« 今年は、花以外で花見気分 | トップページ | 駆け込みで花見 »

季節外れのお雛様

 実家には、祖母が私のために作ってくれた木目込のお雛様があるのだが、母が倒れてからは飾ってくれる人もなく、しまわれたままだった。私のお雛様なんだから、今年は私が飾ることにした。

 うちの地元は月遅れの4月3日がひな祭りの日(理由:寒すぎて3月3日だと桃の花が咲いてない)なので、先週出して帰って今週しまう予定だったのだが、先週は用事に追われて出す時間がないまま帰ってしまった。また来年にしようかと思ったけどもう何年も出してないから虫干しもしたいし、もう行き遅れてるから早くしまわなくてもいいし(笑)ということで今回出すことにした。

 お雛様の箱は、私の部屋のたんすの上にずっとあったのだが自分でちゃんと開けたのは初めてだった。お雛様の他、ぼんぼりや台座も一緒にしまってあったのだが、台座が組み立て式なこととか、金屏風の内側には一枚一枚薄紙が挟んでしまわれていたりとか、初めて知ったことが多かった。今までいかに母任せだったか思い知らされた。そして母が人形を丁寧に扱っていてくれたことに感嘆した。

 お雛様は、私の部屋のすみに置いてある茶箱の上に緋毛氈を敷いてセットした。金屏風は2枚あるのだが、茶箱の幅が狭くて広げきれなくて一枚にした。そして壊れたままのぼんぼり。数年前、いきなり電球が破裂したという代物(笑)これも買い替えようと思っていたけど結構いい値段するからそのままにしていたけど、布の部分がびりびりになってきていたので来年は新しいの買おう。

 誰も使わない部屋に一週間人形出しっぱなしってのも変だけど、この家を人形に見守っていてもらいましょうということで。

 そんなこんなで、自分でお雛様を飾るのは、いい経験になった。母から仕事をひとつ受け継いだ。来週帰ったときしまうのだが、同じようにきれいにしまえるかな。

|
|

« 今年は、花以外で花見気分 | トップページ | 駆け込みで花見 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/59418127

この記事へのトラックバック一覧です: 季節外れのお雛様:

« 今年は、花以外で花見気分 | トップページ | 駆け込みで花見 »