« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

7月終わり

 今日で7月が終わり。前半がワールドカップだったせいもあるけど早かったなあ…。そして印象的なのが、身辺が賑やかになってきたこと。数年ぶりの人と再会したり、職場で飲み会があったり、ちょっとしたイベントに参加したり。それまでが、いかに何もなかったかとも言えるんだけど(爆)先月の方位取りのおかげか、芸術関係とかエンタメ関係が充実してきている。

 来月はお盆の週が夏休み。こちらと実家で「おうちリゾート」しつつ、次への計画を練ろうと思う。

 あとは暑さに便乗してダイエット!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

超高速!参勤交代

 何も考えずバカ笑いしたくて行ってみようと思った作品。しかし、気が付いたのが上映期間の終わり頃、上映館が少ないし昼の上映ばかり。結局やっと見つけた映画館も時間がキリギリで、駅そばをかきこんでから映画館へ駆け込むという、映画を見るまでがなかなかスリリングな展開だった(笑)

 さて、予備知識が全くない状態で見ているので、この作品のバックグラウンドがどんなのかも全くわからず…まさか史実ってこともないよね…

 見る前は「真夜中の弥次さん喜多さん」みたいな徹頭徹尾オバカ映画を期待していたのだが、そんなこともなくてわりとまともな時代劇だった。キャストが今の人なのでその分だけ現代風な感じがする。でも佐々木蔵之介、ちょんまげが似合う~完璧江戸時代顔だ!(笑)

 どこからが本気でどこからが冗談なのかわかりづらかったけど、それなりに面白く楽しんで見た。テレビの時代劇が好きな人におすすめ。

 Wikiで調べたら、原作はコンクール入選作とのこと。イマ風のタイトルはこのせいだったのね。作品の成り立ちを知って納得。

 そして最後に、トレンディ俳優だった(その前に、本当はロッカーなのを知っている人は少ない(笑))陣内孝則がコテコテの悪役になっていてウケながらも時の流れを感じたのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

タロットのお告げにより

 今日は映画に行きたかったけど、まだ体調に不安もあるし、細々した用事も残ってるし、さてどうしようどうしよう…そんなときはタロット様のお出まし。

 いろんなことを思いついて迷って身動きとれなくなりやすいので、解決策としてタロットを習得しようと思いつき、カードを購入。テキストは図書館から借りて来た(ケチ)でも、なんかピンとこないというかイメージがわかないというか…

 それを行きつけの占い師さんにぽそっと愚痴ったところ、先生のやり方として「毎日一枚カードを引いて、その日の印象をノートにつけて、カードのイメージを覚えていく」というのを教えてくれた。なるほどと思い、その後実行している。間違えて買ってしまった大アルカナだけのセットが大活躍。

 それから、何か迷ったら一枚引きをしてカードを比べて良い結果が出た方を選択する。「どちらがいいカードなのか」というのが難しいのだが、これをマスターすれば「迷いの少ない人生」になるはず。

 話は元に戻って、今日はかなり映画に行く気になっていたのだが、朝引いたカードは「映画に行く」に節制のカード、「行かない」に正義のカードが出た。これはどう解釈すればいいのか?

 次に帰りのバスでもう一回引いてみる。「映画に行く」は恋人の逆、「行かない」は力。なんとなく行かない方がよさそうかな…

 バスを降りて、今日で最後のハバネロトマトバーガーを食べにマックへ。あまり何度も引くのは良くないのでこれで最後と決めて引く。「映画に行く」には悪魔、「行かない」には運命の輪が出た。これで心は決まり。映画はやめ!

 それで、いろいろある用事その1で「咳止め薬探し」大変重宝したアネトン咳止め液の分包を探してドラッグストアの旅~(笑)3軒を回って見つからなかったけど、今まで入ったことのない店ににも行けて新鮮。

 それから隣駅へ移動して、4軒回るけどやはり見つからない。途中で、トイレの便座カバーとかコーヒー豆とか買いそびれていたものを買う。最後の頼みでデパートの地下に入っている大型店へ行ってみたら、あ・っ・た!やったー、これだけでも映画をやめた甲斐があった!実はやはり薬なしで過ごすのは不安だったのだ…

 それから最寄り駅に戻って、卵だの粉末緑茶だのこれまた買いそびれてたものを抜かりなく買う。先週までは、3つ買う物があったらうち2つは買い忘れたり売り切れてたりでなかなか買い物もままならない状態だったのだ。

