« 乳製品おそるべし | トップページ | 食品偽装表示問題 »

あの頃、君を追いかけた

 台湾で大ヒットした青春映画。青春映画は基本苦手なのだが、台湾映画だからということで見に行った。

 結果…もちろん面白かったけど、私より若い人の「昔話」ってのが…(苦笑)当時起きた事件や世相なども織り込みながら話は進むのだが、その当時に私はとっくに大人だったので、「あちゃーこの頃高校生だったのか…」と思ってしまい話に入り込めないところがあった。同じ台湾青春映画でも「恋恋風塵」だと、主人公と同世代なのでどんぴしゃに物語に入れるのだけど(あ、トシがばれる)。あとは、イケてる青春を送れなかった私のヒガミ。どうしても、青春ものって素直に見られないんだよね。

 この作品で心惹かれたのが、ヒロインの友人役の女の子。どこかで見たような~誰かに似てるような~と思っていたら、そうだ!この夏の派遣の仕事で一緒だったAさんだった。たまに隣の席になるくらいだったのに気さくに接してくださり、素敵な出会いだった。実際のAさんは19才のお嬢さんがいる立派なお母さんだけど、Aさんが若かったら映画の中の彼女のようだったかも…と一人で勝手に盛り上がっていた。その部分だけは時空を超えて入り込んでしまった。

 原作がネット小説だし、ヒロインの友人はのちにブログの女王になってたりして、イマの時代を感じる。

 ネガティブな書き方になっちゃったけど、話は普通に面白いので青春時代から時間がそんなにたっていない人、または青春を満喫しきって未練のない人におすすめです。

|
|

« 乳製品おそるべし | トップページ | 食品偽装表示問題 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/58521665

この記事へのトラックバック一覧です: あの頃、君を追いかけた:

« 乳製品おそるべし | トップページ | 食品偽装表示問題 »