« しれっと術後2年検診 | トップページ | 真夜中の五分前 »

クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落

 映画館で予告編を見て気になっていた作品。予告編から大体内容は想像できるが、たまには成金の生活を見てみるのもいいかと。

 元々、アメリカ一大きい戸建て(作品中ではベルサイユと呼ばれている)建設のドキュメンタリーとして撮り始めたのに、途中でリーマンショックが起きて会社の資金繰りが悪化、転落の記録となってしまったのである。しかし、お金がなくなったからと言ってすぐさま生活パターンを変えられるわけもなく…という話なのだが、お金がないと言っても今までの豪邸に住み続けてるし、別に「赤貧洗うが如く」というわけでもない。相対的には転落なんだろうけど、絶対的には別に貧乏じゃない。

 登場人物で強烈なのは、何と言っても奥さんのジャッキー。元ミス・フロリダで、いかにもコテコテな「成金と結婚しそうな人」なのだが、やっぱりタダのバカではお金持ちとの結婚は続かないのだ。それなりに哲学を持っていて、ご主人や子供たちを支えている。不幸な境遇だった兄の子を引き取ったり、昔の友人にお金を用立てたり、要は「たくさん持って、たくさん与えたい」人なのだなと理解した。予告編にも出てきたスーパー爆買いのシーンはさすがにヤバイと思ったけど(苦笑)

 見る前はもっと「成金の転落を嗤う映画」だと思っていたが、思ったよりまともな内容で、結局悪いのは銀行でしょと思った(笑)私がめざすシンプル・ライフとは対極の生き方の方々だが、たくさん持つ能力があるならたくさん持てばいいと素直に思えた。世の中全員が清貧シンプルじゃなくてもいいよね。

 で、映画のその後だが、会社の経営状況も良くなって、ベルサイユの建設も再開され、完成に近づいているとのこと。よかったね~これからも成金街道をばく進してほしい。

|
|

« しれっと術後2年検診 | トップページ | 真夜中の五分前 »

シンプルライフ」カテゴリの記事

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/60975161

この記事へのトラックバック一覧です: クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落:

« しれっと術後2年検診 | トップページ | 真夜中の五分前 »