 家では残っている野菜を食べて、ボタンつけもして♪

 映画に行くより有意義に過ごせたと思う。これからもタロットを活用していくぞ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そして咳が残った…

 怒涛の週末ミッションが終わり、ひたすら脱力~。

 そして、ミッション開始前からの問題。先週末に実家に泊まったときに風邪を引いてしまい、体は元気なのだが咳だけが残ってしまって…職場でいきなり発作が来て、あわててトイレへ駆け込むまでに。このレベルの激しい咳、何年おきかに見舞われてしまうのだ。いつもは薬などは使わないけど、今回は念のため金曜の飲み会の前にお守り代わりの咳止めを購入。

 アネトンの分包になっているシロップなのだが、これがなかなかグッド!水なしで飲めて便利だし、喉も潤うし。金曜日は使わないで済んだが、土曜日に実家に行く電車の中で咳が来て、思わず服用。ほどなく咳も止まった。普段薬を使わないだけに、威力に感動した。ただし、休みの日はいいけど仕事時間中だと眠くなってたまらないけどね…。

 持ち歩きに最適なんだけど、実は売っているところがすごく少ない!今日最後の1つを飲んでしまったのだが、近所のドラッグストアに分包は置いてなくて、確か家に昔買った咳止めがあるからそれでいいや…と買わないで帰ってきて救急箱をチェックしたら、なかった(大汗)

 会社の周りには何もなくて日中の買出しも行けないので、明日夕方まで薬なしで乗り切らなければいけない。大丈夫だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

全ミッション完了!

 今日はなんとか普通に起きたけど、やっぱりグダグダ…でも最重要ミッションが終わったのでほっとひと息。山のような食べ物を持たされて実家から帰ってきた。予定より早めに帰れたので部屋の掃除などもできてよかった。

 夜は初めてやるイベント、どうなるかと思ったけどとても楽しかった~♪たくさんしゃべって人の話も聞けて♪これから恒例になるかも。

 あとは咳が止まれば…仕事の方もしっかり頑張る!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

空回りのミッション2/3完了

 今日は最大のヤマ場である実家ミッション。母を施設から一時帰宅させたのだが、介護食もイマイチうまくできず、空回り気味。母も認知症が進み、感情表現も少なくなって帰宅をそれほど喜んでいなかった。今回の件、どう認識してくれたのだろう。

 体は元気なのだか咳が止まらないので家族から大ヒンシュク。仕方なく普段は飲まない総合感冒薬を服用。

 明日、最後にもうひと仕事。楽しく終わりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ミッション1/3終了!

 最近、イベントごとがめっきりご無沙汰の私なのだが、木星獅子座入りのせいか、今週末はイベント3連チャンなのだ!そして今日、ミッションその1の飲み会終了。どんな宴会になるのかちょっと不安だったけど蓋を開けたらとても楽しく、やっぱ飲み会っていいね♪みんなとの距離も縮まった気がする。

 ちょっと飲み過ぎちゃったけどこれから帰省の支度をして、明日は実家で母の一時帰宅ミッション。こちらも久しぶりなのでキンチョー。本当は手料理でもてなしたかったけど結局市販の介護食を買っただけになってしまった。唯一自分でゆでる素麺(笑)でせめてもの手作り感を出そうと思う。

 そして次の日もイベントがあるのだが、無事乗り切れるのだろうか。がんばれ、私!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏のシャワージェル

 今年の夏は暑いので、洗った後風に当たると身体がすーっと冷えるメンソール入りボディシャンプーを3年ぶりくらいに買うことにした。

 し・か・し…ドラッグストアに行っても売ってない…似たようなものはあるが、表記が「化粧水」となっているものは洗浄効果はないので体を冷やす効果しかない。これだと別の洗浄剤で洗わないといけないので2度手間。私が求めているのは「洗浄剤」と表記のあるものなんだけど…

 メンズビオレで以前出していて、愛用してたんだけどなあ。最初はメンソールとフローラルの香りと2種類出していたと記憶しているが、メンズのせいかフローラルはなくなってしまった。仕方なくメンソールを使っていたのだけど、新しい香りとか出てるかもしれないし♪

 しかし、いろんな売り場で探すけどないんだよね、メンズビオレが…バブシャワーはどこでも揃えてあるけど、化粧水なのでパス。シーブリーズはボトルがデカすぎるのでパス。他のメーカーから新商品が出ていないかと期待したけど、ない…。

