2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« なくしもの | トップページ | 冬の防寒下着 »

ダイエットと眠気対策

 抗女性ホルモン療法(注射+飲み薬)を始めてから、副作用としてホットフラッシュは常に自覚しているけど、次なる副作用が…

 それは肥満。同じ注射を打っていた人が「太るよ~私は体重が5㎏増えた」と言っていた。幸いにも目立った食欲増進はなく、乳製品断ちで高カロリーのお菓子も食べなくなったので体重も抑えられていた。でも痩せにくくなった感じはしていて、体重も微増していた。

 しかし最近、鏡で顔を見たら二重あごになってきてるし、腹回りの脂肪もすごい。ズボンもちょときついし…。引越しでしばらく体重計に乗っていなかったが、久々に乗ってみてびっくり!私にとって危険レベル(笑)の体重になっていた。体感って正直だ。ダイエットを固く心に誓った。

 それから今日、TVを見ていたら前立腺がんの治療のため抗男性ホルモン療法をやった人が紹介されていた。副作用として食欲が止まらなくなる、怒りっぽくなるなどの他に「眠気」が紹介されていてえっと思った。

 実は私、会社で毎日睡魔との戦い。先日とうとう、派遣会社から遠回しに注意を受け、以後気をつけるようにしているけどやはり午後2時頃はきつい。主な原因は寝不足と仕事が単調でヒマ気味なせいと思っていたけど、やっぱり副作用のせいもあったのかも。

 以前は疲れた時は10時間くらい連続で寝ていたけど、最近は6時間くらいしか眠れない。たまに寝不足解消と思って早寝すると、午前3時くらいに目が覚めてしまったりする。

 でもとにかく、ダイエットと眠気対策なんとかしなきゃ。

|
|

« なくしもの | トップページ | 冬の防寒下着 »

乳がん記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/60707921

この記事へのトラックバック一覧です: ダイエットと眠気対策:

« なくしもの | トップページ | 冬の防寒下着 »