« ポリス・ストーリー/香港国際警察 | トップページ | 罪の手ざわり »

ポリス・ストーリー/レジェンド

 旧作の先行鑑賞で気分を盛り上げて臨んだジャッキーの最新作。しかし、しかし…まず、オープニングがおなじみの「ティン・トン・ティン・トン…」じゃない。画面に簡体字が飛び交い、セリフは北京語。そしてもちろん、舞台も北京。シリーズ1作目では香港の新人刑事だったはずのジャッキーが、いつの間にか中国本土で伝説の刑事になっていた(苦笑)とにかく、中華圏の映画事情が如実に現れている。娯楽映画が大陸でも作られるようになったこと、また逆に香港で作られにくくなっていること。中華映画は、大陸へ中心を移しつつあるのだ。(もう移っているか)

 ジャッキーもすっかり老けてしまい、また悩みも多いという役柄。やっぱりジャッキーはいつも明るく元気でおバカでいてほしいから、この現実は辛い。

 映画の方は、本人のアクションはそれほどないけど(昔の作品で見られるから無理してやらなくていい)、結構重厚な心理劇になっているし、普通のアクション映画としてなかなか良い出来。リウ・イエもジョニー・デップのような貫禄が出て来た。

 それから余談だけど、ジャッキーの作品は必ず吹き替え版も作られるんだよね。私は「酔拳」とかの頃のしか知らないけど、ずっと同じ声優さんが担当していて、今どんな感じになっているんだろう。機会があれば吹き替えも見てみたいかも。

 いろんな事情でなかなか引退できなさそうだけど、ジャッキーは香港映画の象徴。いつまでも頑張ってほしい。

|
|

« ポリス・ストーリー/香港国際警察 | トップページ | 罪の手ざわり »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/59927827

この記事へのトラックバック一覧です: ポリス・ストーリー/レジェンド:

« ポリス・ストーリー/香港国際警察 | トップページ | 罪の手ざわり »