 やっとみつけたバスクリンのものがいいかと思い買ってみたが、残念、全然冷えなくて普通のボディシャンプーと変わらない…医薬部外品だし、さらさら成分とか入っているらしいのだが。

 そして今日、たまにしか行かないドラッグストアでメンズビオレのクールシャワージェルをやっと発見…でも もう今年の分はあるから買えないや。

 日本が熱帯化してるから需要が増えて新商品がいろいろ出ていると思ったのだが、世間の人は夏の湯上りにどうしているのだろうか。タイで売ってるフラフラ(湯上りに体を冷やす粉)も普及しないしね。エアコンの効いた家に住んでて必要ないってことなのか。すごく便利だと思うんだけどなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

愛しのフリーダ

 ビートルズのマネージメント事務所の事務員さんだった女性のドキュメンタリー。あの時代の空気感を味わいたくて見に行った。

 17才の普通の女の子が、憧れのバンドの事務所で働くことになり、そのバンドが世界的なスターへと育っていって…こんな体験ができて、本当に羨ましい!でも、この大変な仕事を10年も続けられたのだから、本人にも運を掴みモノにする確かな実力があったということ。主にファンクラブ関係の業務を任されていたようだけど、世界中のファンをさばく大変な仕事を10代からぶれないで続けてこられたなんてすごいなあ。10代から、的確な判断力があったということだから。そして、若き日のフリーダは本当にかわいいし楽しそう。ファンへの対応から、メンバーの家族とのおつき合いまで、仕事を超えて全身全霊で楽しんでいる。そして才能ある人々との出会い。マネージャーのブライアン・エプスタイン、実際に会ってみたかったなあ。

 ビートルズの仕事がなくなってからもその経歴をウリにすることもせず、今も事務員で働き続けているというのもすごいし…

 本当、なんて出会いに恵まれた人生なんだろう。私なら人生後半はビートルズの思い出だけで生きられる(笑)

 映画に出てくる昔のリバプールの風景も心にしみる。閉館してしまった「ジョン・レノン博物館」の図書コーナーで、リバプールの昔の街の写真集に飽きずに見入っていたときの気持ちが甦ってきた。

 そして今日、図書館帰りのカフェにはずっとビートルズナンバーが流れていた。 ビートルズは永遠。いつか、リバプールの街を見に行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダンナ様はFBI

 1年以上前に読んだ本だが、昨日の記事に続き結婚モノということで。この本は、Amazonで本探しをしていた時に関連検索で出て来た本…自分自身は全く機転がきかないヘタレだけどスパイとかには結構興味があるのだ。なにしろ、占い師さんによると私の前世は「武将でスパイ」だったとのこと(爆)、前世で権謀術数を使い過ぎたため、現世ではそれらの能力を封印されてしまったのだろうと勝手に考えている(笑)

 自分の話はさておき、この本は元FBI(でも、あくまで自称)のアメリカ人男性に見初められて結婚したキャリアウーマンの話である。この本でまずいいなと思ったのが、出会って以降「押しつけがましくない内容の手紙が、時々送られてくる」というゆったりとした交際の始まり。「誰にも邪魔されず、マイペースでゆっくり気持ちを確かめていく」というまさに私の理想のパターン。でも実際、自分が適齢期の時世間はバブル期で生き馬の目を抜く恋愛戦国時代、じっくり愛をはぐくむなんて無理だったのだ。

 で、本の前半にはそうして結婚したはいいがFBIでの教育が骨の髄までしみたダンナ様の心配性すぎるエピソードが紹介されているのだが、途中で何となく違和感が…「個人宅の電話で名乗らない」とか「CDも破砕できるシュレッダー」って別に普通だよね…と読み進めていって、この話が実は80年代のエピソードとわかる。な、なんだーもっとリアルタイムに書いてくれればよかったのに。

 そして後半では一転、FBIで鍛えられたダンナ様による、奥様へのビジネス指南編となる。「外出するときは必ずハイヒール」とか「スーツでスーパーに行かない」など、書いてあることに納得はいくが、私はまずやらないことばかり(笑)ハイヒールを履かなくていい、仕事の格好でそのままスーパーに行ける身分(笑)ということで私は派遣に落ち着いてしまったから…。そんなわけで、後半はあまり真剣に読まなかったが、本に書かれていることはなるほどと思うことばかりである。そしてそんなダンナ様の指南を受けつつ、奥様である著者は着実にキャリアアップしていくのである。私は挫折しちゃったけど、20代はキャリアに憧れていたので、こうして第一線でずっとお仕事をされている著者が本当は羨ましいのである。

