最近のトラックバック

« 温度差ありすぎ3 | トップページ | 台所革命なるか(笑) »

恋する惑星

 私が香港映画にハマり始めたころ流行っていた作品。久々に上映されていたので見に行って来た。

 私は続編の「天使の涙」の方が好きで5,6回見ているのに対し、こちらは2,3回くらい。しかも最後に見たのが10年くらい前だと思う。部分部分で印象的なシーンはあるものの、ストーリーはあまり覚えてなくて…

 オープニングが夜明け前の香港の空のシーンに金城君の独白で、「へぇーこんなんだったっけ…」と感心したり(爆)今回見たおかげで、ストーリーや登場人物の位置づけがやっと明確に分かった。今まで何見てたんだ私。

 そして、、今改めて見ると出演者が皆若い!フェイ・ウォン、色白で肌がピカピカでスタイル良くて羨ましい!これで中国人に憧れたんだよね。ブリジット・リンも美しいし、トニー・レオンもこの頃が一番恰好良かった!!金城君も初々しくてかわいいし。香港の映画界もまだまだ勢いがあったし、出演者もこの頃が芸能人生の頂点だったのではと思う。

 そして、今はもうない風景もたくさん…ロケ地のサンドイッチ屋さんはもうないし、コンビニのOKストアも見かけない。啓徳空港も。そして固定電話とポケベルでやり取りすることとか。あの頃からもう20年近いんだもんね。

 この作品を見ると、30過ぎてドロップアウトしてしまったけど「こんなトシでもまだ希望がある」と期待に満ちていた日々が甦る。生きてるだけで丸もうけなんだろうけど、もう少し何かできてたらな…

 でも、いつ見ても素敵な作品には変わりない。本当に香港は「恋する惑星」です。

|
|

« 温度差ありすぎ3 | トップページ | 台所革命なるか(笑) »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/58429756

この記事へのトラックバック一覧です: 恋する惑星:

« 温度差ありすぎ3 | トップページ | 台所革命なるか(笑) »