2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« 曹操暗殺 三国志外伝 | トップページ | 今年は、花以外で花見気分 »

花見の代わりに桜ソングあれこれ

 今日は花散らしの雨で、会社帰りの花見に行けず。今の通勤経路は近所の桜の名所と反対方向なので、花見は半ばあきらめていたけどやっぱり雨はいやだよね…

 その代わりと言ってはなんだけど家でYoutubeで桜の歌をあれこれ探して続けてかけて「桜メドレー」花見ならぬ花聴き(笑)それにしても桜の歌、ほんとにいろいろあるねー。

 桜の歌でここ数年一番好きだったのはケツメイシだったけど、今年はmonkey majik。通勤バスの中でラジオから流れてきて感動。今年の歌でもないのに、ちょっと気づくのが遅すぎた。モンマジは、日本語の歌でありながらなぜか海外旅行気分になれるので大好き。

 あとは松たか子の「サクラ・フワリ」とかつじあやのの「桜の木の下で」とかいきものがかりとか。元祖桜ソングの森山直太朗や河口恭吾も久々に聴いたらやっぱり良かった。

 そんなこんなで家の中でささやかに花見気分♪

|
|

« 曹操暗殺 三国志外伝 | トップページ | 今年は、花以外で花見気分 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/59406805

この記事へのトラックバック一覧です: 花見の代わりに桜ソングあれこれ:

« 曹操暗殺 三国志外伝 | トップページ | 今年は、花以外で花見気分 »