 この本で思ったのは「リアルタイムに出したら良かったのに」ということと「ダンナ様の面白エピソードとビジネス指南編を別の本にした方が良かったのに」ということかな。でも、「ダーリンは外国人」よりは確実に中身が濃い本。アメリカ流にビジネスで成功したい人にはおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

僕の妻はエイリアン

 「「高機能自閉症」との不思議な結婚生活」の副題に惹かれ手にした本。実は以前、障害まではいかないが高機能自閉症の傾向がかなりある男性と仕事(イベントの幹事)をしたのだが、話が最初から最後までかみ合わず大変苦労した経験がある。こちらに命令はしてくるが人の話は全く聞かない人だった。「人の話を聞かない」というより「人が言っていることがわからない」人だったと気づいたのは随分後になってからである。その頃は「高機能自閉症」とか「アスペルガー」なんて言葉は知らなかったけど後年この言葉を知ってからあの時の彼の意味不明な言動にすべて合点がいき、以降興味を持って調べている分野の一つなのである。そして、各種掲示板などを見て驚いたのは、世間でアスペ傾向の人は結構多いこと。アスペ傾向の人でも結構彼氏彼女がいたり、結婚してたりすること。アスペの生命力恐るべしである。

 で、この本を読み始めたのだが、しばらく読み進めて発見したのは、私自身に同様の傾向がかなりあること…もちろん、私は健常者の範囲であろう。でも私がずっと感じて来た「生きづらさ」「世の中とかみ合ってない感」をさらに拡張したようなエピソードが書かれていて、妙に納得した。障害者は障害者で大変だけど、いけてない健常者もなかなか大変なのよ。

 だが、ひねくれ者の私は途中であと書きを読んでしまい、この作品が高機能自閉症の妻が夫になりすまして(笑)書いた作品と知り、一挙に興ざめ…それでも、いちおう最後まで読んでみた。妻が書いたんだと思って読んでいくと、逆に妻の研究心、自己分析、適確な言葉の選び方などに感心した。逆に、当事者ではない夫氏はここまで観察・分析して書けないと思う。

 それにしても、高機能自閉症を抱えて生きていくのは本当に大変である。夫氏はどうして妻を選び、見捨てなかったのか。夫氏の立場からの本音が聞きたいが、夫氏はたぶん細かい自己分析をするタイプではないのだろうと推測。また、なぜ妻は夫と結婚しようと思ったのだろうか。対人不適応を自認するので結婚を選ばなかった私には「なんか、ずるくないか…」とも思えてしまうのだが。でも、この結婚のおかげで自分の障害に気づくことができ、障害をテーマに作家デビューもできたのだから、何か天の巡り合わせでもあるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

NHKスペシャル 認知症をくい止めろ!

 母が認知症になり介護の当事者なので、大変興味深く見た。有効な薬が発見されつつあること、問題行動の原因と対処法、そして予防策と、大変わかりやすく前向きになれる内容だった。

 認知症の発症が5年遅くなるだけで、当事者の人生の質は向上、社会の損失も減るのだ♪

 私も母の介護をしつつ、自分の体もケアして有意義な人生にするぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さよなら、三軒茶屋シネマ

 明日で閉館の三軒茶屋シネマ、今日お別れに行ってきた…その割に、映画の前に街をぶらぶらしたりご飯を食べてるうちに時間がなくなり、結局いつも通りぎりぎりで駆け込み。上映作はすでに見た作品だから、しゃかりきにならなくても良かったはずだが、いつもの哀しいさが(苦笑)

 ひょっとして満席かもという危惧は外れたけど、この映画館にしてはなかなかの入り。ここの映画館は変わっていて、後方の席がかなり急傾斜になっていて、後方最前列の席の前にはごついフェンスが取り付けられている。背の低い人は、たぶん後列最前列に座るとフェンスにさえぎられてスクリーンが見えないと思う。結局一度も座らなかったけど。今日試しに座ってくればよかった。

