最近のトラックバック

« トヨタの片付け | トップページ | 書類の断捨離 »

大統領の料理人

 ほとんど予備知識なく、時間が合うからというだけで見てみたけど、なかなか良い作品でした。

 欧米は男女平等というイメージがあったけど、フランスもやっぱり男社会なんだな~料理人やスタッフの勢力争いは、なんだか「大奥」をも思わせる。

 そんな中、自分の道を貫き通す主人公。料理にかける情熱・知識・スキルが素晴らしい。コストや健康無視なところなど、浮世離れしてるかなとは思うけどあくまで妥協を許さない。そして引くときはあっさり引く潔さ。

 劇中に出てくる料理もおいしそう。実際に作るのは助手なんだけど、あんなにいろいろ同時進行して、タイミングよく、しかもおいしく料理を作るなんて大変だ!ほとんどの主婦の人は毎日やっていることだけど不器用な私にはすごいことに思える。

 そして何より、スキルがあればいくらでも再出発は可能というのがいいよね。

 主人公がうらやましい。うーん、仕事ができる人になりたかった。

 

|
|

« トヨタの片付け | トップページ | 書類の断捨離 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/58174855

この記事へのトラックバック一覧です: 大統領の料理人:

« トヨタの片付け | トップページ | 書類の断捨離 »