最近のトラックバック

« IKEA立川♪ | トップページ | ナゾのスポーツ新聞 »

鑑定士と顔のない依頼人

 週に一度は芸術体験しなきゃというだけで、予備知識なく見に行った作品。イタリアの風景で旅気分になれればいいやと思って。

 堅物の鑑定士と、姿を見せない依頼人の攻防ということでここから事件とか起こって巻き込まれていくのか、と思いきやちょっと違った方向に行き、それじゃ恋愛ものなのか、というとどんでん返しがあり…ネット評にもあったけどサスペンス仕立てにしたヒューマンドラマですね。ロケ地はイタリアだけど、セリフや登場人物の名前からして舞台はロンドンの設定なんだろうか。

 ところで主役のジェフリー・ラッシュ、名前だけ憶えがあった。たしか「シャイン」の主役の人…あの映画では若者だったはずなのに、こんなおじいさんになっちゃったのかと驚いたが、「シャイン」がもう20年前なんだね。

 話は劇中に戻って、初老のおっさんと若い女性の恋愛、ちょっとあり得ないけどまあ映画だからね~と思っていたら「あ、やっぱそうか…」という展開に。それにしては、話の仕込みに手がかかりすぎてるし主人公のおっさんの長年の身近な友人全員がからんでいたり、実際はそこまで実現するのも大変そうな…かえって嘘みたい。

 この作品は話の辻褄を追求するのではなく、初老のおっさんが見た白日夢の話と捉えるべきなんだろう。

 例えるなら、「とても映像が豪華な「笑ウせえるすまん」」といったところかな。私も若くない独身なので、老いらくの恋には気をつけよう、というのを自分への戒めとしたい(苦笑)

|
|

« IKEA立川♪ | トップページ | ナゾのスポーツ新聞 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/59491885

この記事へのトラックバック一覧です: 鑑定士と顔のない依頼人:

« IKEA立川♪ | トップページ | ナゾのスポーツ新聞 »