 あと、後方座席は階段で左右に分かれているのだが、階段の位置が中央ではないので分かれ方が左右非対称で、これもなんかヘンだった。いつもスクリーンに向かって右側に座るのだが、今日は初めて左側に座ってみた。斜め前に座高の高いお兄さんがいて席取り失敗したのだが、もう席は変われず。

 作品は「そして、父になる」初見のときはそんなにいいと思わなかったが、改めて見て作品がより深くわかった気がした。映画館の閉館にふさわしい作品だったと思う。

 上映が終わって、館内の様子を目に焼き付けようと色々と見て回る。何十回と来た映画館だけど、建物のほんの一部しか見ていなかったということがわかった。券売り場の階段を上がった左に廊下があったのだが、いつも右の受付に直行してしまうためその存在に気づいていなかった。あとトイレの先に事務所へ上がる階段があったりとか…とにかくこの建物はワンダーランドだ!この謎めいた空間、もっと堪能したかった。

 今までありがとうという気持ちと共に映画館を去る。これからは、映画の時間を気にしないで三茶で遊べるよね…と負け惜しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょっと上向きの週末

 今日は、昔の友人の公演を見るためまたまた新しい街へ♪いやー、23区内なのにこんなところあるんだーみたいな、昔のままの街だった。30年前に一挙にタイムスリップ♪駅と公演会場の近くしか歩けなかったから日を改めて探検したいと思う。

 友人の元気な姿を確認できたのも良かった。自分の表現手段をちゃんと持っていて羨ましい。

 今週は、なんだかいっぱい旅したなあ。旅と芸術関係は充実♪仕事と、家のお片付けが進んでないのだが…

 今週は日・月で実家ミッションなので明日は自分の日。どう使おうかな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日はちょっと停滞

 今、書き上げた記事が消えちゃった…(泣)なんか、祟られてるなあ…

 ダンボールの衣装ケースを買おうとずっと思っているのだがどうしても引っかかるものがありポチれない。他にも整理整頓のため買いたいものがあるのだがなぜか決断できず。

 一旦、リセットしよう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新しい街で映画

 今日は、今まで行ったことのない映画館へ行ってみた。郊外のショッピングセンターに併設されているシネコン。普段なら絶対行くことはないけど、見たい映画があってスケジュールが合うのがここだったのだ。この映画館に行けるのも、今の職場にいるうちだけだからと思い切って出かける。

 駅を降りると、郊外なので空気がゆったりして空が広い感じ。未婚なので、こういうニューファミリー(死語(笑))がたくさん住んでいそうな郊外の住宅街が苦手で、すごいアウェー感がある。でもこの居心地の悪さもたまになら新鮮で、旅気分になって面白い。

 ショッピングセンターもゆったりした作りで買い物しやすそうだったけど、お店を見てる時間はなくて直接映画館へ。初めての映画館だけど、行きつけのチェーンだからシステムは同じだからスムーズに発券・鑑賞することができた。

 帰りもいつもは乗らない電車に乗って、思ったより早く帰れたし目先が変わって面白かった。行きつけの名画座がなくなりつつある今、映画の楽しみ方が変わるきっかけになるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

また、名画座閉館…

 今日ネットを見ていて知ったのだが、三軒茶屋シネマが7/20に閉館!そして新橋文化劇場も8/31で閉館するとのこと。どちらも超お世話になった映画館だ。

 三軒茶屋シネマは、三軒茶屋中央劇場なき後私の心のよりどころだった。あの野球場のようなフェンスのついた座席(笑)、今となっては本当に貴重。新築の映画館では絶対ありえない作りが面白かったのに~。映画館に行くたびあまり売れてなさそうな売店のアイスもなかを買って売上に貢献していた。映画ついでに三軒茶屋の街をぶらつくのも楽しみだったのに…もう三茶に行く理由がなくなっちゃう(泣)

 新橋文化劇場も、勤めが都内だった頃はよくお世話になった。時間つぶしに来てるおっさんが多くて時間構わず出入りするわ、いびきかいて寝る人は居るわで客層は悪かったけどま、昔ながらの映画館の姿だということで(苦笑)スクリーンの両脇がトイレになっているのが香港の昔の映画館と同じ造りで香港気分になれるので気に入っていた。ガード下なので電車の音が響くのだが、作品に入り込んでいるのでさして気にならなかった。こちらも、映画を見に新橋へ来てついでに宝くじ買ったり(笑)レトロな駅前ビルを探検したりして、新橋に行くいい口実になっていた。

