、普通に楽しく鑑賞することができた。ずっと芸能の世界で生きてこられたなんて、尊敬に値する。20年のわだかまりもとれてしまった。間近で見られて本当に良かった。

 「昔の自分を見つめる旅」のつもりで行ったけど、時空なんて超えて楽しんでしまった。やっぱり芸術は素晴らしい。
 

|
|

« ホルモン治療の副作用 | トップページ | 人生がときめく片付けの魔法 »

思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/58272203

この記事へのトラックバック一覧です: 20年ぶりのライブ:

« ホルモン治療の副作用 | トップページ | 人生がときめく片付けの魔法 »