2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« 失敗の旅 | トップページ | 決定… »

高圧線と私

 物件探しにあたり、高圧線の下やそばの物件は避けようと思っているのだが、今回はなぜか行く先々に高圧線が立ちはだかっている。うちの近所と通勤途中に住んでみたいマンションがあるのだが、よく見てみると両方とも高圧線の下に建っていた(爆)

 あらためて街を見渡すと、高圧線って本当に多い!中には鉄塔のヘリに建っている家とか、鉄塔を囲むように建ってるマンションもあったりして、気にしない人も結構多いのかとびっくり。

 なんで高圧線の下の物件に惹かれるのかと考えてみたところ、高圧線のせいで周囲に高い建物がないので、一見広々として開放感があるように見えるからだと気づいた。

 そして今申し込んでいる物件も、畑の中にあって開放感があるけど玄関開けると斜め前方に鉄塔が見える風景…パーフェクトな物件ってなかなかないね。

|
|

« 失敗の旅 | トップページ | 決定… »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/60337670

この記事へのトラックバック一覧です: 高圧線と私:

« 失敗の旅 | トップページ | 決定… »