 どちらもラスト1本700円という良心的価格も魅力的。増税で映画代も上がってしまった今、これからもっとお世話になろうと思っていたのに…

 新橋はまだ行けるとして、三軒茶屋の方は最終プログラムになってしまった。お別れのあいさつに行けるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

虚脱感

 あー、W杯終わった~今朝4時に起きて試合を見たけど、最初の20分くらい目の焦点が合わないままだった(爆)

 勝ったチームの栄光より勝てなかったチームの哀愁に目が行ってしまう。私が応援した方って大体勝てないんだよねー。

 勝つって本当に大変。才能や努力だけでなく運やずるさも必要。スポーツが苦手なのにオリンピックやW杯を熱心に見てしまうのはなぜなんだろう。自分の人生と照らし合わせ自分はやっぱり負け組だということを再認識するためにスポーツイベントを見ているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

祭りの終わり

 明日早朝でW杯が終わる…1か月にわたる朝活生活も終わりか…日本が負けたのが遠い昔のよう(苦笑)

 今朝も早起きしてまたまた衝撃の3決を見てから実家行き。先週できなかった母の爪切りがやっとできてよかった。耳掃除も職員の方にやってもらえてほっとした。

 今週で近所のおなじみの店が2軒同時に長期休業に入ることになり、共時性を感じている。

 とにかく、明日の朝全てが終わってるんだ。どういう結末になるんだろう。

 スポーツニュースを見つつそろそろ寝ます♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

台風一過大暑

 今日は暑かった…暑すぎて思考回路がいつにも増して崩壊。出かけるのに支度の段取りができない。カビ臭がこわくて使えなかったエアコンを初めて使用。いちおう壊れてなくてほっとした。

 洗濯ものがすぐ乾いたのだけはよかった。まだ洗ってない冬物がたくさんあるのでこれから頑張ろう(爆)

 もうすぐ梅雨明けかな。そしてまた、苦手な夏が始まる…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今週も、やっぱり間が悪い

 今週も無事終わったけど、なんだかやっぱり、ビミョーに間が悪いんだよね…3日連続、ほんの5分寄り道してる間に雨に降り出される事態に遭遇。しかも今日は電車の待ち時間に買い物、と思ったらレジで前に並んでた人が時間がかかって電車に乗り遅れたし、夕焼け空なのにゲリラ豪雨だし、レイトショー見に行ったら割引料金じゃなかったり…とか、めげるんですけど~(;_;)

 でも、映画はやっぱり良かったし、映画の余韻にひたりながら帰るのもまた楽し♪今度はファミレスでお茶して帰ろ♪

 本当は、効率的な人生は好きじゃないのよ。基本この考えだからいけないのか(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今、暴風来てる

 台風が直撃した場合、無理して会社に来なくていいとお達しがあった。少し期待してるのだが…結局お弁当作っちゃった。

 気圧のせいか体が重い。明日はW杯の試合のない朝、家でのんびりできたらなあ。本も読みたいし。

 今のところ、そんなに荒れてないけど…どうなるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

衝撃の朝

 W杯も残り少ないからと今朝も頑張って早起きしたけど、衝撃の試合内容!まさに歴史的瞬間を目撃…仕事へ行って帰宅して、新聞受けを見たら朝刊がそのまま入っていた。新聞を取りに行くのも忘れて見入ってたのか(苦笑)

 そんなわけで、明日の試合も見逃すまじと、家事をちゃっちゃと片付けた。昨晩は暑くて眠れなかったので今日はなるべく部屋を冷やしてと。

 まだ調理してないきゅうりと大根としその葉が気になるけど、ひとまず眠りにつこう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

しれっと術後1年半検診

 今日は3か月に一度の病院通いの日だったが、手術後1年半検診でもあった。検診の回は前の週に検査だけ受けて翌週に結果を聞きに行く形なのだが、今回はエコーと診察を同日でできるよう日程を組んでくれた。あれ、血液検査がないんだ、と思ったけど聞けなかった。この病院は検査でも何でも最小限しかやらないので、こんなものなのかも。

 エコーを担当してくれたのは研修生。「研修中なので、すみませんが時間がかかります…」時間がかかったうえ、最後に指導役の人が出て来てまた検査。診察の予約時間になっちゃったんだけどー。ま、どうせ時間通りに呼ばれないし、大学病院だから練習台にされるのは致し方ない。

