« 東京難民 | トップページ | ゆったりの週末 »

契約社員の事件

 ちょっと時間がたってしまったけど、昨日の映画に触発され、「冷凍食品農薬混入事件」について。犯人逮捕直後「こういう事件があるとすぐ社会のせいにする論調があるが、それはおかしい」というような趣旨のコラムがあって、それもそれでわからないではないけど、うーんちょっとねー。今回の犯人は、スキルの割に自己評価が高い残念な人で、確かにこの人個人の問題だったのだろうけど、やっぱり会社の体制もおかしかったのだと思う。給料下げときながらしっかり働いてもらおうというのが、おめでたすぎる。たぶん正社員の待遇を守るため非正規雇用の給料から削ろうという話になって、「給与体系見直し」になったのだろうというのは容易に想像がつく。

 残念な犯人だけど、それでも10年近く同じ仕事を続けて来られたのだから、待遇を少しでも良くして気持ちよく働いてもらった方が絶対生産性が上がって事件も起こされなかったろうに、契約社員をバカにしたツケが回ってきたと思う。食品会社って体質古いし、非正規雇用者に厳しい割にムダな正社員が多かったりするんじゃないかな。

 「待遇に不満があるならやめればいい」と簡単に言う人もいるが、地方だと職業選択の自由がなかったりするし、世の中そんなにスキルのある人ばかりじゃないのだ。そんな人でも「働いて生きる権利」がある。

 今回の件で、犯人のいた会社では「事件を反省し契約社員の待遇見直し」なんてことには絶対ならずかえって締め付けが厳しくなることが予想されるけど、非正規雇用をバカにしてるとイタい目に遭うのです。

 正社員も非正規の人も同じ人間で、大差はない。非正規を信用したくないなら、正社員が現場仕事をやってみればいい。そしたら下々の人の痛みもわかって本当の意味での解決策が見えてくると思う。

 

 

|
|

« 東京難民 | トップページ | ゆったりの週末 »

会社遊牧民-派遣生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/59225089

この記事へのトラックバック一覧です: 契約社員の事件:

« 東京難民 | トップページ | ゆったりの週末 »