最近のトラックバック

« 香港は路の上 | トップページ | ストリートビューは便利 »

プロジェクトA

 ジャッキー・チェン80年代の名作、実は初見(爆)その後の「プロジェクトBB」(内容は全く関係ないです)は見てたのに。ジャッキーの作品は香港映画のお勉強ということで見に行く。

 まず、オープニングの「ティン・トン・ティン・トン…」を聞いて「そうよ香港映画はこれでなくちゃ」とスイッチが入る。そしてまず「あ、時代劇だったんだ」とびっくり。イギリス統治時代の香港が舞台。てっきり現代の警察アクションかと…「ポリス・ストーリー」とごっちゃになってる(苦笑)そして出てくる人が若い・懐かしい!ジャッキーの若い時はやはり息子さんに似てる。(ASKAにも似てるけど(笑))ユン・ピョウとか今はどうしているんだろう。誰かに似てるよな…(柴田恭兵以外で)サモ・ハンも若くしまった感じ。デブキャラだけど実はジャッキーとそんなに身長は変わらない。そしてみんな、アクションが機敏!ワイヤーワークとかあまり使わないで体だけのアクションですごい見応えがある。脇役も、見覚えのある顔がちらほら。

 舞台になった水上警察って、チムサーチョイにあるあの建物かなあ。あの建物好きだったんだけど、醜悪なショッピングセンターに変わってしまいちょっとがっかり。90年代に旅行で行っていた頃は、あの辺はいつも工事中で、ナゾの建物だったんだよね~なんてことを思い出す。

 それから、実際水上警察近くにある時計台(映画のはセット)での落下アクション!このシーンはどこかで見たことがあった。日よけ布2枚を突き破りながら地面に激突。しかも3テイクくらい撮っているらしい。不死身すぎ。

 広東語を話す英国人の総督とか、コテコテな感じが昔の映画らしくてよい。それから海辺のロケ地で使われている場所が本当に中国南部の未開の場所といった風情で、時代を感じさせる。細工しなくても昔の風景が普通に撮れた時代(笑)

 昨日香港エッセイを読んだこともあって相乗効果。あの頃の雰囲気にすっかり浸ってしまった。

 ジャッキー映画は不滅です。

|
|

« 香港は路の上 | トップページ | ストリートビューは便利 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/60835907

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクトA:

« 香港は路の上 | トップページ | ストリートビューは便利 »