 その後の診察もやっぱり遅れて、2時台1番手のはずなのに呼ばれたのが3時半くらいだった(苦笑)

 先生もテキトーで、画像を見ながら「エコーもマンモも問題ないですねー」おい、今日はエコーしかやってないよ、マンモは前回の画像よ、と指摘する気にもなれず。先生もお疲れなのね。

 かくして術後1年半検診、再発はなしとしれっと診断されたけどこれでいいんだろうか…

 ちょっと不安はあるけどあまり心配しても仕方ないので次の検診まで一日一日、ぼちぼち行こう。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

グランド・ブダペスト・ホテル

 この作品も、W杯期間中なのにもぉーっと思いながら追い立てられるように見に行った作品。この監督の作品は「ダージリン急行」しか見てないけど、とても気に入ったし評判も良いので上映してるうちに行かなきゃって。

 結果、やっぱり良かった♪ヨーロッパの仮想の国を舞台にしたおとぎ話。東欧風レトロなセットや美術が、私のツボにヒット。そう、この頃のヨーロッパに行ってみたかったんだよねー。夢の世界みたいで可愛い♪

 でも、実際はこの時代は戦争との関わりを避けて通れないわけで…コミカルに描かれているけどナチスを思わせるシーンはやっぱり辛い。

 ケチをつけるなら、セリフが英語なのと登場人物(特に主人公)があまりヨーロッパ人ぽくない感じがすること。舞台がヨーロッパなら、東欧のどこかの言葉でやってくれればもっとファンタジー度が増したのになと思う。

 鑑賞中は気づかなかったけど、後で解説のページを見たら著名な俳優がちょい役でたくさん出てた。エイドリアン・ブロディはさすがにわかったけど、ジュード・ロウやビル・マーレイとかハーベイ・カイテルとか全然気づかなかった。何見てたんだ私。

 W杯疲れでちょっと雑な鑑賞になっていたと思う。時間をおいてリベンジしたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

吉方位取り再び

 旅行月の最後、実家行きの日程をやりくりして今日は自分のための日!しかし、手に汗握るW杯の試合を見ていたらとても出発できず、今回は犬吠埼はやめにした。

 プランBは千葉市。神社でお参りしてお水もその場で少し飲んできて、回転すしを食べて、街をウロウロ。レコード屋や電気屋をのぞいて、おみやげ買って、グレープフルーツのケーキでお茶して。あ、それから宝くじも買った(笑)

 昨年は、お参りの後ディズニーシーへ行ったんだよねー。この方角への方位取りで、どんな効果があったのか実感しづらいけど昨年より生活は安定してきている。これからはもっと発展させて、今までの埋め合わせをしたいところ。

 このブログでもっと何かできるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

罪の手ざわり

 ジャ・ジャンクー監督の新作が近々公開、というのは聞いていたが、どの作品だかチェックしていないうちに他の人が薦めてくれて、公開中なのを知った。しかし、W杯真っ最中という絶妙のタイミング…教えてくれた人をちょっと恨む(笑)スケジュールを調べたら6月いっぱいで上映終わりそうだし、仕方なくコロンビア戦前夜に見に行くことに(爆)

 作風はかねてから知っているし、あらすじも少し聞いていたので違和感なく作品に入っていけた。個人的には「長江哀歌」よりはわかりやすく飽きずに見ることができた。

 ジャ・ジャンクー作品は、出演者が大体同じ(笑)で、彼らがどういう形で出てくるのかが楽しみの一つ。特に女優の趙涛!「世界」のタオ姉さん役が印象的で、そこから気になる存在に。新作を見るたび、彼女が変遷していくさまが感慨深い。それからどの作品にも「サンミン」という役名で出てくるとても役者に見えない男性。俳優業だけで食べていけてるのだろうか。そして今回は、東莞に出稼ぎに来た男の子役の子がヒット!本当に普通で、こんなにタレントっぽくない子をよく探してきたなあ。

 ストーリーは、中国を知らない人にとっては衝撃的な話らしいが、中国のことを日頃から見聞きしている私にはさして珍しくもなく…暴力や怪我の描写もなんだかマンガのようで、コミカルにすら感じてしまった。オフィス北野と提携してるし、ちょっと北野映画っぽいかな。

 一般の人は「現代中国の闇を暴く問題作」と思っているようだが、描き方は情緒的で、やはり芸術作品だよね。現実はもっと過酷なのよ。

 それでも、中国のスケールの大きさに圧倒される作品。W杯前の不安を紛らすにはちょうど良かったかも。まだ上映されてるようなのでまた見に行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ポリス・ストーリー/レジェンド

 旧作の先行鑑賞で気分を盛り上げて臨んだジャッキーの最新作。しかし、しかし…まず、オープニングがおなじみの「ティン・トン・ティン・トン…」じゃない。画面に簡体字が飛び交い、セリフは北京語。そしてもちろん、舞台も北京。シリーズ1作目では香港の新人刑事だったはずのジャッキーが、いつの間にか中国本土で伝説の刑事になっていた(苦笑)とにかく、中華圏の映画事情が如実に現れている。娯楽映画が大陸でも作られるようになったこと、また逆に香港で作られにくくなっていること。中華映画は、大陸へ中心を移しつつあるのだ。(もう移っているか)

 ジャッキーもすっかり老けてしまい、また悩みも多いという役柄。やっぱりジャッキーはいつも明るく元気でおバカでいてほしいから、この現実は辛い。

 映画の方は、本人のアクションはそれほどないけど(昔の作品で見られるから無理してやらなくていい)、結構重厚な心理劇になっているし、普通のアクション映画としてなかなか良い出来。リウ・イエもジョニー・デップのような貫禄が出て来た。

 それから余談だけど、ジャッキーの作品は必ず吹き替え版も作られるんだよね。私は「酔拳」とかの頃のしか知らないけど、ずっと同じ声優さんが担当していて、今どんな感じになっているんだろう。機会があれば吹き替えも見てみたいかも。

 いろんな事情でなかなか引退できなさそうだけど、ジャッキーは香港映画の象徴。いつまでも頑張ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ポリス・ストーリー/香港国際警察

 ジャッキーの旧作だけど、なぜか映画館で上映されているのを発見。最新作が警察ものということで、先行上映してくれたのだ。有名な作品だけどちゃんと見たことがなかったので興味津々で見に行く。

 まずは…ジャッキー若い!やっぱジャッキーはこうでなくちゃね。80年代香港の風景も懐かしいし…最初の方で出てくる難民村、どの辺なのか気になったけどよく考えたらロケじゃなくてセットだよね…。いずれにしても、今の香港にはもうない風景。

 ジャッキーのアクションは、色んな映画で見慣れてるからこんなもんと思ったけど、70年代のカンフー映画から、ここらあたりから方向転換していって、今日につながっているのだ。

 そして、脇役の方々も今見かける方からその後見たことない方まで、味わい深い。駆け出しのマギー・チャンが出てる!その後の活躍を思うと感慨深い。女優陣の衣装と化粧に時代を感じた(笑)

 クライマックスの電飾を伝って落ちるシーン、ロケ地はパシフィック・プレイスだと思っていたらなんと永安デパートだった!旅行のとき永安にも行ったけど、あんな吹き抜けあったっけ…でもとにかく、このシーンで一躍有名になったんだよね。初めてちゃんと見ることができて感動。

 今見ても、うまくまとまっていて安心して見られる佳作。シリーズ作も少しずつ見ていこうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明日こそは(苦笑)

 W杯、好ゲームが続いてるけど夜中・朝のためちゃんと見られないのと、日本がからんでないのと、W杯のおかげで他のことがしづらいのがストレス気味…

 今日は頑張って映画に行って来た。やっぱり映画はいいな♪でも映画に行っちゃうと家事や睡眠の時間が…(苦笑)

 明日は、久々にW杯の試合のない平日朝。いつもよりゆっくり(と言っても30分)眠れる。30分で疲労回復できるだろうか?

 明日こそは、ちゃんとしたブログを書く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

疲れたまま7月突入

 6月、W杯やら何やらであっという間だった~そして、まだ疲れがとれない。ヨガで体も伸ばしたしマッサージも受けたし、何より実家で充実感をもらって来てるはずなのに。今日は映画の日だけど明日もサービスデーだから今日は家の用事の日にした。図書館へ本を返しに行って米屋で米も買って。でも結局パソコンの前でぼんやりしている時間が長くてこんな時間に。

 サッカーはますます見応えのある試合になって来てるんだけど、日本が蚊帳の外なのが哀しいな。

 これから洗濯物干して髪の毛乾かしてだからすぐには寝られないけど今日で疲労感とおさらばしたい。

 そしてブログも書く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »